ドライブレコーダー装着のおすすめ


交通事故では過失割合が発生する事案がかなり多いのですが、双方からの証言に食い違いが出ることがよくあります。
その時に事故状況を動画で常時録画されているドライブレコーダーは強い味方になりますので、
事実を確認し自分の正当性を立証するためのツールにしていただくべく装着を強くおすすめします。
特に自分の正当性を主張をするも、相手が真逆の主張をしており、現場検証に来られた警察官も
どちらの言葉が信用できるのかわからなくなることが実際にあります。
(特に信号の変わり際において事故発生のケース)
*ドラレコの動画データは有力な証拠になりますが、100%を補償するものではありません。


最近では「あおり運転被害」にあったりした時の証拠にもなります。
機械の性能も日進月歩で、以前は前方のみ撮影が主流でしたが、前後カメラ付きや360度カメラ付きという機種も出ております。
初期の頃のものは同じSDカードを使用するも、上書き機能がなかったため容量が一杯になるとそこで録画がストップしてしまい
それ以上の記録がされず、肝心な時にデータがなかったということがありますのでご注意ください。
(このタイプを使用されている方は定期的に記録をリセットする必要があります)

近年は一部の保険会社の自動車保険の特約でドライブレコーダーがレンタルもできるものがあります。
個人で購入・設置するものについては一般的にSDカードに記録されますのでそのデータ提供をいただきますが、
保険会社レンタルのものですと通信機能がついているものがあり、動画がその場から保険会社へデータ電送されたり
GPS機能で場所の特定や自動通知機能によりオペレーターから問いかけしたものの反応がない場合に救急手配を行う機能
まで出てきております。



付けててよかった、無くて困った実際の話