DIARY

cross

2006年02月


2006.02.27 〜ホテル・ルワンダ〜

友達と映画を見に行こう、って話してたんだけど、
一番見たい!って盛り上がってたスキージャンプペアは、結局勤務が合わずに行けず。
ビデオになるのを待つ事に。
ってわけで、ホテル・ルワンダ。
同じホテルでも大ヒットの有頂天ホテルでなく、こっちを選ぶ所が私達で(笑)。
でもこれは友達ではなく、私のリクエスト。
前にテレビで紹介してるのを見て、本当に見に行きたかったのよ。
あんまり映画を見に行かない私にしては、本当に珍しい事で。
だって、実話を元にしてるんだよ。
それも1994年っていう、ほんの最近の話。
…みんな、この事件知ってた?
私は知らなかった。
それともニュースでは見て忘れちゃったのか??
映画の中でジャーナリストが、この虐殺映像を見た世界の人々は「恐いわね」って言っただけで終わり、みたいな事を言ってましたが、
それがまさに自分の姿。
ルワンダの事件は対岸の火事。
そんな自分が歯がゆくなります。
主人公のポールは決して素晴らしい正義感の持ち主って訳じゃない。
ただ家族と隣人達を守ろうとしただけ。
…生きようとしただけ。
宗教・国・思想・人種…。
それぞれ信じる物が違えば、正義も違う。
だから争いが起こるんだろうけど、生きるという命題はみんな同じ。
そこにどんな違いがあるんだろう。
アフリカ人は二ガーにも劣る?
外国人の神父は助けるけど、アフリカ人のシスターは見殺しで良い?
夫は同じ人種だから助けるけど、妻は異人種だから殺す?
…そんな、平和に慣れた私には不条理だけど、現実に起こっている事実。
色々と考えさせられました。
結局ルワンダの紛争は収められたけど、今現在でもスーダンとか、世界のどこかで同じような紛争が起きているらしい。
アクションとか娯楽映画の爽快感は無く、重い気分で映画館を離れました。
でも、良い映画を見られました。
署名運動で上映まで至った、全ての関係者にありがとう。

そして予想外のビックリ。
ジャン・レノ出てました。
めちゃ嬉しくって思わず叫びそうになったよ(笑)。
大好きなんです、ジャン・レノ。
思わず終わってから友達とあれ本物だよね!?とか言ってるし(笑)。
フライヤーにもポスターにも公式サイトにも何も書いてなかったのに、本当に嬉しいサプライズでした。
…ある意味、彼のおかげで救われた感じ(笑)。
や、ジャン・レノ居なかったら、私の中ではもっと重い存在になってたので。


2006.02.26 〜マンガ〜

色々とゲット。
本当に置き場所無いんだけど、どうしよう(爆)。
今は本棚に入りきらない本は本棚の横のタンスの上に平積みされてるんだけど、
そこは猫達が本棚へ上がる時の通り道。
さすがに安定の悪い本は踏まないけど、走って通り抜けると振動でマンガが落ちて来るという…(笑)。
早くなんとかしなきゃね。

まずは蟲師。
来月にはアニメも終わっちゃうけど、マンガはまだ続きそうです。
春らしく桜の話とか、子供を愛せない母親の話とか、淡幽の一族と関わりのある薬袋の話しとか。
今回は今まで以上になんだか救いの無い話が多くて、ちょっと後味がブルー…。
水鏡の女の子のおかげでなんとか救われた感じ。
ま、世界観とかかなり好きだから、そんな事じゃ嫌いにはならないけど。
でもやっぱ淡幽好きだなあ。

そしてヤプー。
好きだけど、クド過ぎかな。
説明も良いけど、話しももう少しサクサクと進めて欲しいと思うのは私だけ?
ストーリーとヤプーの用途とかの説明と、別冊で2冊仕立ての本にしたらどうだろう(笑)。

そしてサイコ。
…やっと出たよ。
もう前回までの話忘れたっつーの(笑)。
そして、このサイトのタイトルがサイコから取ったのを久しぶりに思い出したよ(笑)。
約1年半ぶりに出たこの新刊。
新章突入でようやく核心の部分に近付いてきたかな。
ってかルーシーの音楽がウサギにも効果あり、ってのはどうかと思う。
そして西園伸二が多重人格探偵を名乗ってるのもどうかと思う。
あのタイトルは勝手に無理やり付けられた、って怒ってたのに、結局はネタにしちゃうのね。
ま、どうしても重い話だから、こうして遊びも入れなきゃキツイのかも。
書く(描く)方も、読む方も。
さて、ようやく大江公彦と℃も出てきたね。
…アッサリ死んじゃったけど(爆)。
12巻はまた現在に繋がっていくらしいから、楽しみ。
…また2年くらい待たなきゃなのかな(笑)?


