ZIGZO.logo

LIVE REPORT

cross.logo


ZIGZO TOUR 2000
●GET A SPLASH !●
4/18(TUE)松山サロンキティ

久しぶり・・・約4ヶ月ぶりのZIGZO。
なのに最近の自分はと言うとSads&マシンガンズモード炸裂中・・・(爆)。
CDも最近は聴いてないし、どうすんべ・・・とか思ってたんですが、
始まってしまえば心配してたのが嘘のようにはじけられました(笑)。
現金なやつでスミマセン。
っつーか、心配を完全に吹き飛ばしてくれたZIGZOはやっぱカッコイイ!!

今日は自分の地元、松山。
深夜明けで特急しおかぜにて帰郷。
そして友人の車で会場近くまで。
途中、待ち合わせてた人を拾ったり、会ったり、結局はいつもの4人で会場に到着。
会場に着くと、まあそれなりに(爆)人は集まってました。
やっぱほとんどは女の子。
そして若い・・・(爆)。
ラルクどころか、バイセクを知ってるのなんて自分達くらい?っつー程。
おかげでラクなライブでした(爆)。

ほぼ定刻に会場入り。
30番台だった自分達、結構良い場所を取れそう(^^)
そして入った途端、一緒にいた知り合いが聞いてくるには、「DENさんってどっち!?」と(笑)。
教えるとDENさん側へ行ってました。
そして自分と友人はRYOくん側へ。
TETSUさんとRYOくんのちょうど間あたりの2列目を余裕でゲット。
終了までだいたいこのあたりで見れました。

それにしても、サロンキティ。
久しぶりに入ったけど相変わらず狭いねえ(笑)。
だって、2列目でも手を伸ばせばマイクスタンドに触れるほどだし。
ステージも低くて私好みのライブハウスです。
そしてステージセットはシンプル。
唯一の飾りと言えば、ステージの後ろのドロップ・・・壁紙みたいなの。
たくさんの眼。一番大きな中央の赤い眼の瞳孔のところにZIGZOのロゴ。
説明しにくい・・・とか思ってたらオフィシャルHPに画像がUPされてました(笑)。
カッコイイので、まだ見てない方はぜひ見に行って下さい。

さほど遅れる事無く客電が落ち、メンバー登場。
TETSUさんは白のタンクトップに柄シャツ。
RYOくんは水色のシャツの上にもう1枚黒っぽいシャツを羽織ってましたが、
最初の数曲でさっさと脱いで水色シャツになってました。
DENさんもなんか羽織ってたっけ?・・・記憶に無い・・・(爆)。
数曲終わった時点では、黒のノースリーブでした。
そしてSAKURAは書かなくても解るんだけど(笑)、全身黒。上はタンクトップ・・・だったかな。
ちなみにTOORUさんはピンクの柄シャツでした。

メンバーが定位置につき、1曲目は「get away,find your way」
この曲、好きなんだよなあ・・・。
ほんとにメンバーがセッションしてる姿が目に浮かぶようで。
続いてまたしても大好きな曲、「裸ピストル」
この唄は曲といい、歌詞といい、完全に私好み(笑)。
現在出てるZIGZOの曲の中では1番好きかも。
そして「strenger's meloncolia」
TETSUさんがギターをはずして「アジアンロック」
今回、TETSUさんがギターを弾かなかったのって3〜4曲でした。
新曲はすべてツインギター。
他の曲もアレンジされてて、一層音に深みが出てる感じでカッコ良かったです。

「四国シリーズ(笑)3日目・・・松山です。」
「今までで1番の客席の近さで、かえって自分が照れたりしてます(笑)。」
とかTETSUさん言ってたかな。
その言葉通り、ほんとにめっちゃ近い!!
TETSUさんは目の前にいるし、RYOくんは結構前に来てくれるから触り放題だし(笑)。
そして個人的に念願がかなっちゃいました。
ぜひ1度RYOくんの頭をナデナデしてみたかったんですが(爆)。
坊主頭になったときからの念願。
少し伸びた髪をバリバリに固めてました。
あ、もちろん演奏の邪魔はしてないですので(笑)。

この後は新曲中心。
どの曲もノリやすい、カッコイイ曲ばかり。
作ってるのはやっぱTETSUさんなのかな?
ちょっと気になりつつ・・・。
曲は、新曲、「everlast」「Tonight I Will Fall」・・・だったかな。
everlastはサビの歌詞が大好き!!
そしてTonight〜はすでにSAKURAのラジオではかけてたみたいだけど、
ラジオを聴けない自分は初めて聴きました。
うん、めっちゃカッコイイ!!

