Blog    ご自由な投稿お待ちしてます  mail





2017-05-11 -master mugen-
雨上がりの新緑は、とても気持ちが良いです (境内)
今朝は小雨の向こうに虹が見えてて
虹を抜けると本当に晴れてました。


先日高速のサービスエリアで買った美濃焼の小皿3枚500円。
筆置きにしてみたら予想通りの使いやすさです。



 2017-05-10 -master mugen-
先日高知に帰省の折に、ずっと念願していた某方の公徳碑を
初めて親しく訪問できました。(高知県香南市)
次回はもう少し時間のゆとりを持って、
さらにもっと深いご縁にしたいと思ってます。




2017-05-07 -master mugen-
高知窪川別院での行事も、無事盛会裏に開催できました。
お集まりになられた方々は、大変おつかれさまでした。
今回は「サプライズがあるよ」とお話ししていた通り
サプライズも行い、驚かれた方々のご様子を嬉しく、また楽しく拝見しました。
水月の・・を別院坐禅堂に掛けてみましたが、とても良い雰囲気でした。


親戚の家で、懐かしいイタドリ料理を出してもらいました。
子供の頃よく食べたのは、これと孟宗のタケノコを一緒に煮込み
色も薄い鼈甲色になったものでした。
久しぶりのイタドリ、まさにノスタルジックな ソウルフードです。



2017-05-01 -master mugen-
メーデーのこの日の朝は、毎年集会の大きな演説の声が聞こえて賑やか。
今日はちょうどその時間帯だけ小雨で、参加された人達は結構大変だったことでしょう。
今月三日の高知窪川別院での行事のため
明日から五日まで出張で、一年ぶりの帰省でもあります。
行かれる方々、道中どうぞお気をつけて。
ちなみに私はいつもどうりの車にて、です。




2017-04-29 -master mugen-
窓からの芽吹きが綺麗に見える季節になりました。


金魚は水槽に近づくと餌をくれといつでもせがむのですが
食べ過ぎには注意、人も金魚も同じです。
この水槽にはコケなどの汚れを食べてくれるからと
小さな石巻貝を五個入れてあるのですが効果抜群
一年以上掃除してないのにこんなに綺麗です。



2017-04-28 -master mugen-
芽吹きの始まるこの時期は、空気もいつもよりさらに気持ちがいいです。


先日花を見ていたら、「食べられるチューリップって知ってる?」と聞かれました。
菊ならば食べたこともあるのですが、チューリップは初耳。
どんな味なのでしょうか?チョコレート風味だったら楽しいですよね。
ちなみに境内のこのチューリプは普通のチューリップで食べられませんので。



2017-04-27 -master mugen-
窓の外の山桜が満開です。
テレビで東北の桜の番組を見たのですが
東北にも素晴らしい桜の名所がたくさんあるのですね。
桜= 春
寒かった時期から自然が燃えたぎる暖かな時期への転換期
桜はその華やかさを以て我々日本人に
優しい心境の変化をずっともたらしてくれた象徴的な花なのでしょう。
過年ヨーロッパを旅した時に
ドイツの山の一角に満開の桜並木を見た時
そういった心境は日本人ばかりではなく
万国共通なんだろうと思った次第でした。
桜は平和の象徴
地球上の民族間の争いがなくなりますように・・・
桜を見ながら毎年そんなことを思うのです。



2017-04-24 -master mugen-
無料のアプリを使ってiphoneのアイコンをオリジナルなものにしてみました。
ショートカットアイコンを作ってリンクさせてるのですが
電話とLINEはプロテクトされてるのでしょう
変更不可でした。



2017-04-19 -master mugen-
雪折れの枝にも満開の桜が。
枝が折れたり、幹からすっかりとれていたりしても
花が満開に咲くのは生命力の強さを思ったりします。
そういえば先頃「雪折れの梅が咲いてたのがけなげで、
持ってきて生け花にしてみました」のメモが届いてたのは
優しさを感じられて嬉しかったです。



2017-04-18 -master mugen-
今年の2月末に、雪の凍結で滑って車の左前輪を落とした駐車場の場所で
今朝つくしを見つけました。
JAFに引っ張り上げてもらったのですが、
あれだけタイヤでこすった所につくしが出てるのをみて
不思議な感じと共に、少し感動です。




