sm.logo

LIVE REPORT

cross.logo


*HEAVY METAL TEACHER FROM HELL !!*
6/27 愛媛県民文化会館 サブホール

さて、今日は地元愛媛。
ラストツアーで淋しいんだか嬉しいんだか。
先入観無く、自然体でライブを楽しめたら良いなあ。
今日の席は今ツアー中、唯一とも言える良席。
しかし案の定パンサー側(苦笑)。
いつもパンサー側って何でなんだろう。
偶然にしても多すぎるんじゃ?
・・・まあ良いんだけどさ。
ステージには白い幕。
ステージ上は全く見えなくなってたんだが、スタッフさん?が幕に影絵を映して遊んでます(笑)。
定番のキツネとか鳥とか・・・KISSしてたり(笑)。

さて、そのまま客電落ちていつものSE。
ステージ上にはあんさんとパンサー登場。
シルエットのままギターバトル。
たまにはこういうのもドキドキ感が増して良いかも(笑)。
そしてステージにヒマ&ノイ登場(ノイのシルエットが見えたので判明)。
ヒマのドラムからOP、幕も撤去。
う〜・・・OPだけでもキモチイイんですけど。

毎回ツレと1曲目なんだろうね、って話してるんだけど、まともに当たったこと無いなあ。
ってな訳で今回も予想を外れて「High Speed SAMURAI」。
予想は外れても、大好きな曲だからこれはこれでOK。
そうそう、今回ももちろんセットリストは忘却の彼方(爆)。
なので某サイトさんに教えてもらいました(爆)。
それで良いのか、自分。
続いて「HEAVY METAL TEACHER FROM HELL !! へ、ようこそ、いらっしゃいませ〜」って「ファミレスボンバー」。
ノイのセリフは通常バージョンでしたね、残念。

最初っからあんさんニコニコでしたね(笑)。
そうそう、ロビーにポンジュースから花輪が届いてたんだが、楽屋にも山のようにポンジュースが届いたらしい(笑)。
ってな訳で、メンバー周囲のアンプやら台やらの上には、ズラッと500mlペットボトルのポンジュースが並んでました。
ライブ中、実際に飲んだのはヒマだけでしたが(笑)。
私もライブ中にポンジュースはちょっと・・・(苦笑)。
あと、高知のライブハウスの店長さん?にもカツオのたたきをもらったとの事で、嬉しそうでしたね。
ここでノイの自己紹介が入ったのかな?
「ライブで汗かいて、終わったらコンビニでポンジュース買って飲め。」とか言ってましたね。
続いて曲は「JAPAN」「ONIGUNSOW」「Operation TIGER」
アタマ振るのが辛い鬼も、こんなに早いとまだ大丈夫(笑)。
虎は久しぶり?

ヒマMC。
ここで例のポンジュースを一気飲みし、あんさんに「真面目になっちゃいますよ〜」言われてましたね。
愛媛の真面目なポンジュース・・・ってCMあるんだよ。
・・・これってローカルなの?・・・岡山で見たこと無いかも、と。
しかし、真面目にはなれず、MCは相変わらず支離滅裂(爆)。
「虎に出会ったら立ち向かうのか!?・・・嘘言うな〜(笑)!!」から虎も縛られたらどうのこうの(爆)。
そして虎の話しは尻切れトンボのまま犬の話になり。
ヒマ、結局何が言いたかったの?
曲はもちろん「犬の生活」そして「そこに、あなたが.....」。
そのまま照明が暗転し、「Iron Cross」。
前ツアーでは暗転後は悪魔の化身やってたから、アイアンクロス、ちょい久しぶり。

