平成17年度年頭に当って
中央執行委員長 森垣秀介

 本年は日清戦勝110周年、日露戦勝100周年!本来ならば民族にとって何にも勝る栄光の祭典が盛大に開催されるは当然!ところが敗戦国史観に呪縛された戦後デモクラシー信奉者どもは戦後60周年の十字架の前に額づき、わが国英霊を冒涜、鬼畜外敵に対し永遠の下僕たるを高らかに宣誓することであろう。
 戦後一貫してわが国は、国家存立の最低要件たる国防を外国に委ねてこれを放擲してきた。国防の去勢とは単に戦争能力の欠落した国家を意味するだけでなく、国家の生命力自体をも去勢されてたことを断じて忘れてはならない!
 外敵から独自で身を守らんとする意志も能力もない国家は、内外の重大事変に対して全く機能を果たすことが出来ないは至極当然の理である。即ち、近年当り前となっている不良外国人による度重なる犯罪、支那原潜の例を出すまでもなく外敵による領海侵犯にも指を食わえるだけの張りぼて防衛、更には古来から地震台風と共に歩んできたわが国において天変地異に対する舐めきった対応等々。これらの事前予期事後対処のどれをとっても、国家国民を何が何でも守護せんとする意志も意欲も全く見られない。国家は外敵によって滅亡するのではなく、内部崩壊によって自滅するという諺の通り、いまや国家と称する戦後日本は外国にこず回されるままサンドバック状態でその命脈を絶とうとしているのだ。
 諸君!
 嘗て、蛤御門の変で惨敗を喫した後、幕府に恭順を示す椋梨藤太によって藩内維新派を殺戮しまくった俗論党長州藩が、その後何故、一機逆転!維新回天の主役となり得たか!
また、歴史上、支那やロシアの度重なる抑圧を受けてきた東亜において、何ゆえ朝鮮が悲劇を見、わが日本が栄光を浴びることとなったのか!
 まさに、外敵勢力に屈服する者は刹那的な和平と安寧を得る代りに、とてつもなく大きな奴隷的鉄鎖の代償を被る事となるのだ!それに対し、決して外敵との不利な妥協を許さぬ強靭な意志ある者は、一時の破滅的危機に直面するも必ずこれを撃破し得る英雄によって国難を超克する天命を帯びるのだ!
 戦後日本は、目先の平和安寧にうつつを抜かし米国の核の傘の下で反核を叫び、支那朝鮮による内政干渉には土下座と札束外交で茶を濁してきたのだ。これで健全な国家運営や国益外交が出来ると思ってきたほうが笑止千万である!強盗に媚び諂い頭下げる馬鹿どもは、再び強盗に入ってくださいと懇願しているようなものに他ならない!
 舐められきった祖国は、永田町に巣食う恥知らぬ亡国どもの私腹追求の生贄となっているのだ!もはや許してはおかぬ!
 のうのうと日米同盟をわが国外交政策の基軸とし、ブッシュの私憤に手を貸し人物カネを投入させてきたアメリカの下僕・小泉は、145年前にアメリカの前に屈し奴隷的条約を締結させられ憂国志士の怒りに火をつけた井伊直弼が桜田門外でどのような姿と化したかを、しっかりと確認するが良いであろう。
 怒れる青年志士諸君!
 偉大な政治の年が到来した!
 昨年来の天変地異はまさに天が怒っている証左に他ならないのだ!
 天の怒りに応えるは憂国志士の使命たりを自覚し偉大な祖国再建に決起すべし!


  戻る