関西支部 7月14日(土)
本日の大阪の街は梅雨明けし昼前にも関わらず気温35℃を超える猛暑。
気温が上がろうが大阪突撃隊員には関係ない。何時もの様に、街宣前のタイムスケジュール、機材チェックを行う。そんな中ニ年ぶりとなる写真家野本女史が颯爽と現れる。
久しぶりの再会に喜んでいる間もなく、基本教練、関西支部名物武闘訓練を行う。
本日は二車両に別れ堀越神社に向かった。
JR天王寺東口駅に到着すると、支援者の方が待ち構えていてくれた。
本日の関西支部のテーマは「黒色戦線が街頭を統べる」である。
猛暑の中崎森班長の司会で始まり、白人優越史観を粉砕せよと訴え、次に赤井副班長が、弱腰政府の元凶である、戦後の議会主義、戦後の民主主義が日本を堕落させていると訴え、最後の弁士、小灘支部長が日本の腐敗堕落の元凶はグローバル化により世界の均質化であり新自由主義により破壊されていると鋭く斬る!
終了時刻を大幅に過ぎ、士気高まる部隊は大阪維新の会へ崎森班長が本当の維新とはいかなるものかと訴え、赤井副班長が2025年大阪万博と、IRカジノ法案、と次々と反民族的法案で国家国民を死滅に追いやる大阪維新を糾弾し、小灘支部長が水道事業の民営化を推し進める維新に対し糾弾した。我が同盟の街頭闘争ここにあり!
ビジネス街にしっかりと刻印する。次に自民党大阪府連に!建設中の警備員が我々の登場に大喜び!何が何でも推し進める働き方改革法案は国民全てを貧困にする悪の法案であるとの訴えに拍手をして喜んでいた。益々、意気揚々の突撃隊員は米国領事館を急襲!街頭に鳴り響くクラクション!慌てる機動隊、混乱する米領前に崎森班長が突撃!世界の戦乱の大元凶は他ならぬ貴様ら米国であり、有色人種国家を蹂躙する人口国家に鉄槌を下し対米報復を叫び米領を後にした。
近鉄難波駅に到着すると支援者の方が来訪されていた。何時もの様に駅頭の清掃を行うと、支援者の方々も手伝ってくれた。定刻時間より遅れ近鉄難波駅頭集会が崎森班長司会の元開始。崎森班長が同盟の運動を一通り紹介し続いて赤井副班長。先日の若者による新幹線殺傷事件、格差社会により、いじめ、児童虐待が頻繁に起こる現今日本。若者が絶望し希望の見えない閉鎖感をこじ開けろ!と訴え、次に、崎森班長がグローバリズムなど全部イカサマの経済だ!日本を中心に作る民族主義的経済圏こそ必要不可欠!新自由主義を粉砕せよ!と訴えた。最後の弁士、小灘支部長が大阪の下町を蹂躙する新自由主義を鋭く斬り、我々は拝金主義者とは違い美学がある!!米国の作った価値観の奴隷が現状である!!我々は現今社会を憎悪する!!との訴えに握手を求める青年が続出。本日も若者が多く、我々の訴えを恐る恐る聞く若者が近頃多く感じる。一日も早く、腐敗堕落した世界を廃墟にし全世界に八紘一宇の理念を建設させなければならないと実感した有意義な街宣であった。(赤)


関西支部 6月16日(土)