パンサーMC。
何喋ったかまったく記憶に無い(爆)のですが、すっかりオレサマキャラになってますね。
ああ、そう言えば髪を見事に立ててたんですが、それが落ちてきて前髪がジャマだ〜とか言ってた。
その間にノイはうさぎベースに持ち替え。
(それ見ててパンサーMCを聴いてなかったとの噂も(爆))
そして「KISS」。
歌いだしの「レモンの香りの〜」のところを「蜜柑の香りの〜」って歌ってました。
こういう地元ネタって嬉しいんだよね。
ちなみにパンサーとノイのKISSシーンはほぼ正面。
先にノイが待ってて、パンサーはKISSしようとして止まり、例の前髪をジャマくさそうにかき上げてやっとKISS(笑)。
曲が終わるとノイはカメーンに駆け寄り、ベースを手渡し。
この時点で次はビールだと気付いたウチ等・・・もとい、私は狂喜乱舞(笑)。
ノイとは逆サイドだからねえ、中央を中心に動き回ってくれるし、ここぞとばかりにノイウォッチング(爆)。
良く動くしイイ感じに煽ってくれるし、終いには息切れてきてるし(爆)。
・・・大好きだ(笑)。

あんさん、カメーンに「女性のセクシーだと思うしぐさって?」とネタ振りした直後、「乳房じゃないですよ(笑)?」と。
あんさん・・・相変わらずおっさんです(爆)。
おまけに、「カメーンは結構乳房好きなんですよ。柔らかいのと硬いのとどっち好き?」と。
「え、柔らかい方が・・・」と答えるカメーンもカメーンだが、聞くあんさんもあんさんだよ。
ってか巨乳と微乳ならまだしも、硬いチチが好きな男って居るのか(爆)?
結局、質問の答えは。ゴミとかさりげなく捨てる気が付くところ、とか言ってたかな。
パンサーは自分の手が小さいから、長い指が好きらしい。
ここであんさん、「俺も結構指長いんやけど」と、指をクネクネ。
パンサー、「グッ(笑)!」って親指立ててて笑えました。
つづいてあんさん、ノイにネタ振り。
ノイは自転車で買い物行ってる姿が良いらしい(笑)。
カゴにスーパーの袋とか入ってたら「自炊してるんやな〜」と思うらしい。
なるほど(笑)。
そしてヒマは「3回目くらいのデートで喫茶店行くじゃないですか。」って。
その具体的設定は何だよ(笑)。
んで彼女がコート脱いだら「おいおい、下に何着てんねん!」って格好が好きらしいです(笑)。
んで曲に行こうとしたあんさん、客に「あんちゃんは〜?」と聞かれ、
「俺?俺は〜・・・なんやろ、やっぱ気の付くとこかなあ〜・・・いや・・・」なんて本気で悩む。
ってかあんさん、みんなにネタ振っといて自分は考えてなかったのかよ(笑)。
そして「あ!そうや!」と。
格好良く車を運転する人が好きだとの事。
それをあんさんは助手席で見てるらしい・・・しかし、あんさんのより良い車は駄目だと(笑)。
最後にあんさんのシメ。
「パンサーが好きな人は一生懸命指引っ張って伸ばして下さい、カメーン好きは・・・乳房引っ張って下さい(笑)。」
「ヒマワリ好きは夏でもコート着て下さい、ノイジー好きは自転車買って下さい。」
「あんちゃん好きは・・・あんちゃん好きは一番金がかかるな(笑)。」
ここでやっと曲へ。
もちろん「S.H.R.〜セクシーヒーローレヴォリューション〜」。
長い曲振りでした。
まあ楽しかったから良いんだけど。
しかし、結局全員「しぐさ」からは外れてたような(笑)?

「残りあと3曲、全力で行けよ〜!!」
曲は「食べたいなめたい危険地帯」「桜島」「Fire」
桜島であんさんが「大回転!」って叫んだのを聞いて、ツレと顔を見合わせて大喜び。
・・・知らない人のために注釈。
間奏の所で前列3人が曲に合わせて回るのね。
それが回転なら90°、大回転なら180°なのよ。
そしてその上には一回転もある。
通常は回転だから、大回転や一回転だとメンバー的にも盛り上がってるんだな〜なんてバロメーターの一つなのよ。
んで喜びつつアタマ振ってたら、「見て見て!」とツレにつつかれたんで前を見てみると。
大回転であんさんとパンサーが真後ろ向いてる中、ノイだけ真横(ソデの方)向いてるジャン(笑)。
次の瞬間には2人が正面向いた時に真後ろ向いてるし(笑)。
聞き間違え?間違えて一人で回転してた様子。
ここでスタッフさんに教えられたのか、間違いに気付いたノイ。
他のメンバーみて慌てて合わせてましたね(笑)。
チクショウ、大好きだ(笑)!

