JavaScriptによるCCD&デジカメの画角計算(1)
CCD FOV (Field Of View) Calculator Ver2.4
- Guidance -
Last modification : Nov.25.2007 at 01:45
Create on May.20.1999

Copyright(C) 1999 M.Jimbo & T.Jimbo System Design / Toru Jimbo (IPL)
●はじめに●
このソフトは主に天文用冷却CCDカメラの画角計算をweb上で行うために JavaScriptで開発したものですが、汎用データとして通常のデジカメや基礎的な 設計で使用するCCDチップの画角計算も可能です。
Although this software is developed by Java Script in 1999 in order to mainly perform FOV calculation of the cooling CCD camera for astronomy on web, FOV calculation of the CCD chip used on a usual digital camera and a usual basic design as general-purpose data is also possible.
●デジカメのメーカーさんにお願い●
デジタル・スチルカメラの特に一眼レフタイプのカメラを製造されているメーカー さんにお願いがあります。カタログやオフィシャルサイトにてCCDやCMOS等の 全体の画素数やチップサイズは公表されておりますが、正確な1画素のサイズを表記 されていないメーカーがほとんどです。 天文関係のユーザーは天体望遠鏡による撮像時に1画素の視野サイズを計算する必要 があり、また天体の対象によって全体の画素サイズとともに1画素サイズの情報は 機種選択の基準となります。 現在このサイトをご利用いただいている多くの天文関係者から多くのデジカメの情報 を入れるよう要望されていますが、メーカーが公式に撮像素子の1画素のサイズを 公表しているのはCanon社だけなので、当サイトではEOSシリーズのみ掲載 せざるを得ません。デジカメの科学画像を扱う天文関係者が増加の一途をたどって いる現在、メーカー自身による1画素サイズの公表を是非ともお願いいたします。 Oct.28.2007
●最新アップデート情報●
Nov.25.2007NikonのデジカメD300 を追加New
Nov.25.2007NikonのデジカメD3 を追加New
Oct.28.2007CANONのデジカメEOS 40Dを追加
Nov.24.2006画角表示の拡張(Hnskyに対応)
Sep.15.2005CANONのデジカメEOS 5Dを追加
Apr.20.2005CANONのデジカメEOSシリーズを追加
Apr.19.2005
画面の表示をより見やすくするため整理
画角の「分」を小数点で並列表示
SBIG/STLシリーズ5機種追加
Mar. 8.2004Philips ToUcam Pro追加
Jan.27.2003 画面の表示をより見やすくするため整理
1画素のサイズを正方画素以外に対応。ST-4,ST-6もOK
1画素の視野を縦横別々に表示できるように変更
内部データテーブルを14カラムから16カラムに変更
Jun. 7.2002CCDカメラだけでなく、KODAKのFF-CCDチップを追加
Apr.23.2002SBIG/ST-2000XM,BITRAN BJ41L,C追加
Nov.11.2001Binningによる画角計算で不具合の個所を修正
Nov. 9.2001 StarFactory(笠原氏)のCCDpro,PLANETproシリーズを追加
内部データテーブルを10カラムから12カラムに変更
Oct.13.2001Binningモードの計算機能を追加
Oct. 7.2001画面のフォーマットを変更
Oct. 1.2001Apogee社のAPシリーズを追加
Aug.26.2001 SBIG/ST-100E(仮)はST-1001Eに決定したので、
データ名称をST-1001Eに統一
May.20.1999FOV Calc Ver1.0 開発
●このソフトの使い方●
0.
まずブラウザのオプションで、Javaの使用に関するチェックボタン
をすべてONの状態にしないと正確に動作しませんのでご注意下さい。
1.
この「CCDの画角計算」ソフトは、「データ入力」欄の窓に指
定した数値または数値を含む数式を入れてTABキーを押下、また
は下の[ENTER]にマウスポインターを置いてクリックすると、
「計算結果」欄の窓に画角が表示される簡単なものです。入力する数
値は、必ずミリ単位で入力してください。
2.
「データ入力」欄の窓に入力するデータを一部変更し、繰り返し
[ENTER]を押して計算させる事もできます。全ての窓のデータ
を消去させる場合には、「計算結果」欄の窓の下の[CLEAR]に
マウスポインターを置いてクリックしてください。
3.
「データ入力」欄の窓はエバリュエイトになっていますので、例
えば光学系に0.7倍のレデューサー等を併用しているのであれば、
焦点距離 = 1800*0.7
のように数式を含んだデータを入力することができます。また、
デジカメ等の計算で一般カメラ用レンズを使用する場合は
光学系の口径 = 300/2.8
のように入れてください。別項目への移動はマウスだけでなく、
キーボードの[TAB]を押下することでも可能です。
4.
Ver2.3以前をご使用の方は、Ver2.4に更新してください。
(1)CCDのデータ入力を選択ボックスから選べます。
SBIGの他にビットラン,Mead,Mutoh等の冷却CCDの
データが入力してあります。これ以外のデータは、[Free Data]を選
択して各項目に入力してください。
(2)ビニングの場合は、冷却CCDカメラの選択をしてから目的のビニン
グモードをセットして計算できます(新機能)。ビニングデータを変更
して再度計算する場合には、必ず[ENTER]を押してください。
デフォルトでは1x1となっています。
(3)<CLEAR>ボタンを押すとCCDの寸法データも消えますが、
他のCCDを選択するとまたデータが表示されます。CCDのデータを
変更したら、必ず<ENTER>ボタンをクリックして下さい。
ブラウザの更新ボタンですべてリセットできます。
5.
このソフトはフリーソフトですが著作権を放棄しておりません。
個人として楽しむ他は、著作者の許可無く販売並びに第三者に有償での
配布や閲覧、あるいは転載する事はご容赦ください。
6.
計算をしてみたい方は、下の[NEXT]をクリックして下さい。
尚、ご質問などございましたらトップページのメールBOXからお送り
ください。[ FOVC製作/著作 神保徹 ]