関西地方は梅雨の中休み、久しぶりに見る太陽と晴天の中、小灘支部長、崎森班長、赤井副班長が日本橋公園に集結。
穏やかなで家族が賑わう日本橋公園、しかし我々の基本教練が始まるや否や、公園には誰もいなくなった。次に赤井副班長より武闘訓練の指導がある。今回の武闘訓練は刃物を持った敵に対する基本的な動き、そして考え方を説明し、いかにして敵を制圧するか?等の講義を行い、機材チェック、本日のスケジュール確認を行い、堀越神社に向かった。JR天王寺東口駅に到着すると、支援者の方が待ち構えていてくれた。
本日の関西支部のテーマは「世界観闘争へ驀進!民族の敵を討て!」である。
崎森班長の司会で始まり、先日行われた米朝首脳会談は茶番であり米朝に乗せられる弱腰政府を許すな!と喝破。
次に赤井副班長が、弱腰政府の元凶である、戦後の議会主義、戦後の民主主義が日本を堕落させていると訴えた。最後の弁士、小灘支部長が日本の腐敗堕落の元凶はグローバル化により世界の均質化であり新自由主義により破壊されていると鋭く斬る!
終了時刻を大幅に過ぎ、士気高まる部隊は自民党大阪府連に!崎森班長の水道民営化、IRカジノ法案、種子法!次々と反民族的法案で国家国民を死滅に追いやる米帝の手先は即刻解党せよと吠える!我が同盟の街頭闘争ここにあり!
ビジネス街にしっかりと刻印する。益々、意気揚々の突撃隊員は米国領事館を急襲!
街頭に鳴り響くクラクション!慌てる機動隊、混乱する米領前に崎森班長、赤井副班長が突撃!
赤井副班長が米朝首脳会談のでっち上げ、出来レースを徹底糾弾し、非核化などという茶番劇により日本から膨大なる金を奪う見え見えの魂胆、日本をトランプのATM化に仕立て上げる米国に対し吠えた。世界の戦乱の大元凶は他ならぬ貴様ら米国であり、有色人種国家を蹂躙する人口国家に鉄槌を下し対米報復を叫び米領を後にした。近鉄難波駅に到着すると支援者の方が来訪されていた。
何時もの様に駅頭の清掃を行うと、支援者の方々も手伝ってくれた。定刻時間より遅れ近鉄難波駅頭集会が崎森班長司会の元開始。
崎森班長が同盟の運動を一通り紹介し続いて赤井副班長。先日の若者による新幹線殺傷事件、格差社会により、いじめ、児童虐待が頻繁に起こる現今日本。若者が絶望し希望の見えない閉鎖感をこじ開けろ!と訴え、次に、崎森班長が拝金主義グローバル経済を超克し、全地球の総動員の実現を目指せ!と訴えた。近鉄難波駅頭から参加の仲林会員、若さ溢れる勢いある訴え。
最後の弁士、小灘支部長が大阪の下町を蹂躙する新自由主義を鋭く斬る!
近鉄難波駅頭集会では7.1大阪青年政治集会のチラシ配りも並行して行った、非常に多くの青年がチラシを受け取った。このことからも、今の日本の社会に対し若者の多くが疑問を抱え生活し、怒りの矛先が分からない青年が多い事を改めて実感した。
一日も早く、腐敗堕落した世界を廃墟にし全世界に八紘一宇の理念を建設させなければならないと実感した有意義な街宣であった。

関西支部 5月19日(土)

