ORT Music


2017年の企画


  『 くりくら音楽会 』 vol.10  

~二台ピアノ大作戦~
Sounds of 2Pianos ♯2





8月8日(火)
8月9日(水)






東京・両国
 両国門天ホール  



 




『 くりくら音楽会 』vol.10
~ 二台ピアノ大作戦 Sounds of 2Pianos ♯2~




▼出演: 8月8日(火)
        栗林すみれ&栗田妙子
        阿部篤志&黒田京子

       8月9日(水)
        佐藤浩一&石田幹雄
        伊藤志宏&南方美智子

        (注:上記、全員ピアニスト、そして出演順です)

▼日時:2016年 8月8日(火)
           8月9日(水)

      両日とも、開場19時、開演19時半

       *8/9終演後、打ち上げパーティーを予定
         (会費 千円)

▼場所:両国門天ホール
       東京都墨田区両国1-3-9 ムラサワビル1-1F
       tel. 03-6666-9491

      (交通)
      JR総武線「両国駅」西口から徒歩5分
      都営大江戸線「両国駅」A4、5出口から徒歩10分
      都営浅草線「東日本橋駅」から徒歩10分

▼料金:一般 前売3000円、当日3500円 
     学生及び門天会員 前売2500円、当日3000円
      *全席自由
      *ドリンク販売あり

▼予約・問い合わせ:
   ・ORTMusic(黒田)  kkyoko@ortopera.com

   ・両国門天ホール(黒崎) ticket@monten.jp
      Tel&Fax 03-6666-9491(火曜日休館)
      http://www.monten.jp/20160810

   ・フリーダイヤル予約 カンフェティ
      0120-240-540(受付:平日10時から18時)
      http://confetti-web.com
      *チケットの支払・受取は、
        セブン・イレブンになります

   ★私宛にメール予約をされる方は、

     お名前
     ご連絡先(住所、電話番号)
     メールアドレス
     希望枚数

     を明記の上、上記メールアドレスまでご連絡ください。

▼主催:
   主催 くりくら音楽会
   共催 ORTMusic
       一般社団法人もんてん(両国門天ホール)
   協力 株式会社山石屋洋琴工房


★   ★   ★   ★   ★   ★   ★


くりくら=クリンゲン・クラヴィーア!響け・ピアノ!
ジャズや即興演奏の分野で活躍している八人のピアニストによる
二台ピアノのコンサートが、あなたの音楽世界を広げます!


★フライヤー 表

★フライヤー 裏


・・・・・・・・・・


『くりくら音楽会』は、2006年秋、門前仲町にあった門天ホールで生まれたコンサート・シリーズで、今回で10回目を迎えます。その後、門天ホールは両国に引っ越し、現在5年目に突入していますが、昨夏に引き続き、今年も8月に二台ピアノ月間を行うとのことで、「二台ピアノ大作戦」も2回目の開催となります。

昨年は門仲時代に出演をお願いしたことがあるピアニストを中心にコンサートを行いましたが、今回は新たなピアニストに出会うため、私はweb上にあがっている音源を聴き、実際にライヴに足を運んで、彼らが創り出す音や音楽を聴いてまわりました。私にとって、その体験はとても楽しく刺激的で、いろいろなことに気づかせてくれる時間になりました。今回もまた私自身も演奏させていただきますが、私以外は30代初めから40代初めの生き生きとしたすばらしいピアニストたちです。

「くりくら」というのは、ドイツ語のKlingen(クリンゲン/響く)とKlavier(クラヴィーア/ピアノ)をくっつけた造語ですが、今年もまた二台のピアノの響きが門天ホールを満たす夏がやってきます。ぜひおでかけくださいませ!


(記 ORT Music 黒田京子)


★   ★   ★   ★   ★   ★   ★


■出演者プロフィール

<8月8日(火)>


▼栗林すみれ (Sumire Kuribayashi)
箏奏者の栗林秀明を父に持つ。埼玉県立芸術総合高等学校音楽科、尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科卒業。2014年ディスクユニオンサムシンクールレーベルからデビュー。1stアルバム「TOYS」は2014年ディスクグランプリニュースター賞を受賞。翌年2ndアルバム「Travelin’」をリリースし好評を博す。
2017年金澤英明との双頭リーダーアルバム「二重奏」をローヴィングスピリッツレーベルより発表。先人への敬意と幅広い音楽性の融合から紡ぎだされるオリジナル曲とインプロヴィゼーションは新たな世界を切り開きながらも心地よく、多くの聴衆の心を掴む。
http://sumirekuribayashi.tumblr.com/


