平和という名の墓標を粉砕せよ

 森垣秀介


一、反軍国の意味しかない平和の歪曲
 「平和」「平和国家」
 この空虚な言葉の前に、戦後真正面から異論を唱える勇気を持つ者は誰もいなかった。
 大東亜戦争敗戦によって、わが国は占領軍によって徹底した洗脳が行われ、「戦前=軍国主義、戦後=平和国家」と一方的に色分けされてきた。
 戦勝国の手によってわが国に付与された平和とは、本来もつ意味とは程遠く、単に戦前の軍国日本に対するアンチテーゼとしての極めて狭義かつ偏見に満ちた意味に限定されてきたのだ!
 まさにこの「平和」は、戦後への無条件賛美を強いるがための虚飾として利用されてきたに過ぎない。
 しかるに、「平和」という枕詞の付く戦後に異論を唱える者は一切の弁明の機会さえ与えられず、まるで魔女狩りの如く問答無用の非難中傷の十字砲火によって微塵に断罪抹殺された! 反平和・反戦後を一言でも発すれば、それは瞬時に、非人道なる極悪好戦鬼として焼印された!
 このように、わが国民は戦後一貫して平和呪詛の前に首をすくめ、社会的袋叩きを逃避し続けて来た。「平和」の冠を専横した戦後価値観!これに盲目的従属し、目先の現状維持に固執する者だけが常識人として評価されている戦後不条理。
 「戦後デモクラシーこそが最高、自由主義・民主主義に優るものなし!」と信じて疑わない現在日本は、畢竟、その根底に「安定=善、変化=悪」とする価値観に毒されているのだ!ゆえに、戦後日本にとって「不磨の大典」とされている戦後デモクラシーを少しでも傷つければ、とてつもない天罰があるに違いないと誰もが信じて疑わないのだ!
 このような戦後催眠下、戦後デモクラシーを変革せんとする行為は、神を冒涜する背信悪行と信じられており、このような「不心得者」は、「平和を破壊する好戦家」「危険思想」、挙句は「軍国主義者」として、その兆しがあるたびに戦後十字架にはりつけ厳しく断罪されてきたのだ!
 平和という「印籠」によって、あらゆる変化改革を安定と攪乱する悪として処断したのだ!
 まさに戦後日本の思考回路は戦後の出発点である昭和二十年八月十五日で停止したままである!
 これによって、日本は、現在も将来も、永久に敗戦国家たることを余儀なくされているのだ!
 平和の呪文を唱えながら,戦勝国は次々と日本の伝統文化歴史を破壊してきた。このように,平和を維持することは,即ち、敗戦国家=占領政策を甘受することを示すことに他ならない!
「平和」の美辞麗句によって、敗戦から脱却せんとする民族独立のあらゆる意志も意欲もわが国から剥奪去勢されてきたのだ!
 「自由・民主・平和」の三デマゴーグによって構築される戦後デモクラシーこそ、わが国を永遠に敗戦状態に置き続け、永久に占領状態に置き続けようとする植民地政策に他ならない!それはまさに平和の名によって行われる驚愕すべき民族洗脳政策であることを強烈に認識しなければならない!
 しかるに、わが国国民は金縛りにあったかの如く、「平和」祭壇の前にうやうやしく額ずくのだ!そして、「父祖のしでかした侵略戦争」に、末代にまで嬉々として懺悔儀式を繰り返すのである!
 そうだ!わが国にとって戦後「平和」の意味するものは、まさに日本民族の墓標を象徴しているのだ! いまこそ、歪められた平和の定義を再確認し、平和を弄ぶ対外傀儡勢力や反日分子どもを一掃しなければならない!
 
二、平和は最強の者によって作られる
 そもそも、一定の安定秩序をもたらす非交戦状態を平和とするなら、この平和状態は常に、時の強者の手によって構築されてきた不動の秩序安定を指す事は間違いない歴史的事実である。
 現に、パックス・ローマ、パックス・ブリタニカそして、パックス・アメリカーナは、まさに時代の最強国の名称を冠する平和の名を借りた支配そのものであり、周辺世界を圧倒し平伏させるだけの実力・脅威・威厳を持つものだけが、その栄光を獲得してきた。
 このような見地から鑑みれば、弱者が秩序の守護者たるべきことは断じてあり得ない。弱者は強者の肥しになることがあっても、強者や世界に向かって平和を強いることは断じてあり得ないのだ。
 戦後世界は、米ソ超大国の分割支配を経て、西暦一九八九年ソ連崩壊後、米国一国の支配秩序が続くこととなった。これによって、現世界は米国国益の追求の具と化してきた!
 「皆で世界平和を構築する?平和によって平等にその恩恵を得る?平和は決して中立国に危害を加える筈が無い?」空虚な平和の字句に浮かれて無責任論調が日本で闊歩する!
 自ら自立できず頭の上の蝿さえ追えない者が叫ぶ「平和」に一体誰が従うか?
 少なくとも,敗戦を克服し,来る戦争に勝利せんとする意志と実力兼ね備えた国家たれば、それに与する者も現われよう。新秩序建設の大号令を下す実力と覇気もった国家たれば、喜んで従う国も出でよう!
 新たな平和が旧平和にとって代わるが為には、厳然たる実力の交代が無くてはならない!
 これが最も明確な形で世界中に公布される手段が、他ならぬ、戦争である!
 まさに、戦争という明白な主役交代の舞台によって、新実力者の宣言一下、新秩序たる平和が高らかに世界に敷衍されるのだ。
 これが歴史だ!
 再度言おう!平和は、常に勝者によって作られ、勝者によって支配されるのだ!それは敗者の辛酸な犠牲の上に成立する不平等状態である事実を、はっきりと学ばなくてはならない!
 いつまでも敗者に甘んじ、勝者に擦り寄り、自虐的奴隷状態に安住を求めるが如き戦後日本の姑息な姿こそ、栄光日本の歴史に泥を塗る裏切り行為にほかならない!
 自虐と卑下の汚濁に染まり、ヘラヘラする醜態のどこに、東亜守護神として白人帝国主義と熾烈な死闘を繰広げてきた東亜光輝日本の姿があるのか?自尊心なき臆病国家は、もはや三流隷属民族の謗りを免れ得ないではないか!支那朝鮮からガ内政干渉で指図され、タガタ小突かれ右往左往するクズ国家に成下がった日本に、どうして世界平和貢献の大命が下され得ようか?
 五十六年間堆積された敗戦意識!これに塗れた日本は、東亜安寧に貢献する力も意志もないばかりか、自存自衛という独立主権国家としての自覚すら放擲している自らの馬鹿さ加減を、今まさに強烈に認識しなければならない!
 
