SADS.logo

LIVE REPORT

cross.logo


SADS 1999 THE FIRST TOUR
★"Smash It Up"★
11/21(SUN)松山市民会館

本日は地元(実家)、愛媛。
松山市民会館は、松山城のお堀の中にある会場です。
ちなみにすぐ近く、同じお堀の中には私の母校がある(笑・もうすぐなくなるんだけどね)。
夜勤を終えて特急しおかぜ(笑)にて帰省。
ちょうどこの頃、弟は"モー娘。"の新ユニットのイベントに、松山のタワレコへ行っていたらしい・・・。
オイオイ、SADS聴けよ・・・。
友人の用事が終わるのを待って、会場へ。

この日の席はたけともくん側8列目だったんだけど、
知り合いの知り合い(笑)が、「あんまり前は好きじゃないから」と、交換してくれました。
みーこさん、ありがとうございました!!
残った知り合いも、私を一番中央寄りに座らせてくれて、大感謝。
そして移った席は5列目、かなり中央寄り。
今回のツアーの自分の席の中では、一番清さんを見やすい位置でした。
スモークの焚き過ぎでちょっと煙たい思いもしつつ、開演時間に。

時間を遅れて、いつものSE。
ほっ、今回はちゃんと反応できたよ。
客電が落ち、真っ暗なステージに人の影が・・・。
ムンクの叫びみたいなマスクに、魔法使いのような黒服。
なるほど、この人たちが噂の前座の人たちね。
曲は聴いてた通り、「ラストカレス」。
う〜ん。なんでこの曲を選曲したんだろう・・・。
意識してない訳はないよね・・・?
ちょっと黒夢を思い出して淋しい気持ちになってるうちに、曲は終了。
前座のボーカルの人が前に出て、SADSの紹介をし、SADS登場!!

この日は清さん、青いジャケットで現れました。
そしてすぐに「TRIPPER」
続いて新曲、そして「Teen Age」
「Teen Age」がここで来るのはかなり意外な展開。
もっとしっとりした流れの時に持ってくるかと思ってたんですが。
セットリストを固定せず、色々出来るSADSだからこそ、何度ライブに行っても飽きないんだよね〜。

この後は「赤裸々」に始まり、新曲ラッシュ。
途中、清さんがポカリを客席にばらまいたのが、真っ直ぐ自分達の方に。
なんか、スローモーションのように水玉が降ってくる瞬間・・・。
ちょっと感動。
後々手がベタ付いてくるのには困ったけど(笑)。
「SAD PAIN」「ストロベリー」は、聴くたびに味が出て好きになる曲です。
早くCDにならないかなあ・・・。
ちゃんとした歌詞を知りたいし。

「BAT MAN」はやっぱり楽しい!!
たけともくんは結構動いてたかな。
でもあんまりジャンプとかはしなかったです。
そして自分の隣りの知り合い。
牟田さんカッコイイ&カワイイを連発(笑)。
清さんファンの自分が言うのもなんですが、SADSは決して清さんのワンマンバンドじゃない。
こういう声って嬉しくなるね。

清さん再登場後は、激しい曲中心に暴れまくり。
清さんもMCで「何度か松山に来たけど、今日が一番いいんじゃないか」と。
ただ、客が何度も席を離れて前に詰め掛けてたのは気になりました。
ヒートアップするのは解るんだけど、ルールは守ろうよ・・・。
何かあった時、困るのは自分達以上にSADSなんだからさ。

そしてメンバー退場。
何と牟田さんの投げたスティックが真っ直ぐこっちの方に。
もう少しでとどきそうだったのに、すぐ斜め前のカップルがゲット。
しかもしばらく気付かず、カップルどうしで奪い合いしてました(笑)。
もちろん私の隣りの知り合いがメチャメチャ悔しがってたのは、言うまでもない(笑)。

アンコールのコールは、みんな結構元気。
そしてアンコールでまたまた意外な事が。
1回目のアンコールの最後、「憂鬱という名の夢」で終了したんです。
このあとは当然HAPPYだと思ってた自分、ちょっとびっくり。
2回目のアンコールで、「TOKYO」の後に「HAPPY」をやりました。
意外だったけど、かなりイイ感じ。
結局、アンコール4回。
最後は「TRIPPER」
清さんもメチャメチャ回ってましたし、客もイイ感じで暴れて終了。

地元での初SADSを、結構イイ感じで体験できました。
最高のライブにはもう少し足りないかな。
でもめちゃめちゃ楽しかったです。
来年はいつになるんだろう?
松山は絶対行きます!!



HOMEへ SADS TOPへ LIVEへ