2006.02.25 〜DUSTAR-3 ライブ〜

久しぶりのダスター。
約1年かけて回ったツアーの最終日です。
年末の全曲ライブでかなりお腹いっぱいだったんだけど、やっぱ好きだわ(笑)。
清春さんとは全然タイプが違うんだけど、これはこれで。
ユキちゃんは相変わらず自分とダスター大好きだった(笑)。
ヒマは相変わらずパンツだった(笑)。
そしてノイは相変わらずおバカだった(笑)。
ま、たまにはこういうのも良いんじゃないかな、って感じで。
そしてみんな言ってた様に、ツアーラストだけどこれで終わりじゃない。
またすぐ次のツアーが始まります。
楽しみ。


2006.02.22 〜猫の日〜

ユダ 朱尾 今日はにゃんにゃんにゃんで猫の日らしい。
我が家は毎日が猫の日だけどね(笑)。
もう猫が居ない生活なんて考えられません。
毎朝猫に起こされ、夜は猫と一緒に寝る生活。
健全なんだか、寂しいんだか(笑)。

ウチの実家は私以外はみんな犬派なんだけど、それでも一時期猫を飼ってた事がある。
ノラを私と確か弟が拾ってきたんだったかな。
ペルシャの血をひいてたのか、真っ白できれいなオッドアイの子だった。
ある時ふらっと出て行って、そのまま帰ってこなくなっちゃったんだけど。
その後近所でもまったく見かけなかったから、きっと何処かで…。
猫は死ぬ時は家から離れて死に場所を探すって言うからね。
ま、その子はまだ若くて寿命じゃ無かったはずだけど…。
時々ふと、その子はどうしたんだろうと考える事がある。
ウチにいたのは短い間だったけど、たっぷりの愛情をかけてあげられたかな?
寂しい、不快な思いはしていなかったかな?
今となってはもう解らない。
その分、今の子達にはたっぷりの愛情をあげましょう。
…甘やかしすぎておデブな、私以外に無愛想な子になっちゃったけど(爆)。
それでもやっぱりウチの子達が一番(笑)。


2006.02.16 〜マシュマロ〜

マシュマロ 先月末に山梨に行った時、友人にお土産にドライフルーツのパウンドケーキを焼いて行ったのね。
最近はお菓子作りがマイブームな私だけど、それ以来は作る暇無し。
で、何か作ろうとネットで色々とレシピ検索。
バケツでプリンを作ろう、なんておバカで素敵なサイトを発見(笑)。
うん、夢ですね(笑)。
そして私のプリンは必ずカラメルを固めてしまうんですが、そのヒントも別のプリンサイト(笑)で発見。
次回試してみよう。

そしてそんなプリン作りの時、余った卵白で何か出来ないかと検索してたら…。
マカロンとかマシュマロとか、素敵なお菓子があるじゃないの。
マカロンは難しそうだけど、マシュマロなら自分にも出来そうじゃん。
って事で、余っても無いのに早速チャレンジ。
逆に余った卵黄は晩ご飯のうどんにでも入れましょう(笑)。
マシュマロ、本当はコーンスターチで作った型に入れて固めるみたいなんだけど、
面倒くさいのでラップを敷いたバットにそのまま流しいれて、固まってから切る事に。
ナイフにもコーンスターチを付けながら切ったら、くっつく事もなく、大丈夫でした。
軟らかさも味も、満足。
これからも私の定番おやつになりそうです。


2006.02.14 〜バレンタインデー〜

チョコ はい、バレンタインデーです。
皆さんは誰に送りましたか?
…わたしは本命チョコは無しです(爆)。
職場の男性陣には女性陣みんなで送りましたけどね。

そして画像は私がもらったチョコ。
美味しかったです。

しかし某TV番組でやってたけど、世の人(男性も女性も)の過半数がチョコを送るって風習をやめたいらしい(笑)。
ま、本命はともかく、ギリとか職場とか考えると大変だもんね。



2006.02.09 〜ライブ〜

清春さんの天使の詩・官能ブギーツアー開始です。
そして今日は初日で唯一の都内でFCオンリー!!
こんなライブに行かずに清春さんファンを自称出来ません(笑)。

ツアー初日だけどFCだからって、官能ブギーからはあんまやらずに意外なの満載。
まず1曲目から優しい悲劇(!)だし。
2月だからか(笑)?
そういやアンコでも2月やったし、意識はしてたんだろうね(笑)。
やった曲はSadsからはDEPRAVITY DAY、AWAKE、WIZARD、GHOST、ID POP、Happy、楽園、NOTHING あたり。
黒夢からはマリアとかかな。
衣装は本編は黒っぽいスーツ、アンコ1は例のコートの黒。
アンコ2はタンクトップにノースリーブのベストに金のストールと黒いハット。
アンコ3・4はフード付きのチェックのシャツ、アンコ5は白いジップアップのジャケット。
どれも超素敵!!

そして、今後もツアーごとくらいにFCライブを定番化するらしい。
で、本編ツアーでやれない曲をすると。
次のアルバムは清春さん的には直球な曲。
官能ブギーのツアーはそんな次のアルバムとツアーの前置きな感じの内容になる。
・・・雑談はたくさん話してたけど、音楽的にはこんな話してたかな。

そして!
清春さんからファンにありがとう、ってCD貰ったよ!!
楽園が収録されてました。
ファンにありがとうって、こちらこそありがとうだよ。
こんなにファンを大切にしてくれてる清春さんが大好きです。

そして終演後、グッズはあらかた売り切れてた・。
次の名古屋とか、ツアー本編には補充されるのか!?

