このアワビも、カニと同じく、

黒帯千利クラスの肉厚の天然昆布を常食しています。しかも食欲旺盛です。

いわば日本一グルメなアワビというやつです。

 

今年のお宝アワビ2012年

今年はアワビが安く出せます。高級なのであきらめていた方にはちょっといいニュースです。(少しでいいから!というお客様、ご相談下さい!)

今年のは7センチくらいの大きさで、去年の2倍の量入れられます。10枚から13枚あれば、ご家族が多くてもとりあえず安心です。

利尻ではアワビを海の”お宝”のように思っています。水温の低い利尻では、アワビは小型ですし、もともとそうゴロゴロ育つものではありません。アワビの殻には虹色の年輪のようなものがあります。ここでアワビの年齢がだいたいわかります。

7.5センチのアワビで、大体10歳です。アワビは成長が遅いです。何年もかけて少しずつ大きくなります。

利尻では、アワビを保護しながら穫るため、取り決めが徹底しています。

島の中で、利尻富士町はこれまでアワビ漁が許されていましたが、こちらの利尻町では禁止されていました。地図で見ればほんの少しの距離です。でも調査の上で厳しく範囲が決められています。もしも密漁したら、罰金をとられます。アワビの場合は、一個につき10万円の罰金です。

アワビ漁は、協定があり、漁ができる日は決められています。今年はわずかに2日だけでした。時間も決められています。開始から終了まで、合図の音に従って一斉にやります。

短い時間に全力で穫らなければなりません。漁師はみながんばります。とにかく数をあげたいと必死です。5センチに満たないアワビは、成長途中として、海に帰すのが決まりです。大きいやつ(少ないです)が奪い合いになります。かなり激しい戦いです。北の海を仕事場にする、気の荒い漁師たちです。都会の人には想像できないと思います。

利尻の人は、1年間のご褒美として食べます。お宝のアワビを口にし、一家の安全を感謝し「来年も働くぞ」と勇気がわいてきます。年末年始の家族のために奮発して何個か買う人もいます。年に一度の贅沢です。

利尻の美味の極致、アワビに対する私の思い入れをわかってもらいたいので配送料はいただきません。

 

美味の極致 お宝アワビ 1キロ 1万5千円配送料無料 ⇒ 感謝の気持ちをこめて1万円 送料無料 でお届けします。

7.5センチ以上限定、10-13個くらい  バラ売りより割安になっています。 ヤマトのクール宅急便でお届けします。

今の時期、4日くらいは生きます。生きたまま到着できます。

※ちょっとでいいから食べてみたい!という方、相談に乗らせていただきます!お申し付け下さいませ。

※アワビのおいしい食べ方!新情報コーナーにも載っています

 

利尻昆布はどこから?■■昆布うまさ番付■■昆布漁の様子■■昆布ミニ知識(Q&A)

遊びに来ませんか■■イカのページ■■ウニのページ■■カニのページ

アワビのページ■■お申し込み■■表紙へ戻る