午前中の雨天が嘘のように爽やかに晴れ渡る正午、小灘関西支部長と崎森班長が日本橋公園に結集。
機器チェック、本日のスケジュール確認を入念に行い、隊員は意気軒昂たる面持ちで出撃。
堀越神社に向かい厳粛に参拝。
JR天王寺駅東口に到着すると、支援者O氏とK氏が待ち構えてくれていた。
本日のテーマは「東亜の覇権は超国家主義に有り!」。
一番弁士の崎森班長が時事問題に始まり戦後デモクラシー打倒を訴え、白人優越文明の欺瞞を喝破!
続いて小灘支部長が西成区再開発により下町の貧困層が排除されようとしている現状こそ万物の商品化たるグローバリズムの顕在であると拝金主義を鋭く斬る!
天王寺駅頭は完全に黒色戦線が制圧。機関紙を求める方、演説を真剣に見入る年配女性がおられた。
士気高まる部隊は、O氏を同乗し自民党大阪府連に向かう。
大阪府民に対し、何か疚しい事でもあるのか相変わらず看板も掲げない自府連に対し激烈抗議を開始!
崎森班長が昨日TPPを衆院通過させ、多国籍企業に日本国民の生命、財産を叩き売る国賊自民党に一喝!
更に票の為なら共産党とも手を組む信念も節操もない自府連なんぞは塵屑以下であると宣言!
自民党は解党して超国家主義者に政権を明け渡せ!と吠える!
更に小灘支部長が戦後レジュームの脱却を謳いながら戦後体制への依存を深める民族の裏切り者自民党を指弾!
拉致被害者奪還すら実現出来ぬ対外屈服政党は日本の政党にあらず!過激だが当然の主張である。
最後はO氏と共に自府連に対し怒りのシュプレヒコール!
同盟の街頭闘争ここに有り!をビジネス街にしっかりと刻印す。
ますます意気揚々たる部隊は米国領事館を急襲!
街頭に鳴り響くクラクション!慌てる機動隊!混乱する米領前に崎森班長が突進!
機動隊を後方へと追いやりながら東亜、中東に不当なる干渉を止めぬ米国を徹底糾弾!
必ずやニューヨークに水爆を叩き込む!と対米報復を叫ぶ!
小灘支部長が世界の戦乱の大元凶は他ならぬ貴様等米国である!
有色人種国家を蹂躙する人工国家に鉄槌を下せ!と苛烈なる抗議!
口喧しい機動隊を瞬時に黙らせ、米領を後にする。
近鉄難波駅前に到着すると10名以上に及ぶ支援者の方々が来訪されていた。
駅頭の清掃を行い駅頭集会開始。
司会の崎森班長が同盟の運動を一通り紹介。
トップバッターは崎森班長。
政治は政策、政局、忖度、最後は物欲、色欲に堕落したのだ!と現在の議会政治を斬って捨てる!
更に地球を覆うグローバル経済の外部に立てるのは悠久の皇統を誇る我が国以外にはありえない!
破壊への情熱は創造への情熱である!腐敗した世界を廃墟にし八紘一宇の理念を建設せしめよ!と獅子吼!
最後の弁士は小灘支部長。
アジア、中東、アフリカにおける白人帝国主義の卑劣な植民地支配に止めを刺せ!と訴え、
先進資本主義国家の傍若無人な振る舞いに毅然と立ち向かった我が国の歴史を鮮やかに紐解き、
東亜開放は我が国の使命である!と聴衆を挑発しながら熱き主張を展開!
支援者からの「そうだ!」の合いの手。
外国人観光客も興味深そうに我々の演説を見入る。
ミナミの街頭を同盟の空間が支配した難波駅頭集会を終了。
支援者と普段のカフェに赴くも、多人数の為入りきらず、急遽別のカフェで支援者と闊達な意見交換会を実施。
7月1日の大阪青年政治集会に参加したいとの希望者も多く、関西が新たなステージに入ったことを確認。
今後も油断することなく気を引き締め、関西支部の更なる飛躍を目指す。(崎)
参加者 小灘、崎森
関西支部 5月15日(火)
本日13:30機関誌会員のM氏と私の友人の息子のS君に手伝いを頼み13:30近鉄難波前にて街頭啓蒙を脇田単独で始める。血盟団の第2陣と云われる515事件?四年後に起きる226事件の義挙を熱く語る、立ち止まる人、敬礼をする老人、 今日は普段よりゆっくりと語りかける。元の勤務先の事務員さんが驚いた顔で立ち止まる等少々アクシデントはあったものの無事終了した。久々の街頭に自分達の原点を見た思いがしました。参加者脇田

