運動にとっての勢いとは
                      中央執行委員長 森垣秀介
質問 運動にとって勢いとは何でしょうか?
森垣委員長 運動にとって外的側面の勢いも必要です。勢いある所に大衆は雪崩れ込み巨大運動となるは古今東西の歴史が雄弁に語っています。しかし大運動を導く勢いはそれを起動させるに相応しい実体あって初めて実現できるは当然です。表面上の勢いに惑わされることなく崇高ロマンに向かって邁進する冷徹実体こそ最も重視しなくてはなりません。わが運動ではその実体を「強固な指導者原理」「鋼鉄の結束」「神秘性とダイナミックな行動原理」と考えています。一糸乱れぬ厳格規律と責任体制に立脚された過激性、成長発展し続ける個の力量の集合体としての組織力、緻密計算に裏打ちされたダイナミック行動原理こそ勢いを自らの力で作りだし存分に力を発揮させる要素に他ならないからです。

質問 自らの力で作り出す勢いとは?
委員長 発足以来、一貫してこれら実体構築を常に意識し追及し続けています。わが大ロマンの前には果てしなくも遠大な未解決問題が山積しているは当然。世界史をも変革せんとするわが世界観に終着点はあり得ないのです。
 有機体たるわが運動はその成長・力量に応じ達成すべく目標が用意されており、一段達成されると瞬時に次段階に向かって前進し続けることが義務付けられています。休憩など不要のわが運動にとって、新たに挑戦し続ける意欲と野望こそ、気迫と勇気に裏づけされた勢いであると自覚しているわけです。わが新文明闘争の遠大な行軍の前には、路傍の事象に一喜一憂している暇は断じてあり得ないのです。故に、わが運動の「勢い」とは浮ついた派手に拘泥する必要は断じてなく、今後殺到する艱難辛苦をものともしない強固意志それ自体を指すのです。まさに強力指導者組織の構築発展を、自ら確信できることが「勢い」であるわけです。
 
質問 まさに死をも恐れぬ魂を見る思いがします
委員長 戦後ボケ平和の中で忘れられた重大事に、死に対する意識低下があります。
この場合の死とは「死は誰でも怖い」といった通り一遍の意識ではなく、途中下車不可の死への道を「駆け抜けてやる!」という強烈な覚悟即ち死生観を指すのです。この「必死の王道」に乗った以上はそれ相応の自覚をもって歩武を進めることが人生ではないかと思うのですが、なにやら現今は、将来に不安を抱くも末法思想の如く不安を振り払うが為に刹那的享楽に明け暮れる無節操が跋扈する。
 このような死に対するおざなり意識は必定、生に対する無為無策に直結せざるを得ません。戦後ボケ平和の汚泥の中、死生観をなおざりにした浮遊物と化したデモクラシー信奉者は、何に付けても「無責任・無自覚・無気力」を地で行き、挙句は祖国の生き死にさえ外国勢力に委ねんとする言語道断の売国的策動を行なってきたわけです。
 このような三無主義的売国奴に取って代って、祖国と己を狂愛する人材を置きかえることなしには断じて祖国の再建は実現出来る筈がありません!
 わが運動はこの見地から、政治運動は即ち人間変革運動たるとの確信から、責任指導者育成・自己変革・自尊心確立に立脚した青年運動を展開し邁進してきました。天下国家・世界を変えてやろうとする大前提は、己自身の変化が国家変革へ直結するというロマンと野望に他ならないからです。わが運動は、現状満足と現状維持を唾棄し、失敗をも恐れぬ「新たな挑戦」を同盟員・会員に要求し続けお蔭で多くの人材が己の限界をものともせず、全力でより高い要求に挑戦し続け、自らを鍛え自らの成長を自覚できているのです。

質問 同盟は組織力を重視しますね。
委員長 当然です。個人でできること、組織でしかできないことを明確に峻別し、それぞれ計画し実行することが運動拡大・権力奪取に不可欠であるは言を待ちません。また、その組織力を動かすものは、唯一明確な責任体制の確立以外ありません。責任者の責任範囲が明確化され指示命令系統が確立されずんば、絶対に強力な組織などは確立されるはずがありません。故に二人いれば主従関係が出来上がり即、組織活動ができる仕組みこそ数百万単位の大組織の原点であります。わが運動の指導者原理はあらゆる範囲での責任者の所在と範囲をはっきりさせ、その指導の下で運動に邁進できるシステムを指すのです。
 ここから明らかにされることは、各指導者は責任を負うべき肝を持たねば成らず、その断を下すべく力量と率先垂範の意志行動が断乎要求されるということであります。
 戦後デモクラシーの歪んだ多数決民主による無責任と他人任せが現今世情を如何に混迷させていることか!わが運動は、現今跋扈する「弱者同盟」や「互助会」を激しく唾棄し、強力な個を生み出す指導者組織を目指し、「組織への依存」を排除し「組織への貢献」の意志ある人材を強く要求し続けたがため、多くの志士が参画しております。

質問 わが運動に今後参画したいと思っている方々に一言。
委員長 己を愛する者こそが他人を愛することが出来る。己を成長させたい者こそが他人社会を発展させることができる。現今自由民主主義の虚構の社会において、如何に近視眼的な価値観しかあり得ないか!短所にいつまでも呪縛された己の小市民的価値観を怒号と憎悪とともに振りほどき、長所のみを見据えた大ロマンに生きる戦士たれ!貴兄の自尊心、勇気覇気を醸成させる原動力は、一に貴兄自身の願望の中にあるを強烈に自覚せよ!その意志とロマンを具現化させ天下に己の存在意義を知らしめるべく野望の持主こそ、わが運動の隊伍を組む資格があるのです。いま周囲の意見に惑わされ右往左往する人生に訣別し 自らの意志を鍛えよ!わが同盟の鉄の戦列に参画せよ!黒色隊服に身を包んだ凛々しい貴兄の雄姿が想像できるではないか!
 戻る