SADS.logo

LIVE REPORT

cross.logo


★Sads LIVE TOUR'00 "Battle Rockers" PARTT★
3/23(THU)岡山オルガホール

前回のツアーの香川以来、約4ヶ月ぶりのSadsライブです。
しかも岡山では黒夢のラストツアー以来。
つまり、Sadsの岡山初ライブ!!
昨年末にこのツアー日程を見て、自分の2000年初ライブは絶対これにしようと心に決めてました。
そして前回の香川以来、へこみモードに入ってたんですが、しっかり吹っ切れてて良かった。
・・・この辺は完全に自己満足の世界なんですが。
簡単にまとめると、自分が黒夢を好きなのかSadsを好きなのか解らなくなっちゃって。
でも結局は清さんを好きだから黒夢もSadsも好きだった、と。
・・・なんか、自分が悩んでたのが馬鹿みたいに思えます。

・・・っと、話しを元に戻します。
そう、今日は地元岡山!!
オルガホールって、場所は知ってたけど、中に入るのは初めて。
どんな場所なのか期待と不安。スタンディングだし。
あいにくの雨で寒かったんですが、会場前には気合いの入ったキャミソール姿の女の子も。
自分は黄色のSADのTシャツに白のSADパーカー。
会場に入ったらすぐにパーカーは脱ぎましたが。
そしてやっぱり男の子も多い。
多分男女の比率は同じくらいだったんじゃないのかなあ。
さすがSads。

雨のおかげか、開場時間より少し早めに開場入り。
とりあえず清さんとベースの中間あたり5列目くらいの位置にスタンバイ。
7時過ぎに開場アナウンスが流れたんですが、「体力に自信の無い方は後ろへお下がり下さい。」って(笑)。
いや、でも笑い事じゃないです。
つらくなった方は倒れる前に下がって下さいね、マジ。
ライブ中、数人引き上げたよ、自分。
ステージセットは相変わらずシンプル。
バックにはロゴも無し。
照明は結構あったんだけど、ピンクとブルーの単色ライト。
でもそれで充分・・・というか、シンプルだからこそSadsの本質が見えたライブでした。

そして30〜40分押しでライブ開始!!
場内の音楽が消えたと思ったら、SEも何も無しで清さん以外のメンバー登場!!
しかもそのまま清さん抜きで演奏をはじめるし。
なんと、たけともくんヴォーカルで1曲!!
こういう始まり方は心臓に悪すぎます。
カッコ良すぎるっつーの(笑)!
曲は・・・なんだろう?カバーだよね、多分。
たけともくん、ちょっと痩せたかな?
サングラス無しで、さらさらの髪が印象的。
唄もかなり上手かったです。

そして清さん登場!!
ライブがはじまった瞬間の人の流れに上手く乗れた自分は、清さんの斜め前2列目あたりをゲット。
もうばっちり清さんが目の前に。
はうう〜、やっぱカッコイイ・・・。
1曲目は「TRIPPER」
そのまま「メディア」「Mr.YA」
息をつく間も無いほどのテンション。
本当にライブが始まったばかりとは思えないほど。
一気に火が点いた感じ。0から100に。

そしてちょっと間を空け、煙草に火を付ける清さん。
煙草とライターを小道具に悩まし気に腰をくねらせつつ唄う清さんに腰砕け。
曲は確か「Loveless Lover」だったかな(爆)。
そう、このあたりから完全にセットリストは頭から抜けてます。
間違ってたらスミマセン。
このあたりはまったりした曲を固めてたと思います。
「Private thirsty night」とか「ストロベリー」とか。
ストロベリーはやっぱり少し前回のライブとはアレンジが変わった感じ。
楽器の出来ない自分には、ここが変わったと詳しく言えないんですが、なんとなく(爆)。
あ、ストロベリーでは清さん、シャツの前をはだけて胸のあたりを触りながら唄ってました。
もう触るって言うか愛撫っていうか(爆)。
セクシーを通り越してエロイというか・・・。
清さんだから出来るんだよなあ、こういうのって。
完璧、悩殺されました、ハイ。

「BAT MAN」はちょっと長めに感じたんですが、実際はどうだったのかな。
自分の疲れのせいで長く感じただけかも。
たけともくんはめっちゃ楽しそうに客をあおってましたね。
牟田さんも笑顔だったし。
でも自分はこの BAT MAN の間はほとんどサポートべーシストの小林さんを見てました。
一番近かったし(笑)。
サングラスは1回も外さなかったからちゃんと顔は分からないんだけど、でもカッコイイです。
雰囲気は落ち着いてるというか、渋い感じ。
ベースの音は走り過ぎず、かといって落ち着き過ぎず、良い感じでした。

そして清さん再登場!!
でも曲は何だったか・・・(爆)。
完全に忘れました、ゴメンナサイ。
ここから本編終了までに、多分「OUT OF SIGHT」「LATE SHOW」をやったかな。
「赤裸々」もここだっけ?いや、前半だったかも・・・。
LATE SHOW は大好きな曲なんだけど、前よりヘビーに感じました。
「狂いながらのLATE SHOW」のところでは、清さん頭の横で人差し指を立ててクルクルまわしてました。
一緒にやったっつーの(笑)。
そしてちょっと間を置き、ささやくように「アルコール中毒のハニー・・・」って。
だんだん声を大きくして、最後は叫んで「HONEY HONEY」
そして「DISCOVER」で本編終了。
客のテンションも最高潮で、自分はとうとう2列目から脱落。
4〜5列目って、一番つらい位置なんだよなあ。
体力の無い自分はあえなく敗退。本編終了とともに後ろに下がりました。

アンコールは4回。
曲は「忘却の空」「HAPPY」「SANDY」「Crisis」「GO!」
曲名は解らないんだけど、サビで「DON'T LOOK BACK」って言う曲。
そして最後は「CRACKER'S BABY」
・・・あれ?「LIAR」もやったんだけど、本編だったっけ?
忘却の空ではブルーのバックライトのなかで唄う清さん。
そして黒夢の「LIKE A ANGEL」で「聴こえてますか!?」って叫んでた清さんを不意に思い出しました。
清さん、LIKE A〜では自分の声、気持ちって、客に届いてるのか不安だったのかな?
でもこの忘却の空は声は聞こえてるっていう前提の曲。
・・・久しぶりにライブ中に泣きそうになりました。

「岡山、岡山じゃないみたいにイイ」(爆笑)。
「夏にまた岡山に来るから。」とかMCでは言ってました。
そんな嬉しい事をいわれて清さんにあおられたら大人しくしてる場合じゃないだろう!
っつー訳で、また前に突っ込む自分。
うっかりダイバー発生地帯に紛れ込んじゃった時には死ぬかと思いました(笑)。
でも最終的には4〜5列目で終了したかな。
うん、頑張ったよ、自分。・・・体力無い割には。

とにかく、最高のライブでした。
汗と清さんのまいたポカリでびしょぬれになったし、くたくただけど、最高に幸せ。
Sadsに出会えて良かった。
清さんの声が聴けて本当に良かった。
そして自分自身、何の疑問も無く全身と心でSadsを、清さんを感じられて良かった。
心から最高のライブだったといえます。
でもまだツアーもSadsも始まったばかり。
ライブに行く度に新しく最高のSadsに出会える事を確信してます。



HOMEへ SADS TOPへ LIVEへ