三、戦勝日本の復活を急げ
 ボケ平和や念仏平和で物事がうまく運ぶのであれば、歴史は何の出来事も明記され得ないであろう。人類史は、誰が何と反論しようが紛れもなく、戦争の歴史であるのだ!
 戦争準備(戦前)―交戦状態(戦中)―占領状態(戦後)―戦争準備(戦前)が際限なく繰返されてきたことを歴史から明確に確認しなければならない!
 クラウゼビッツの言を借りないまでも、戦争は政治の延長である。ゆえに戦争の欠落した政治・国家戦略などはまったく意味をなさないということだ!
 歴史上の世界帝国、偉大な歩武を築いた国家がその金字塔を獲得できた理由。そして現在において尚、その民族の末裔が自らを重ね合わせて、祖国の偉大性と栄光の足跡に目を輝かせて熱く語るべく理由は、まさしく、祖国の戦勝!によるものである!
 わが国が、いまなお世界から畏怖と羨望で一目置かれている理由は、強力な戦争強者であったという余韻からだ!西暦一八九四年日清戦争、十年後の日露戦争、第一次世界大戦を経て、満州事変、日支事変で破竹の常勝!大東亜戦争緒戦では白人列強を粉砕駆逐!アジアに巣くう英蘭仏を撃滅一掃した栄光が燦然と輝いているからに他ならない!大東亜戦争自体はアングロサクソン白人の一斉反撃と謀略、米の理不尽な非人道的殺戮原爆とソ連の条約破りによって、多勢に無勢で敗退したものの、その実力と戦勝の栄光足跡は、民族矜持の脳裏から断じて剥がすことはできない!更に、東亜安寧に対する積極的貢献への天命は、すでに古代からわが国の頭上に下りていた事実を忘れてはならない!古代神功皇后の朝鮮進出、四世紀の半島出兵、戦国時代豊臣秀吉の半島出兵等はまさに時代の要請!東亜秩序に大きな実績を残したのだ。
 いまわが国は、負けるべくして負けた大東亜戦争の敗戦ショックにいつまでも引きずってはいられない!無敵日本を強烈に自覚し、天賦された天命貫徹の偉大な新文明闘争を開始しなければならない!
 特に、九月 日のポーツマス条約は、日露戦勝の偉大な記念日として明記されねばならない!近代において初めて白人帝国主義に打ち勝ったわが国は、白人コンプレックスに喘いでいた有色同胞に凄まじい希望と勇気を与えることとなった!トルコのケマルパジャ、支那の孫文はその代表であり積極的に日本に学び祖国の独立に大きく貢献したことは歴史から学ぶ事ができる。その一方で、日本を増長させれば有色植民地の独立意識が昂揚し、自らの世界征服の土台が瓦解すると認識した白人列強は、この瞬間から日本を有色人種の代表と断じ、徹底した撲滅策動を繰返したのだ!わが国の白人帝国主義打倒の天命を嫌が上でも認識せざるを得ない自覚は、この偉大な日露戦勝から始まった!有色人種の英雄・日本と白人帝国主義の壮絶な闘争は四十年間続き、追いつめられた日本は乾坤一擲の反撃に出るも遂に一敗地み塗れた。しかしこれは捲土重来、臥薪嘗胆の復讐戦を準備するがための非交戦状態に他ならず、早急な臨戦体制の構築が当然あってしかるべきであった!だが、巧妙な植民地支配主義者たる白人は、傀儡分子による間接支配を施して、永久な戦後状態=占領状態を作り上げ、復讐心さえ滅却させる策動を行った!
 しかるに、わが国から戦勝意識を剥奪し、戦争のできない不具者に仕立て上げた!いまだに日米安保、在日米軍の存在にも違和感すら感じない麻痺は、日本中に蔓延し、目的も緊張もない浮浪民族として無駄に生き長らえているのだ。
  いまこそ、戦勝日本の偉大な栄光を再確認し、戦後を払拭し、新たな臨戦体制を構築し、大使命貫徹の為の戦勝を獲得し、後世に誇れる偉大な歴史を構築しなくてはならない!
 アジア解放、自存自衛の世界史的使命を再認識せよ!
 白人帝国主義打倒の新文明闘争を貫徹せよ!
 日米安保粉砕し、強力国軍を創設し、東亜安寧に貢献せよ!
 大東亜敗戦の復讐戦を断行し、偉大な戦勝歴史を構築せよ!
戻る