東新潟港近くにて。           次へ

この列車は、画面には見えませんが右となりの新潟鉄工という車両メーカーで完成した
産業用機関車(スイッチャー)を、新潟から遙々、深夜の上越線を走り、神奈川県の根岸まで、
完成したばかりの「新車」を輸送するために走ったものです。
スイッチャーの甲種は、滅多に走りませんから、かなり貴重な記録だと言えるでしょう。


一つ前に戻る   貨物列車のページへ 操車場(トップページ)へ