関西支部 4月14日(土)
現場に久しぶりの復帰の崎森班長と成長著しい小林隊員が早々と到着し軍事教練に励む。
小灘支部長がトラックで到着。
隊旗を掲げ行進、号令の確認をし支部長から今回のテーマ「偽りの主権回復をぶっとばせ!」についての説明があり、機関紙126号「突撃」の読み合わせ。タイムスケジュール確認後、出発。堀越神社参拝後、部隊は天王寺東口駅頭に!支援者数人が数人待ち構え普段は静かな駅頭も政治的祝祭空間で充満。
小林隊員は青年らしく現今社会を鋭く斬る演説後、久しぶりとは思えない迫力演説、崎森班長がグローバル時代を生き抜ける国家を樹立させる為には戦後デモクラシーを粉砕し、戦争に勝てる国家を目指さねば成らぬと吼える。
その後、小灘支部長が、戦勝国により戦後、敵と味方ではなく正義と悪という対立軸をでっち上げられ、日本とドイツを悪として位置付けた価値観こそ欺瞞でありそれに追従する自民党を始めとする戦後デモクラシーは粉砕せよ!と演説。この熱い空間に酔い冷めぬ支援者達が、これから電車で抗議街宣先にも赴くと盛り上がる!さぁ次は自民党大阪府連!いつもはビルに自民党の看板を掲げずの府連だが昨日テレビで安倍首相が訪問した映像に何と!看板が掛かっていたと支援者から情報を得る。ところが、我々が到着し確認したが看板はもう無くなっておりいつも通り、どこに自府連があるかがわからない状態。与党の癖に詐欺師か犯罪者の様な卑怯で下劣な対応に呆れるばかり。
支部長以下隊員も怒り心頭、米国のポチはとっとと解党せよ!水道の民営化、種子法改正、この国民を顧みない売国政策を許すな!次々に繰り出すシュプレヒコールにコンビニ、カフェから何事かと人が飛び出し静かなオフィス街も街頭闘争の空間が出現する。
続くは今朝シリアに爆弾をぶち込んだトランプに対し米国領事館に切り込む!
いつもは普通車での抗議ゆえ、トラックの阻止線突入で混乱する機動隊。
崎森班長と小林隊員が車両を降り一気に米領前に走り込む。拡声器のボリュームは当然マックス!ビルが林立する御堂筋。木霊す抗議のシュプレヒコール。野次馬が写真を撮りまくる。
待ち構えていた支援者も後方から一緒にシュプレヒコール!正義面して化学兵器使用は非人道的だと??だったらお前えらアメリカこそ、広島長崎に原爆投下した極悪非道の非人道的国家だろ!シリアを内戦に導いたのもアメリカである!との訴えに通行人からもそうだの合いの手が入る。道路は突撃隊に占拠され機動隊が我々の行動を阻止すべく一進一退の攻防が繰り広げられる。
せいれーつ!崎森班長の空間を引き裂く号令!一瞬でカオスが静寂に。鉄の規律、我等政治兵士、突撃隊は街頭を制圧。計画通りに街宣は進行する。続くは韓国領事館、トラックは易々と阻止線を突破!いつ突破されたかも分からない?と目を丸くして我々の登場に驚き右往左往する官憲を尻目に崎森隊員が機関銃のごとく怒りのコール。白熱本日、またしても時間が押す。
御堂筋を近鉄難波駅頭に向けて南進。途中、タラタラ走る風俗の宣伝トラックを追い越そうと並列したが、クラクションを鳴らされたと勘違いしたのか茶髪、間抜け面のおっさんが中指を立てて挑発。支部長が道路ど真ん中で車両を停止させ運転手に詰め寄る一幕もあったが20分遅れで駅頭に到着。
雨が降り始めるが支援者も屋根に入らず我々の舞台を囲み難波街頭集会の幕は切って落とされる!小林隊員が先の戦争を否定する我が国の亡国路線に異議を唱え、崎森隊員が、世界史を変える運動を構築せよ!連合国秩序を叩き潰せ!!と訴え、最後支部長が戦後の与えられた民主主義の欺瞞をぶった斬る演説。演説が佳境に入った所で安倍辞めろデモが通過。こちらも米国に魂を売り渡す安倍を血祭りに上げろ!と彼らよりさらに過激にシュプレヒコール。
デモ隊も予期せぬシンクロ街宣に大いに盛り上がる。
そぼ降る雨も何のその!突撃隊は大阪ミナミを超国家主義に染め上げ爽快に街宣を終了する。
終了後路上懇親会、先月の街宣で通りがかり、Tシャツを購入された方が、そのTシャツを着て来られ熱い握手!その後、駅地下のカフェで意見交換会を行い、来月も参加したいの声をが次々上がり大いに盛り上がり解散する。
関西支部は今後も新しい時代の新しい運動を展開していく。

関西支部 3月11日(日)
正午に日本橋公園に小灘、中林が合流打合せのの後、一路米国領事館を目指す、果敢に官憲に向かう突撃隊に義勇軍の車両が到着領事館前が怒号に包まれ静寂を引き裂く!激烈なる抗議を終え一路難波に向かう、難波では病をおして崎守隊員が手伝いにと支援者と待ち受ける。そこに仕事を抜けた脇田副本部長が合流司会を務め駅頭街宣が始まる中林、小灘、宮本管区長、トリを副議長になられた永野氏にて締めくくる。街宣の最中も関西生コンの車両デモに他団体の民族派車両の追尾を含めた列に、別団体の韓国抗議と御堂筋は阿鼻叫喚並みの騒ぎの中我々の訴えを終え、支援者と直会にて懇親会を行う。参加者、小灘小灘、中林、崎守、脇田、義勇軍から宮本管区長、永野副議長、他支援者数名

