ahen.gif (1466 バイト)

[1]清の衰退
 (1)社会矛盾の明確化(乾隆帝末期〜)
 ・人口増加,地主・商人・官僚への土地の集中
             ↓
          自作農の没落
 ・官僚の腐敗,重税による農民の困窮
  ↓
  
抗租運動の激化

 (2)大規模反乱
 ・白蓮教徒の乱(1796〜1804)
  白蓮教徒を中心とする農民反乱
  郷勇により鎮圧される(→八旗緑営の弱体化が露呈)
 ・天理教徒の乱(1813)
  白蓮教徒の別派勢力による反乱

[2]清の対外貿易
 (1)極端な制限貿易
 ・貿易港を広州に制限(1775)
 ・貿易は朝貢形式のみ容認
 ・公行と呼ばれる特許商人組合が貿易を独占
   ↓
  イギリスとの中国茶の取引が有名

 (2)イギリスによる貿易拡大要求
 ≪原因≫
 
 ※イギリスで飲茶の習慣が浸透。茶の輸入が激増し、イギリスから大量の銀が清に流れたので。
  ahen-1.jpg (9304 バイト)[18世紀の貿易状況]
  ↓
  イギリスは輸出拡大をねらい外交使節を派遣
  ≪外交使節≫
 ・マカートニー(1793):制限貿易の撤廃を要求,乾隆帝に謁見するが交渉失敗
 ・アマースト (1816):制限貿易の撤廃を要求,
三跪九叩頭を拒否したため嘉慶帝に謁見できず帰国

 (3)アヘン輸出の開始
 ・東インド会社が赤字貿易解消のため、中国にインド産アヘン(吸飲・輸入禁止)を密輸入
  ahen-2.jpg (9990 バイト)[当時の貿易状況:三角貿易]
 ・アヘンが清国内に広く浸透
 ・中国国内の銀がイギリスへ大量流出
  ↓
  銀で税を納める農民の生活が困窮
 ・清のアヘン取締り
  ↓
[3]アヘン戦争(1840〜42)
 ≪イギリスの思惑≫
 …清と事を構え、自由貿易を確立させたい
 
 ≪経過≫
 1839 
道光帝林則徐欽差大臣に任命し、広州に派遣
         ↓
       取締りを開始
    アヘンを没収・焼却,対イギリス貿易を中止,中国人のアヘン密輸貿易者を処罰
 1840 イギリス議会が対清宣戦を決定,艦隊をおくる
    厦門・寧波・上海等を占領し南京に迫る
 1842 清が屈服
 ※戦争中に広州の農民が平英団を組織し反英闘争を開始,その後の民衆運動の大きな影響となる

 ≪結果:不平等条約の締結≫
  …清の半植民地化の開始
 (1)南京条約[1842締結,対イギリスとの講和条約]

 ・清は5港を開港(広州・上海・福州・厦門・寧波)
 ・香港の割譲
 ・公行の廃止
 ・多額の賠償金
  ↓
  この条約の締結によって清の鎖国制度が崩れる

 (2)虎門寨追加条約
[1843締結,対イギリスとの条約,南京条約を補足したもの]
 ・イギリス人の領事裁判権を承認
 ・関税自主権の喪失
 ・イギリスに対する最恵国待遇を約束
  ↓
  清が結んだ始めての不平等条約で、これ以後清の半植民地化が開始

 (3)望厦条約[1844,対英条約に準ずる清米間の通商条約,不平等条約]
 (4)黄埔条約[1844,
対英条約に準ずる清仏間の通商条約,不平等条約]

アヘン戦争の結果次ぎに以下の二つの事件が起こる
【アロー戦争へ…】【太平天国の乱へ…】
    

ホーム西洋史東洋史現代史世界史中学社会リンク集チャット掲示板その他…