全千島樺太奪還!

西暦1855年2月7日、日露国境を定めた通好条約締結日を政府は北方領土の日と定め4島返還の根拠とする。
その後1875年千島樺太交換条約、1905年日露戦勝ポーツマス条約で、全千島南樺太は正式に日本領土となる。
だがソ連は昭和20年日ソ中立条約を一方的に違反し満州に侵略、無辜の在留市民を殺戮強姦の限りを尽くした。
北方領土も一気に南下し、樺太、千島を倣岸無恥に侵略しいまなお居座る。
サンフランシスコ講和条約に不参加。
SF講和によってわが国は領土を放棄するも、その帰属は当事国によって取り決めるものとされるがゆえ、日露国境は未だ不確定状態が続く。
わが運動はポーツマス条約締結の9・5こそ固有領土=全千島樺太奪還の日とし政府・露大へ毎年街宣している。
いまこそ、軟弱政府を粉砕し実力もって領土奪還せよ!

戻る