立山砂防軌道    次へ


トロッコに興味ある人ならば、一度は聞いたことがある軌道ですね。
鉄道の利点を損なうことなく、車両や施設面でのスケールを縮小したものが
トロッコ・・・なのですが、ここは、建設省の所轄で、「砂防工事」という、
国家事業であるだけに、か細い、頼りない線路・・・と言った
トロッコのイメージは、感じられません。
文句なく、国内に残されたトロッコの中で、最大規模を誇っています。
歴史を振り返ってみても、これほどのスケールで展開しているのは、ここだけです。
特筆されるのは、当軌道の最大の見せ場である、
連続18段にも及ぶスイッチバックです。これだけの規模は、
世界的に見てもダントツのスケールを誇ります。
裏を返せば、それほど、険しい山中を軌道が通っていることになります。
とにかく、一見の価値あり。強烈なインパクトとなって、
一生の思い出となることに違いありません。


画像などは、後日、アップしてゆきます。



一つ前に戻る   トロッコのページへ   操車場(トップページ)へ