2017-04-17 -master mugen-
桜坂の桜もきのう今日で満開です。
(境内から望遠レンズ使用/見えてるお寺は善光寺本堂裏側です)
今夜はとても風が強いとか。
桜の花はどの程度の風ならば散らないでいられるのでしょう。
「明日在りと思う心の徒桜

夜半に嵐の吹かぬものかは」(親鸞聖人)



2017-04-11 -master mugen-
某方への絡子(略袈裟)揮毫です
道歌も自分で詠んでみました

「利他の意に 古(いにしえ)よりの花開く
妙好禅尼の 今朝(いまあさ)の里」
どうか、なあ?とか言って。



2017-03-23 -master mugen-
毎年暮れにシクラメンをプレゼントしてくださる方がいるのですが
シクラメンは上手に育てるのがなかなか難しいです。
最近になってようやく慣れてきたのか
向かって右が去年の暮れにいただいた物で、左が一昨年のです。
ちなみに右のふたつの鉢は一昨々年とその前の年の物で
時々水を差すのですが、さすがに反応なく、草が一本だけ生えてきたのが愛おしく
抜けないでいるのです。




2017-03-03 -master mugen-
蝉蛻機(せんぜいのき)
蛻(ぜい)は虫の抜け殻のことで、この場合はセミが殻から抜けるタイミングのこと。
禅で言う禅機のことで、機縁の熟したタイミングその時を言った言葉です。
赤紙に金泥で書いてみました。




2017-03-02 -master mugen-
至道無難(しどうぶなん) 唯嫌揀択(ゆいけんけんじゃく)
その道を極めることは難しいことではないが
ただ、あれこれと道に迷うことを嫌う。という意味だそうです。
誰しも若い頃はいろいろ迷ってしまうことはあるのですが
これだと確信できたならば、迷わずにまっすぐ進め。ということなのでしょう。
紺紙金泥で書いてみました。




2017-03-01 -master mugen-
裏打ち仮表装をお願いしてあったのが出来てきました
八風吹けども動ぜず
三昧王三昧
道人の心地は雪の如く清らか




2017-02-26 -master mugen-
水月の道場に坐し 空華万行を修す
仏教句や禅語として残されてきたものには
なんとも深い意味があるものです。
全紙の紺紙金泥で書いてみました。




2017-02-23 -master mugen-
道人(どうにん)の心地は雪の如く清らか
やはり朱より赤の方が金泥がはっきりします
雪の如く清らか・・・
雪は清らかで綺麗だけど、凍ると危ない
夕べお寺の駐車場の出口でタイヤを落として
2年ぶりにjafの世話になりました(笑)
ちなみに2年前は急なバッテリー上がりでした。
みなさんもお気を付けて。




2017-02-22 -master mugen-
まさに住む所を無くして、しかもその心を生ぜよ

金剛般若経に出てくるむずかしい言葉ですが
とても重要な言葉とのこと。
きのう書いてみました。仮表装に出してみます。





2017-02-18 -master mugen-
昆虫用の飼育ケースは金魚なども飼うことが出来て重宝ですが
今回はふたをとって横にしてメジロ用えさ台にしてみました。
ガラス戸のビニール製簡易網戸がマジックミラーのように外から中は見えないように
なってるので、メジロが入れるだけの隙間をあけてガラス窓にほぼくっつけると
乱暴者のヒヨドリ対策にもなり、殆ど距離感なくメジロの観察もできるようになりました。
ちなみにメジロ用の餌は、熟した柿、りんご、ジュースです。



2017-02-17 -master mugen-
メジロはえさ台に毎日朝から晩までやってきて、可愛いけれど
テリトリー意識がとても強い鳥らしく、最初はたくさんやってきたのですが、それからはこのつがいのみ。
ところで野鳥のえさ台でやっかいなのが乱暴者のヒヨドリで、
毎年対策をするのですが、今年はじょうずなヒヨドリ対策のえさ台ができました。↑の記事




2017-02-16 -master mugen- 
三昧王三昧(ざんまいおうざんまい)の裏打ちと仮表装をしていただきました。
白い仮巻は初めてですが、赤紙と金泥のコントラストに綺麗でさっぱり。
馬子にも白無垢衣装です。




2017-02-14 -master mugen-
数年前の発表会用課題曲ムソルグスキー「古城」を久しぶりに弾いてみました。
最近はユーチューブでセゴビアの音源も自由に聞くことができてほんとに重宝。
6弦のベースランニングがメロディーを奏で、とても味わい深い曲です。
時間をかけて今度はしっかりと自分の曲にしたいと思います。