ZIGZO.logo

LIVE REPORT

cross.logo


●Add9 Suicide●
11/29(WED) 広島ナミキジャンクション

セットリスト全く覚えていません(爆)。
・・・なので流れも書きにくいのでまたもや分けて書きます(爆)。
まずはやった曲(順番はバラバラです)。

add9 suicide
3days in a well
何から何まで
I am a slider
RUSH!!!
splash!
笑う月
Humbug Song
go"S" & death
hullaballoo room
WALK
tonight,I will fall
深い森にいた
もう2度と会えない君へ
ひまわり
血と汗と涙の裏側のハッピー
ブラボ
裸ピストル
アジアンロック
get away,find your way
strawberry shampoo
...and I said yeah.
THE WORLD INTRODUCTION


●○●○●

5月の赤坂BLITZ以来の生(笑)ZIGZOです。
しかも今回のツアーは忙しくてマサカの広島2日目のみ参戦・・・。
せっかくだから広島1日目も大阪とかも行きたかったよ〜。
ま、仕方が無いのでこの日に全力投球する事を心に決めた自分(笑)。
しかも整理番号、3番です(笑)。
Sadsの席の悪さは、ここでチケ運を使い果たしていたのか、と妙に納得(爆)。
でもZIGZOも大好きだから、最高に嬉しかったです。
風邪をひいてたのなんてすっかり忘れてましたし(笑)、実際、このライブ後に風邪が治る自分。

会場前に行ってみると、やっぱ女の子が多いです。
・・・しかも若そうな(爆)。
男の子は数人だったんじゃないんでしょうか。
せっかくカッコイイんだから、男の子にももっと聴いて欲しいなあ。
・・・でもSads並みになっちゃうとライブが辛くなるから程々に(爆)。
しばらく待ってると、階段に順番に並び始め、あらためて整理番号の良さを実感(笑)。
ほぼ時間通りに開場。
ナミキジャンクション、初めて入ったけど狭いね。
ステージの高さは客の膝上くらいで、さすがに最前だと見上げるカタチ。
先に入った整理番号の早い方たちはDENさん側へ。
私は迷わずど真ん中、TETSUさん正面へ(笑)。
めっちゃ良かったんだけど、真正面で近すぎてかえってライブ中、照れる自分・・・(笑)。

会場内でかかってたSEはなんなんだろう?
前ツアーまではハロウィンだったらしいから、今回もそうだったのかな?
そうこうしてるうちに、曲が止まり、メンバー登場。
客電は落ちなかったような気がするんだけど、この辺は定かではないです。
1曲目はもちろん、「add9 suicide」
そしてそのまま「3days in a well」へ。
この後は確か「裸ピストル」だったと思うんですが・・・この後は記憶が・・・(爆)。
でも今回のセットリスト、めっちゃ好きな感じです!!
選んでる曲も、それ以上にその流れも。
初めに激しい曲を持って来て、聴かせる曲は聴かせる曲でまとめて、懐かしい曲から楽しい曲へ・・・って。
こういう流れ、展開は、身体にも心にも気持ち良くって最高に好きです。
具体的にセットリストを決めるのって、メンバーみんなでワイワイ言いながら決めてるのかな?
今回は・・・今回も、大成功ですね(笑)!!

メンバーについては・・・実はあまり覚えてなかったりする(爆)。
せっかく近かったのに、かえって照れまくり(笑)。
目の前がTETSUさんのギターだったんで、TETSUさんの手ばかり見てました(笑)。
でもすっごい綺麗な手で、そろえた爪とか、細い指とか、ギターの上を走る動きとか・・・。
手だけでも見惚れるというか、見飽きないんだよね〜(笑・愛?)。
そしてTETSUさんも客席は照れるのか、あんまり見ないんだよね。
おかげで(笑)顔も見れたんですが、近くで見てもカッコイイ〜(はあと)!!
うつむいてギターを弾く真剣な顔とか、唄ってる時の楽しそうな顔とか、
メンバーと顔を見合わせてニヤッと笑った時のヤンチャな表情とか、綺麗な二重とか・・・。
はあ・・・幸せ〜〜〜(笑)。
あ、途中から右手の指先を気にしてて、何度も見たりなめたりしてたんだけど、
ケガかな?弦で切ったとか・・・大丈夫だったのかなあ・・・ちょっと心配。
そう、結局TETSUさんしか見えてなかったりする・・・(爆)。
スミマセン。
ZIGZOは決してTETSUさんだけが好きな訳じゃなく、本当に「ZIGZO」が好きなんだけどね〜。
切実に目が4つ欲しいです。
他のメンバーは・・・。
RYOくんは少し髪も伸びて、うつむき加減で始終真剣な表情。
でも時々見せる笑顔はTETSUさん以上にヤンチャ。
DENちゃんは絶えず動いてて、客を煽ったり相変わらず楽しそう(笑)。
腕の筋肉にはため息つくほど惚れ惚れします(笑)。
SAKURAはやっぱ上手いね〜。
見てても聴いてても安心できるというか、ホントにみんなの中心なんだよね。
ライブに行く度に、それを実感。

