ハイキングコースが森林鉄道跡

西沢渓谷



山梨県・三富村にある西沢渓谷。確か、塩山からひたすら山の中へ国道を分け入ったところです。
何しろ、私が中学生だった頃、家族と一緒に行って、
その後、就職して、会社の人と一緒に行ったきりですから、記憶が曖昧です。
現在では、このハイキングコースはかなり整備されて、危険も少なくなってきていると思います。
また、以前は行き止まりだった国道も、ようやく、トンネルが開通して、
埼玉県の秩父まで通じるようになりました。ここは観光地として有名なところですので、
森林鉄道の軌道跡にありがちな、生命に関わる危険というのは、割と少ないはずです。
が・・・、ハイキングコースの復路が軌道跡を歩くように指定されていますが、
ここに辿り着くまでに、渓谷の断崖をカニのようにして歩いて行く箇所があり、
ここが最も危険で、毎年、滑落事故により、最悪の場合、亡くなられる事故も聞きます。
だから、ハイカー同士のすれ違いを避けるために、コースは一方通行となっているのです。

・・・やっぱり危険な場所なんですね。
皆さんも、訪れる際は、あまり気楽になさらないよう、お願いします。



ここは、コースを外れたところ。実際には「国師ガ岳」に通じる道として指定されているが、
ご覧のように、通行不能。事実上の廃道。





こちらは、コースの復路として、みんなが通る道。こんな光景に出くわした。
現在でも、あるのだろうか・・・?

このページは、追って拡張して行きます。ご期待下さい。

簡単な手書き地図をアップする予定です。


一つ前に戻る