関西支部 3月10日(土)
3/10関西街宣報告
雨天の先月と打って変わり春の陽気に包まれた街宣日和の本日、小灘支部長と中林隊員が日本橋公園にて合流。お互いの近況報告後、発刊仕立ての機関紙126号の読み合わせと本日のスケジュール確認。公園にて基本教練すませ堀越神社参拝。天王寺東口駅に到着すると支援者N氏が仕事の合間を縫って待ち構えてる。
晴天ゆえにかいつもより通行人が多い。
先ず中林隊員が聖戦継続を高らかに宣言し3/10の東京大空襲の仇を返せ!と訴え続く小灘が水道等、基幹産業を民営化推進する自民党に対し国防的見地から激しく糾弾する。
そして目指すは大阪維新の会!水道民営化推進は国民の生命が外資に握られる可能性を指摘、「生命維持に不可欠な水をお金儲けにとして扱うな!」と猛抗議。ビル入口で清掃のおばぁちゃんがかわいそうに1人で警備している。
我々の活動を知って貰うべく機関紙を手渡し握手して陸続自府連へ、種子法「改正」売国政策や水道民営化の新自由主義政策が今後最悪な事態を惹起させるであろう事を勧告し、難波近鉄駅頭に御堂筋を南進!途中韓国領事館をバリケードの隙間を突破し急襲する。間抜けな大阪府警はまさかの突破にあたふた対応。緊張感欠ける警備に通行人も失笑!
時間押し押し!15時50分に近鉄難波駅に到着。支援者T氏とN氏が拍手で迎えてくれる。
16時駅頭集会開始!先ずは学生戦線報告の中林隊員。若さ爆発!エネルギッシュなアジに通行人が携帯カメラで撮影。
最後は小灘支部長、反戦主義者が憲法9条あるがゆえに戦後戦争が無かったなど嘯くが、小泉政権時代、憲法を拡大解釈しイラク戦争の後方支援で日本も戦争当事国に!お花畑もいいところ!平和に貢献したいなら強い軍隊は必要、米国の軍政下にある現状で世界の平和貢献を幾ら唱えようが寝たきり老人の戯言に同じ。
気がつけば周りは人だかり、何かと思えば駅頭はポケモンのスポットらしくスマホの仮想空間に夢中の魚の目した群衆が徘徊。
現実を忘却したゾンビ達に73年前の本日、3月10日は東京大空襲である事をしっかり伝え、復讐戦を敢行せよ!のシュプレヒコールで終了!
その後支援者との交流会を駅地下のカフェで準備中の関西政策フォーラムについて熱く語り合い解散。
明日3/11は義勇軍関西管区と共に大阪大空襲をテーマに街宣を予定。
今!関西は燃えている!
維新変革は近し!!乗り遅れるな!いざ黒色戦線に参集せよ!


関西支部 2月10日(土)
雨が降る大阪、集合場所の日本橋公園には誰もいない。
雨にも負けず寒さにも負けずいつもの如く基本教練並びに武闘訓練を行う。
その後入念なミーティングと機材チェックを行った。
堀越神社に参拝し、いざ天王寺へ。
雨は止むどころ激しくなるも定刻通り天王寺東口定例街宣を行う。
トップバッターは赤井副班長。
悠久の歴史を持つ国日本、「我が国建国の理念に立ち返れ」とスマホ片手に足早に通り過ぎる国民に訴えた。
続いて小灘支部長の訴え
「米国主導のグローバリズムにより世界の秩序を乱し世界中を不幸に陥れる米国を糾弾」
続いて我々は日本維新の会、自民党大阪府連へ。国防的見地、民族的見地から国民のインフラである水を他国に牛耳られる事がどういうことかも分からず水道事業民営化を推し進める売国政党に対し抗議。
そして我々は米国領事館へ。
「奴隷を使い国家繁栄させてきた米国を糾弾」世界の警察気取りの勘違いした米国の消滅こそが世界に平和が訪れると訴えた。
そして米国領事館を設置後にし我々は支援者の待つ近鉄難波駅へ。
大雨の中、国民儀礼を行い赤井副班長司会で始まり最後の弁士小灘支部長が訴えた。赤井副班長に続き水道民営化を徹底糾弾!米国主導のグローバリズムを指弾!日本は既に死んでおり我が国は米国軍産複合体の奴隷であり米国の手先になるより日本主導で少数民族の為の闘争を貫徹せよ!!と訴えると難波駅頭は拍手喝采であった。
雨でずぶ濡れの我々を見て気を使ってくれた支援者の方が風邪を引いてはいけないと手短に懇親会を行い本日の関西支部定例街宣を無事に終えた。赤井