こんなFCライブとはまた違う、ツアー本編が楽しみです。


2006.02.08 〜やってらんない〜

ユダ 朱尾 先日温泉でリフレッシュしたばかりだというのに、もうすでにイライラモード。
リフレッシュしてから1週間も経ってないよ(爆)。
もうちょっと楽しく仕事をさせてくれ…。
ウチの職場って、私が言うのもなんだけど、特殊でかなり良い所だと思うのね。
だからといって、職員の待遇も良いとは限らない(爆)。
毎年退職者がたくさん出る事からも、その答えが出てる気がするけどね。
しかも、新人より経験者がどんどん辞めていく現状を、上はどう思ってるんだ。
そして新しく入れる職員は新人ばかり。
確かに新人は人件費が安く済むけどさ、本当にそれで良いのか?
このまま経験者が辞め続けて、新人ばかりが入ってきてたら、いつか仕事の質がガクッと落ちるよ。
確かに若さのパワーも素晴らしい。
でもこの仕事、若けりゃ良いってものでは決してないはず。
上は、いつになったらそれに気づくんだろう。
せっかく良い仕事なんだからさ、もっと経験者が残りやすい環境を作ってください。
そんな話しをサブの人とした翌日。
どうも今後の残業代がカットされそうだと言う事が判明(爆)。
昨日、サブとまだ働きますから頑張りましょう、って話してた所なのに、すでに辞めたい気分です(爆)。

そんなイライラの後は、やっぱ猫と遊ぶ事だね(笑)。
って事で、今回は2匹の変ポーズ。
ユダはもちろん変なポーズだけど、朱尾もよく見ると自分の後ろ足を枕に寝てるの。
さて。
明日からも自分と猫達がちゃんと食べていけるように、仕事頑張ります(笑)。


2006.02.09 〜DEATH NOTE〜

やっぱり週刊誌に掲載のマンガは出るのが早いです。
Lとの心理戦は好きだったけど、やっぱニアにはやや負けてる感じが否めない。
まあノートがまた他人に渡ったり、進展はあったから今後に期待。

それにしても、DEATH NOTE 映画化だって?
しかも実写って。
しかも2部構成って。
死神はCG かな?
でもこのマンガって台詞より心の中で喋ってる言葉の方が多いし、どうするんだろ。
見に行くかどうかは…まだ不明。
今はDEATH NOTE より、井筒監督が☆3つ付けてた、ホテル・ルワンダを見に行きたいです(笑)。









2006.02.04 〜箱根〜

町並み ステンドグラス 星の王子様 朝起きてご飯食べて、またも温泉。
のぼせそうになりつつ、もっとつかってもいたくって。
でも幸せ温泉三昧も今日で終わりです。
チェックアウトして、今日は星の王子様博物館へ。
画像は全てそこのもの。
異国みたいで素敵でしょう?
真ん中は教会のステンドグラスなんだけど、バラとキツネ、解るかな?
バラはともかく、キツネは周りと同じ色だから、解ってないと見分けられません。
わたしもガイドの人に言われなかったら解らなかったと思うね(笑)。
そんなこんなで1泊2日の女3人箱根旅行も終了。
温かな温泉に美味しいご飯に素敵な友人。
これで何とか明日からの激務も頑張れそうです。


2006.02.03 〜温泉〜

山芋定食 夕食 先日山梨行きで連休をとったばかりだと言うのに、またも連休です。
月が替わったのでそんな暴挙も大丈夫なんだけど、本心は今の仕事は本当にキツイから、
休みを取らなきゃやっていけない、って所かも(爆)。

日勤より少し遅い時間に家を出発。
新宿で友人達と待ち合わせて、新型ロマンスカーで一路箱根湯本へ。
温泉なんて本当に久しぶり。
一時期は、自分はもう一生温泉には行かないかも、なんて思ったりしてたのにね(笑)。
昼前に到着してその辺をブラブラ。
和菓子屋さんで甘酒飲んで温泉饅頭。
どちらも美味で身体もポカポカ。
お昼ご飯は画像(左)の山芋定食。
本当に山芋三昧で、お腹いっぱい。
駅の近くのおもちゃ博物館に寄って、ホテルへ。

今夜の宿は温泉施設「湯の里」を併設してるホテルおかだ。
思ってたより大きいホテルっつーか旅館でしたね。
さっそく温泉に入って、湯の里のお風呂全制覇(笑)。
明るいうちから入る露天風呂、良いねえ。
いったん出て部屋で夕食。
生物やエビがダメなツレには辛かったみたいだが、私はどれも美味しく頂きました。
テレビ見てダラダラして、もう一度お風呂へ。
今日一日で身体がすっかりほぐれた気分です。
箱根湯元のお湯は、かなりサラサラでしたね。
やっぱ温泉って良いね〜。




HOMEへ DIARY TOPへ