森垣秀介       もりがきしゅうすけ
(撮影 野本女史)                             

昭和32年3月東京生まれ。昭和55年 早稲田大学政治経済学部卒業。
卒論は「来るべき社会〜民族社会主義」。その後
重遠社を経て平成7年 超国家主義『民族の意志』同盟を結成。
戦後デモクラシー粉砕、白人帝国主義打倒を基軸に、
「近代・西洋・キリスト教」に毒された既成文明に代わる新文明闘争を主導する。
また、党員会員に対しては「24時間365日運動」を要求し、
個々の自覚・自発・自信に基づく責務ある人格研鑽こそ政治の原点と指導する。 
主論文は「第四の維新」「食糧自給自足体制の確立」「国際連合の欺瞞」など。  
講義講演には「第四の維新」シリーズなど。