関西支部 2月7日(水)
2/7官権が北方領土でロシア領事館に向く中関西支部一同は難波は日本橋に集結し今回は正面突破ではなく裏側のガレージに車を停め徒歩にて領事館に向かう。御堂筋を注視していた官権が驚きうちとの小競り合いのを中脇田が口火を切り街宣が始まる。続いて支部長の獅子吼、中林隊員の激が午前中の梅田の空に飛ぶ!ビザ申請の人の列ができる前に抗議行動を終わらせ各自仕事に用事に戻る為に散会。有意義な1日であった。参加小灘、中林、脇田

1・24 関西支部街宣報告
水が凍る大阪。難波。準備を済ませ粛々と国民儀礼を終え小灘支部長の声が難波駅頭に木霊する。そして次の弁士脇田の訴えを終え路上懇親会を行う。寒い中ではあるが、関西支部ここに有りと駅頭を制圧するにふさわしいひとときであった。

1・13 関西支部街宣報告

十二時、日本橋公園に集合する。

天気は良いが風がとても強く何時も公園には子ども達が遊んでいるが今日は我々と寒そうにしている鳩、そしてその鳩を狙う猫、ベンチに座る一人の老人だけである。

何時も通り、基本教練と発声訓練を行う、次に関西支部恒例の武闘訓練である、武闘訓練中にベンチに座っている老人が我々に話かけてきた。この老人なんと空手の達人であり我々の余りにも手加減なしの本気の武闘訓練に感心していた。

その後、機材確認本日のスケジュールを確認し堀越神社にて参拝を行った。

定刻通り天王寺東口駅頭集会が始まる。赤井副班長司会のもと国民儀礼を行い始まった。

トップバッターは、関西支部若手、大学生の仲林隊員だ。

街行く虚ろな目をした元気のない若者に対し喝を入れると自転車で通りかかった高校生が足を止め演説に耳を傾けた。すかさず小灘支部長が機関紙とパンフレットを青年に渡しオルグ開始した。結果はどうであれ関西支部は仲林隊員の活力により更に皆覚醒し始めた。次に小灘支部長の訴え、今月の関西支部テーマである「日米安保を破棄し国軍を創設せよ」である。

余りにもだらし無い在日米軍に対し怒りを表す、日米安保を破棄し一日も早く国軍創設することが祖国再建の為のスタートであると訴えた。

次に我々が向かうは自民府連である、昨年から記載しているが抗議文や公開質問状等話し合いを全く聞き入れない自民府連が我々の声が届いたか問い合わせフォームを作成、早速メールをしてみた。(後日報告する)

今度はお手製の自民党大阪府連の看板をプレゼントする約束を行い後にした。次に世界中を戦争に巻き込み人々を奈落の底に落とす国家米領事館へ

米国消滅こそが世界平和の第一歩であり、ゴメンですむような日米地位協定は破棄せよと宣言し近鉄難波駅へと向かった。

小灘支部長号令で、近鉄難波駅周辺の清掃活動を始める。

寒い中沢山の支援者の方が集まって頂き新年の挨拶を済ませ定刻より五分遅れて近鉄難波駅頭集会が始まる。

最近多忙にもかかわらず、崎森班長が駆け付けてくれた、赤井副班長司会で始まり、仲林隊員、小灘支部長の順で訴えを終え、十七時街宣を無事に終えた。いつもは路上懇親会を行うのだが、余りの寒さに支援者の方が風邪を引くと大変の為喫茶店にて懇親会を行った。関西支部政策フォーラム立ち上げの第一歩となる貴重な懇親会であった。