「新曲をいくつかやってますが・・・もう少しします。ラッシュ!」
「ラッシュ」・・・TETSUさん、つづりも言ってくれたんですが・・・忘れました(爆)。
RUSH?LUSH?
RYOくんとDENさんが掛け声的にラッシュ!って言ってて、覚えやすい、ノリやすい曲でした。
続いて「strawberry shampoo」
ヴォーカルはRYOくん&DENさん中心。
この曲はツアーの度にアレンジが変わってて、聴き応えアリ。
多分、この曲の途中にTOORUさん紹介。
「キーボードじゃなく、ピアノ。吉田パーマ(笑)!」
この後も何度かパーマ言われてました(笑)。

続いて「笑う月」
この曲はねえ、数曲あるという新曲の中で、個人的に1番気になってた曲。
だって、FC会報の表紙を飾ってる(笑)し、オフィシャルHPにも歌詞がUPされてるし。
そしてその歌詞、完全にTETSUさんワールドな感じで(・・・って違ってたら笑える)。
曲もうん、好きな感じ。・・・だったんだけどほとんど覚えてない(爆)。
次回の赤坂BLITZではもうちょっとじっくり聴きたいです。
続いては名曲、「call me」
なのに最初何の曲か解らないほどのアレンジ。
前ほどしっとりとした感じではなく、何と言うか・・・ライブ向きの曲になってました。
そして「sleep」
感情を込めて唄うTETSUさんに腰砕け(笑・マジ)です。

ここのMCでは先ほどの call me の説明。
新しいアレンジではなく、以前のアレンジなんだって。
スタジオで最初に作ったバージョン。
CDに入ってる方が新しいバージョンなんだそうです。
うん、どっちも好きかな。

そして「my problems」
この曲はTETSUさんワールド全開って感じで好き。
続いて「血と汗と涙の裏側のハッピー」
やっぱシングル曲だと客のノリって変わるねえ。
アルバムより、シングルの方を聴き込んでるっつー事か。
そしてTETSUさんラブ(笑)な自分。
それまではTETSUさんも見つつ、RYOくんも近いから見て触ってと浮気してたんですが(笑)、
血と汗と〜の「君にくびったけさ」と「君にカナシバリさ」のところだけは
TETSUさんに捧げてきました(笑)。
届いてると良いんですが(爆笑)。
「PEAK!」
こういう飛べる曲は大好き。
心で聴く曲では無いけど、考える前に身体が反応する感じで。

「四国シリーズ(笑)3日目・・・松山いいね。」
「思った以上に良いんで、前の2県でも予定に無かった曲をやったんだけど、松山でもやります。」
と、「Wonderful Day」
この曲はSEっぽいと言うか、ライブでは1曲目以外には考えてなかったので、
聴けるとは思ってなかったからめっちゃ嬉しかったです。
この後のライブではやったのかな?
・・・ちょっと気になる。

そして「splash」「ひまわり」「ブラボ」
splash・・・多分ここだったと思うんですが・・・もっと早かったっけ?
オフィシャルがセットリストUPしてくれたら確認します。
ひまわりはほんとに名曲。
曲も歌詞も何にも飾ってない、シンプルなのに心を打つというか。
そう言えば他人の曲はめったに誉めないSads清さんも、ひまわりは良いって言ってたっけ(笑)。
ブラボも好き。
そう言えば一緒にいった知り合い、アルバムを聴いてこの曲がツボにはまったらしいけど、聴けて良かったね。
そしてライブ終了。
手を振ったりしつつも、結構あっさりとメンバー退場。
最後にSAKURAが1人残って中央マイクで一言。
・・・何言ったっけ(爆)。不覚・・・忘れました。
このままいつものごとくアンコール無く終了。
アンコール・・・今後する事って無いのかなあ。

そんな感じのライブだったんですが、やっぱZIGZO良いねえ。
どんどん成長してる感じ。
なら客も同時に成長しなきゃ(爆)。
・・・そう、客に関しては言いたい事がたくさんあります。
まあ、初スタンディングって子も多かったみたいだから仕方ないのかなあ。
ちょっとでも前で見たい気持ちも分かるけど、無理な割り込みはやめようよ。
後ろでも普通のホールより全然近いじゃん。
そして前に行ったら行ったで、人にもたれるのは絶対ダメでしょう。
自分の身体は自分で支えて下さい。
っつーか、本当にしんどいんなら後ろに下がれっつーの(怒)。
何度怒鳴ってやろうと思った事か・・・(爆)。
ZIGZOだから良かったようなものの、Sadsだったらあんた、死んでるね(爆)。

でもZIGZOは最高だった!!
やっぱカッコイイよ。
久しぶりに懐かしい感じの「バンド」のライブって感じで幸せでした。
Sadsやマシンガンズは、大好きなんだけど、私の中では「バンド」からははずれてるのよ。
私にとっての「バンド」って何かと言うと、メンバーみんなが作り上げていってるのを感じられるものなのね。
曲やそのバンドのカラーとか。
簡単に言うとメンバーみんなでああでもない、こうでもない言いながらセッションしてる姿が思い浮かぶというか。
そういう意味で、ZIGZOは久しぶりに私が出会ったカッコイイ「バンド」。
出会いは本当に偶然だったんだけど、出会えて本当に良かった。
そしてライブの度に成長がハッキリ解るし、見てて幸せ。
これからもZIGZOを体験する度に好きになっていくでしょう。


HOMEへ ZIGZO TOPへ LIVEへ