ホッケのお話し

ホッケは5月中・後半から6月半ばまで、巻き網という方式で
とります。大きな網を、ホッケのつくる渦を巻き込むように
囲み、最後に底を絞ってあげてきます。海を読む目と、腕力
のいる仕事で、7人組、それぞれ役割を持って船に乗り込みます。
満船 満船で入港!
この沈み具合が、満船を物語って
います。一番船の先にいるのが、
真っ黒になった親方。
親方 船の中に、きらきらと体を光らせた
おいしそうなホッケがたくさん入って
いるのが分かりますか?
びっくりするほど こんなにたくさん!
これで約20トン弱あるのです。

下は荷揚げの様子!
荷揚げ1 荷揚げ2 荷揚げ3
荷揚げ4 荷揚げ5 お風呂のようなものは
タンクと呼ばれている
もので、一つ約1トン
入り。
漁組に引き渡します。
糠ぼっけ 家の軒下にある、糠ぼっけ!
これが又とっても美味いのです。
かわまさで出させて頂いているのは開きですが
こちらも食べさせてあげたいなぁ〜

と、いったおっ母のレポートでした!
(2002.5)