曲について。
今回のツアーはTOORUさん抜きの4ピース、メンバーオンリー。
良く考えたら私も完全に4ピースのZIGZOライブは初めてなんだよね。
でもめっちゃカッコ良かった。
そしてそれがイチバン実感できたのが意外にも(爆)「strawberry shampoo」
今までのこの曲の印象って、実はTOORUさんのピアノソロの印象が強く残ってたんだよね。
私の中では。
TOORUさんのピアノも、ZIGZOに華を添えてくれてる感じで良かったんだけど、
今回の4ピースZIGZOはやっぱ本質と言うか、飾らないカッコ良さというか。
自然体がイチバン!!
あ、ちなみに「strawberry shampoo」の最後あたりにはドラムソロあり。
じっとTETSUさん見てたら(爆)、気付いたらしいTETSUさん。
しゃがんで「SAKURAを煽れ〜」みたいなジェスチャーしてました(笑)。
あと、他の曲についても、「笑う月」や「深い森にいた」とか「何から何まで」とか「ひまわり」とか、
涙が出そうなくらい大好きなのに更に好きになったとか。
新曲の「THE WORLD INTRODUCTION」もZIGZOらしくって素敵な曲だとか。
色々言いたいけど言いきれないので省略(爆)。

そしてMCその他。
「来年はもう21世紀・・・子供の頃見てたドラえもんとか21エモンとか、猿の惑星とか・・・。」
「あ、違った、2001年宇宙の旅だった(笑)・・・がもうすぐそこです。」
「ミレニアムとか世間は色々浮かれてるけど、俺らはきっとやってる事は一緒なんで、あえて来年、で良いんじゃん?」
あと、今日のライブは広島2DAYSの2日目だったんですが、昨日は客も少なかったようです(爆)。
「みんな昨日は手を抜くと知ってて今日来たんだろう・・・だから代わりに今日手を抜いてやる(笑)!!」
「次の曲は弦2本しか使わないし(笑)。・・・DENのベースも実は楽器じゃなくて弁当箱だし(笑)。」
他には「Humbug Song」の後に、
「この曲は周りに対して皮肉った歌詞なんだけど・・・今日の客にはそういう人がいないようで嬉しいです。」
とか、「血と汗と涙の裏側のハッピー」の前に、
「温故知新・・・じゃなくって・・・なんだっけ?」と本気で言う事を忘れたらしいTETSUさん、
RYOくんにふって「初心」と教えてもらい(笑)、
「そうだ!・・・初心忘るべからず、と言う事で・・・。」
とか、TETSUさんらしいMCで楽しませてもらいました。
そして嬉しい告知・・・来年の3〜4月にもツアーが決まってるらしいです。

実は4月にはマシンガンズのライブもあるんだよね〜(爆)。
ZIGZOが近場に来るのは3月を切実に希望します(笑)。
来年前半にはSadsのツアーはなさそうだけど、私、ライブは3バンドを掛け持ちしてるから、
正直言ってキツイ時もあるんです。
やたら3バンドともかぶってるし(笑)。
だからもし3バンドが重なったら、削るのはZIGZOかな〜・・・とか思ってたんですが(爆)、
でも心を入れ替えました(笑)。
やっぱZIGZOははずせません!!
前にも書いたけど、ZIGZOは私の中では正統派的な「バンド」なんですよね。
ライブもセッションの延長線上にある感じで、メンバーみんなが同じ位置にいるというか。
こんなカッコイイ「バンド」は他にはいません。
この「バンド」らしい気持ち良さは、Sadsでもマシンガンズでも味わえない。
やっぱ基本と言うか、この気持ち良さは忘れられないし忘れたくない。
「ZIGZO」がある限り、ライブには絶対行き続けようと心に決めました(笑)。
ZIGZO、大好きです!!


HOMEへ ZIGZO TOPへ LIVEへ