SADS.logo

LIVE REPORT

cross.logo


★Sads RUBBERSOLE ONLY LIVE★
6/26(MON)大阪メルパルクホール

Welcome to my BABYLON
PRAYER
アジト
Feeling High & Satisfied
ストロベリー
新曲(FINALE)
GENTLE DARKNESS
新曲(CRY OUT)

instrumental

LATE SHOW
DARLIN'
Liberation
STUCK LIFE
SAD PAIN
Conclusion of my BABYLON

忘却の空

赤裸々
SANDY

LIAR
HAPPY


●○●○●


急な告知で、すでに勤務希望は締め切られていたものの、何とか行けそうな勤務!!
ついてる〜(笑)!!
やっぱ私とSadsの間には愛がつながっているのね(爆)。
しかもローソンでチケットを引き換えたところ、たけともくん側4列目。
そしてぴあの本で座席表を見たところ、1列目はなくて実質3列目・・・(汗)。
FCオンリーでこの席って・・・かなりついてる?
なのに体調管理に大失敗(爆)。
風邪ひいて・・・しかもこの日、行ける勤務ではあったものの、実は深夜明け。
体調悪い上に寝不足、そして忙しくって疲れてるというトリプルパンチ。
実はライブをあきらめようかとも思ってたんですが、翌日は休みだったし、ちょっと無理して参戦(爆)。
結局ライブは楽しかったし、行って良かったんだけど・・・でもやっぱ体調管理は大切だと体感したライブでした。
だって、気を抜くとすぐボーッとなっちゃうし、曲が見えなくなるのよ〜(爆)。
なんて言うか、音がまとまり無く、バラバラに聞こえてくる感じ(泣)。
幸せも半減するっつーの。
これは完全に自分のせいだから余計に腹立たしい・・・。
皆さん、ライブ前の体調管理は大切ですよ〜(爆・経験者は語る)。
でもボーッとしつつも、大阪と言えばクマのパラダイス(笑)!!
某BC店で念願のフーリッシュハートをゲット!!
そしてこの子の名前はストロベリーに決定(笑)。

SEはまったりとした曲や読経とか、で、突然「Welcome〜」が流れてライブ開始。
最初はアルバム通りの曲順・・・なのにやっぱライブだと新鮮に聞こえます。
「Feeling〜」では前奏からサビの掛け声を入れてました。
そして今回私が1番心に残ってるのが「ストロベリー」。
清さん、「ストロベリー」のところで左胸辺りに両手でイチゴorハートの形を作ってました。
ああ、ストロベリーってハート、心臓のイメージなのか・・・と。
・・・と言う訳で、フーリッシュハートはストロベリー(笑)。
新曲もBABYLONの世界にピッタリな感じで、清さん、全身を使って歌い上げてました。
お香のパフォーマンスは今回もアリで。
でも今回はインスト曲が終わる前に清さん再登場。
曲に声を重ねて・・・清さんの声も楽器の一つなんだと実感。
この後はだんだん激しくなっていって、欲求不満の方達は待ってましたとばかりにジャンプ!!
BABYLONの世界は最高に好きだし、静かな曲もまったりした曲も大好き。
でもこういう激しいのもやっぱ清さんの一つの顔なんだよね。
そして私も、やっぱこういうのも好きなんだよね〜(笑)。
で、「STUCK〜」の後、突然風の音。
「SAD PAIN」を挟んで、また風・・・それに重ねるように「Conclusion〜」で本編終了。
アンコールは今までのライブとあんまり変わらないものでした。

MC編・・・って言っても、相変わらずあんまりしゃべらないです。
覚えてないというのもあるが(爆)。
「BABYLONの曲を初めて人前でやってます。」
「今日はセットは組んでないけど・・・この後のツアーではセット組んでやるので、お楽しみに。」
「知らない曲もあると思うので、まったりと適当に・・・。」
他には会場の話しとかもしてました。

この日のライブはツアーの前哨戦という感じでした。
自分達も、Sadsも、そして清さん自身もかなり手探りしてる感じ。
暴れたいと思ってきてた人は案の定欲求不満状態だったみたいだけど、自分はこれはこれで良かったと思う。
確かにのりにくい感じはあったのね。
のりにくいと言うか・・・どう反応したら良いのかとまどうと言うか。
曲の間は良いんだけど、曲間。
清さんの名前を呼んだり感動を伝えたい気持ちもあるんだけど、それ以上に余韻を消したくなくて。
他のファンも同じような感じだったのかな?
結局曲間はほとんど静かなまま、次の曲へっていう事が多かったです。

でも決して悪い感じじゃないのね。
・・・まあ、最高とも言えないけど。
実際曲に入ったらみんな、新曲も、生では初めての曲も自然に反応してたし。
知ってる曲のここで暴れてっていう知ってるノリじゃなく、
頭で考えずに耳と心で音を聴いて音に身を任せてる感じ。
これからどうなるのかな、次はどうしよう、って言う、ドキドキ、ワクワクする感じ。
確かにまだライブとしては不完全なものでした。
でも、だからこそこれからが、本ツアーがめっちゃ楽しみ。
このライブが完成形になったらどうなるんだろう?って。
いつもライブが終わったら大体は満足してるんだけど、今回は別。
満足どころか、ツアーが楽しみで待ち遠しくて、ウズウズが止まりません(笑)。
清さんやSads自身にここまでの計算が在ったかどうかは解りませんが、
ある意味、このFCライブは大成功だったんじゃないでしょうか(笑)。


HOMEへ SADS TOPへ LIVEへ