題  名 概   要 掲載論文集名
「メシアの秘密」再考
−日本の宣教の現場から−
イエスはこの世にある間、「自分がメシアであると名乗ったことがなかった」。このことを巡り、20世紀初頭より、イエスのメシア意識が問題とされてきました。そして、イエスはメシアではなかったのだが、後の弟子たちによってメシアに祭り上げられたという見解が今日も有力となっています。これに対して、本当のメシアは、自分がメシアであるとは決して言わない。「自分をメシアだ」というのは偽メシアであるということを論じました。正しい人は、自分で正しいと言わなければ、正しい人ではないのでしょうか。 『聖書と神学』第18号,81-103頁,日本聖書神学校キリスト教研究会 20065月発行
「罪のゆるし」の寓喩としての「タラントン」の譬え(マタイ251430節) タラントンの譬えは、よく引き合いにだされながらもその真意は、よく分からないと言われています。「タラントン」=「能力、才能」ではなく、「タラントン」を「赦し」として理解すると譬えの不明瞭な部分が明確になります。論文の最後の2頁ぐらいが、私の解釈です。
Sermon
The Parable of Talenton Spoken for a Parable of Forgiveness of Sins The Gospel according to Mathew Chapter 25: Verses 14-30

『聖書と神学』第22号,23-45頁,日本聖書神学校キリスト教研究所 20106月発行