▼栗田妙子 (Taeko Kurita)
小学校の合奏部をきっかけに合奏が好きになり、現在に至る。「栗田妙子・外山明DUO」「パンポーピー(永塚博之、斉藤良)」「オンセントリオ(岩見継吾、池澤龍作)」「騒乱武士(のなか悟空他多数)」「でこぼこカルテット(植村花菜、工藤精、清水勇博)」等で活動中の他、合唱やバレエの伴奏も日常的に続けており、毎年いくつかのコンサートに出演。バレエやミュージカル等舞台音楽の作曲やゲーム音楽の制作にも携わる。近年の参加CD:オンセントリオの4枚のアルバム、ミドリトモヒデ『コレクリトリオ』、植村花菜『TheCovers '60?'70』『愛のかたち』
https://kuritataeko.jimdo.com/


▼阿部篤志 (Atsushi Abe)
1975年岡山県倉敷市出身。都内を中心にピアニストとしてライブ活動、さらに様々なアーティストへの楽曲提供、舞台音楽への参加、テレビラジオ等の出演など、多彩な活動を展開。近年は東儀秀樹&古澤巌&cobaの全国ツアーの音楽監督。東京芸術劇場主宰『チェーホフ?!』『障子の国のティンカーベル』、岸恵子朗読劇『蝉しぐれ』、松坂慶子朗読劇『わたしのエディット』の音楽監督など。2016年9月リリースのソロピアノアルバム「HAND」が好評。海外公演も多く、世界で愛されるピアニストであり続ける。
http://blog.goo.ne.jp/be-chanpiano


▼黒田京子 (Kyoko Kuroda)  ←260文字
'80年代後半、自ら主宰した「オルト」では、ブレヒト・ソングを素材に、池田篤(as)、村田陽一(tb)、大友良英(g,etc)等と活動、脱ジャンル的な場作りを行う。’90年以降、坂田明(as)等のバンドメンバーや、演劇や朗読の音楽を長期に渡って務めるなど、活動の幅はたいへん広い。'04年から6年余り、太田惠資(vn)、翠川敬基(vc)とピアノトリオで活動。'10年から喜多直毅(vn)と言葉と音楽の実験劇場「軋む音」を展開。'06年「ORT Music」を立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。'13年、ピアノソロCD『沈黙の声』、'14年、喜多直毅とのデュオCD『愛の讃歌』を発表。
http://www.ortopera.com/



<8月9日(水)>


▼佐藤浩一 (Koichi Sato)
米バークリー音大卒。2011年にデビューアルバム「ユートピア」(PONY CANYON)をリリース。2016年には室内楽的要素も内包した変則セクステット作品「Melancholy of a Journey」(SONG X 038)をリリース。上記セクステットを中心に、「Bungalow」「rabbitoo」「本田珠也トリオ」などで活躍中。即興を中心とした演奏活動と並行して、作曲・編曲活動やオーケストレーションの研究を独自に進め、ジャズと叙情的旋律との親和性を追い求めるべく、現在進行形を切り拓いている。
http://koichisato.com/


▼石田幹雄 (Mikio Ishida)
1981年生まれ。滋賀県にて育つ。ピアノを3歳のころからやり始め、田所政人氏などに師事。北海道大学進学と共にJazz研究会に入部。大学在学中はゴスペルの伴奏にも関わる。2006年、瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)とのトリオで、横浜Jazzプロムナードコンペティションにて、グランプリ、市民賞の2つを受賞。現在は、安東昇、藤井信雄とのトリオや、吉田隆一デュオ、大田朱美4、後藤篤4、柳原達夫4、松風鉱一4、林栄一3、小山彰太デュオに参加中。
http://www.geocities.jp/s000152e/


▼伊藤志宏 (Shikou Itou)
1977年生まれ、東京出身。5歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト3番を共演。慶応義塾経済学部入学後、セロニアス・モンクのソロピアノのCDを聞き、独学でジャズを始める。23歳頃からプロ活動を開始。特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。現在、ソロピアノ、ピアノトリオ、3 cello varistion、audaceなど多様な編成で独自の活動を模索中。また沢山の歌手から伴奏者、編曲者として信頼を寄せられ、映画音楽の作曲なども手がけている。
http://www.shikoupf.com/


▼南方美智子 (Michiko Minakata)
ピアニスト、作編曲家、音楽の自由研究家。独自の音楽パフォーマンスを追求するソロ・ピアノでは「54321~chorale」「Meguri Meguru」等リリース。参加バンドは「小松亮太とタンギスツ」、高瀬'makoring'麻里子とのデュオ「to the south」、ナスノミツルの「teneleven」等。コミカル&シュールな音楽ユニット「ねこマジ」では、落語家の柳家喬太郎、立川志の輔と共演や、永六輔のラジオ番組に出演。ほかに、CM音楽の制作や、出産に関するDVD「Born to be loved2」、NHK(Eテレ)「おかあさんといっしょ」1月の歌「ふゆのあいだ」等。
http://minakata-michiko.tumblr.com/





(黒田京子の)トップページに戻る