アンコール1。
あんさん、「もう年ですからねえ(笑)、ライブ続くと声がツライんですよ、特に高音。」
「あ、次はみどりのおばちゃんなんですけど、これとそこにあなたがは特に緊張しますね。」
なんて言いって「あ〜〜〜」なんて発声練習(笑)。
しかし!
「みどりのおばちゃん」始まった途端、2番の歌詞歌ってます(笑)。
しかもその後完全に歌詞が飛び、曲のみの状態。
終了後、かなり悔しがるあんさん。
「歌詞忘れたら適当に歌うんですけど、こんなに完全に歌詞が出てこんのも珍しいんですよ。」とか言ってたかな。
言いつつ、やっぱ歌詞が思い出せず、「最初何やっけ?」と客席に聞く始末(笑)。
続いては新曲「リサイクル」。
アルバムではあんさんが歌ってるけど、元々はパンサーが歌ってたとの事で、パンサーヴォーカル。
でも違和感無く聴けたよ。
意外と歌うまいかも・・・って聞かせる系の曲じゃないんだけど(笑)。
続いては待ってました!の「みかんのうた」。
ステージ上、天井からブラ〜ンと何かが降りてきた、と思ったら、例のポンジュース(笑)。
いや、笑わせて頂きました。
しかしこのみかんのうたで意外な展開。
間奏入っていつものギターソロ・・・と思いきや、かなり長いギターバトル!!
そう言えば今日は食べなめも無かったし、ここでギターバトル持ってくるとは。
かなりビックリな展開でしたね。

アンコール2。
ここだったかアンコール1だったか忘れましたが、あんさん、体力も限界だけどマシンガンコール聴く度に頑張ろうと思う、って。
そう言って頂けると呼ぶ側としても嬉しいもんです(笑)。
「ライブCD出してるけどマシンガンコール流れるとおお、行かな、思うし。」
んで「お前もそんなんあるやろ?」とノイに。
ノイはCDやビデオでハロウィン流れたらライブや〜思うらしい(笑)。
曲は「BURN〜愛の炎を燃やせ〜」「German Power」。
ジャーマンは愛媛の魂、安藤パワーで、俺のケツから俺が出てきました(笑)。

以上でライブ終了。
客電点いて場内アナウンス流れる中、みんな必死でマシンガンコール。
そしたらちゃんと出てきてくれたよ。
「会場使用時間ギリギリです。一曲やって下がったらもう出て来れません。」
「だから・・・2曲やります。」
と、まずは「暴走ロック」。
そして。
「いっつも『俺たちが、SEX MACHINEGUN!』ってやるんですけど、何でSを付けないかと言うと。」
「俺らがSEX MACHINEGUN、そしてお前等もSEX MACHINEGUN、スタッフとかみんなSEX MACHINEGUN。」
「そんな一人一人のSEX MACHINEGUNが集まってSEX MACHINEGUN“S”になるんです。」
「俺たちが、お前たちが、そなた達が(笑)、スタッフが・・・全員がSEX MACHINEGUN!!!」
と、もちろん曲は「SEX MACHINEGUN」
チクショウ、そんなコトバで泣かせやがって(笑)。
マシンガンズが大好きだぞ、ゴルァ(笑)!!
そしてあんさんは去り際に「愛してます」の一言。
チクショウ、惚れるっちゅーねん(笑)。

そんな感じで、ラストツアーなのに最高に楽しいライブだったよ。
マシンガンズはマシンガンズ。
そんな感じ。
ありがとう、私も愛してるよ。
あともう少し、全力で突っ走りましょう。


HOMEへ SEX MACHINEGUNS TOPへ LIVEへ