DIARY

cross.logo
2001年9月


2001.9月 〜何だかとっても悲し気なニュースが、見上げたN.Y.の空に立ち込めている〜

9月・・・10連休を取ってライブ三昧の夏休みを過ごしました。
個人的にはとても楽しい9月でした。
でも世界的には色々大変な9月。
なので、日記ではなく、個人的な意見など。

9月11日、N.Y.のWTCビルやペンタゴンに航空機が激突。
最初は大変な事故かと思ってたら、テロ事件だと判明。
航空機を一気に数便ハイジャックして、そのまま乗客とハイジャック犯ごとビルへダイビング。
ハイジャックされた航空機の乗客、ビルやその近くにいた人達の命がたくさん奪われる大惨事。
WTCビルも完全に倒壊しちゃって、今後どうなるのか・・・。

色々言いたい事はあるんだけど、何を言って良いのか、自分自身にも解りません。
某BBSでも話題になってたし、某ライブであるバンドさんがMCで話題にもしてた。
大好きな(笑)ZIGZOの哲さんもタイトルのように唄ってた。
「ZIGZOを好きな人もそうでない人も、同じ日本人、同じ地球人です。」って添えて。
やっぱ哲さんの表現にはグッとキましたね。
コトバを重ねなくても、サラリと、さりげなく、でも心からの叫び。
私にはそんな上手な表現は出来ません。
結局ダラダラと駄文になりそうだけど、でも何か言わずにはいられなくて、この日記を書いてます。

まず、ハイジャック犯を含め、テロ組織の人達。
あなたたちの目的は何?
自分達の正義を全うする事?
それともただ、人を殺す事?
そーだよね、あなたたちにも信じる神と正義と信念がある。
それに従う事は、しごく当然の事なんでしょうね。
私には理解できない信念だけど、生きてきた環境が違うからには仕方ない。
でもそのためなら何をしても良いの?
あなたたちにとっての命って何?
誰にも命を粗末に扱う権利はありません。
・・・もちろん、「あなたたち自身」の命も。

そしてアメリカ。
報復って何?
テロの首謀者を捕まえて終わり?
それとも戦争にまで発展させるの?
確かに今回の事件はひどすぎる。
ちょっとやそっとじゃ許せないってキモチも解る。
でも、暴力をチカラで押さえつけてどうなるの?
血で血を洗うことの無意味さにまだ気付かないの?
確かに私は安全な日本にいて、知り合いもみんな今生きている。
第三者的意見なのは認めます。
・・・これって偽善?

そして日本政府。
「アメリカを全面的に支持し、協力する」って言ってたけど、これってどこまで?
戦争に自衛隊を派遣するの?
そのための憲法改正なの?
何の為に日本は戦争を放棄したの?
たくさんの犠牲を払って、やっと戦争の愚かさに気付いたんじゃなかったの?
確かに私は「戦争を知らない子供たち」だよ。
私を含め、日本は平和ボケしてるって言われても反論できない。
でも、だからこそ客観的に見えてる、見られる部分もあるはず。
日本の出来る事と出来ない事、しなきゃいけない事としてはいけない事を間違えないで。

人間って何だと思う?
・・・って極論をここで言うのは私にも無理だしわかんない。
でも、私の考える動物達と人間の一番の違い。
動物は今を生きるものだけど、人間って唯一過去を見る事の出来る生き物だと思わない?
過去を振り返り、反省できる生き物。
今までに何度争いがあったのか・・・。
そんな過去から学んだ事って何も無いのでしょうか。
何度同じことを繰り返したら、こんなことの無意味さに気付くのでしょうか。
もうそろそろ終わりにしようよ。

命について。
上にも書いたけど、命って、誰にも粗末に扱う権利はない。
他人もだけど、もちろん自分自身にも。
命に優劣はないはず。
例え善人だろうが、殺人犯だろうが、5000人を殺したテロの首謀者だろうが、重さは同じ。
そう、私は死刑反対論者です。
だれにも、人の命を裁く権利はないと思ってます。
だから、今回の事件でイチバン思うのは、テロ犯に対する怒りではなく、
テロ、アメリカ、日本・・・全ての人に対する淋しさ、やるせなさです。
お願いだから命を計りにかけないで。

テロ事件とは関係無いけど、自分が死刑反対論者だって書いたついでに。
職業柄、いくらか他の人より、命に触れたり考えたりする機会は若干多いかな。
自然な死はやっぱり理想だけど、それだけではやっぱり机上の空論でしかない。
自然ではないけど、避けられない死と向き合う事も無いとは言えないよね。
一つは中絶。
学生の時の産婦人科実習では、中絶手術にも立ち会いました。
命が生まれるすぐ隣りで、生まれる事の許されなかった命もある。
これってとっても不条理に感じた。
でも、不幸な子供を増やす事は、もっと命を軽んじる行為だと思うから・・・。
仕方ないとは言いたくないですけど。
そして尊厳死。
尊厳死、簡単に言うと自分が不治の病に掛かって末期になった時、無意味な延命治療を拒否する事。
無意味な延命治療の代わりに、自分らしく人間らしく死を迎える事。
あくまでその決定権は自分自身であり、第三者に委ねられる安楽死とは違います。
その尊厳死の意志を英語でなんて言うか知ってる?
直訳ではないけど、「LIVING WILL」なんだよ。
「DYING WILL」では決してない。
より良い死ではなく、より人間らしく自分らしく「生きる」こと。
私には尊厳死を100%認めるほどの知識はないけど、それでもこういう考え方は好きです。

って、だんだん事件と関係無くなっていくうえに、
自分自身、何が言いたいのか解らなくなっていってます(笑)。
テロ事件に関しては、自分自身の中でも、こうしたら良いって結論は出ません。
でも私も世界も、いっぱい間違いも犯すだろうけど、ちょっとでも良い方にすすみたいですね。
私に何が出来るって何も出来ませんけど、
それでも自分らしく、一生懸命生きていきたいです。
そんな感じ。
みんな、一生懸命生きていきましょう。

最後に、この事件で命を落とした全ての人に、心からご冥福をお祈りします。




HOMEへ DIARY TOPへ