街宣・抗議活動案内

 
駅頭集会 燃える東の茶水!西のミナミと天王寺!いざ青年よ!街頭に出でよ!

    
 東京本部:毎月第2・第4日曜午後2時JR御茶ノ水駅(御茶ノ水口)
            8/6(日)街宣 8/14(月)12時〜21時合宿 8/15(火)終戦日行動 8/27(日)街宣
                 
御茶ノ水駅頭集会終了後は、30分意見交換会を行っています。
          どなたでも気楽に、ご質問等をぶつけてみてください。   
           
   
         

 
関西支部毎月第2土曜 午後1:30JR天王寺駅(東口) 午後3時30分 近鉄難波駅前
   
        8/19(土)
  
東海支部毎月第3日曜 午前11時JR新浜松駅頭
      
    8/20(日)
        


  委員長参加予定 東京本部  
             8/6(日) 8/15(日)8/27(日) 

            
 君は、委員長の獅子吼を聞いたか!
       
   



公開質問状・提言・警告抗議文
最新報告

東京本部

 7/23(日) 東京本部街宣報告 
梅雨明けの東京、朝9時同盟本部事務所にて同盟員会議。山崎班長、橋本副班長が参加。
10時森垣委員長、佐藤会員が加わり同盟員会員会議。打ち合わせ後、11時に車列を整え出撃。
市ヶ谷の公園にて基本教練を行なった後、12月に行われる政治集会の会場を下見。
その後、13時本日の目標である首相官邸のある第二溜池にて同憂団体と合流し激烈街宣を断行!
車上より橋本副班長、佐藤会員、森垣委員長が矢継ぎ早に火を噴く。
来たる8月6日原爆投下及び8月15日終戦の日にを迎えるに当り、やられっぱなしで良しとする腰抜けポツダム政権を糾弾す。
14時。政策フォーラム青山会員、和田会員、支援者が待つ御茶ノ水駅に到着。
橋本副班長の指揮の下、速やかに街宣準備を行い、恒例となった駅頭清掃活動を実施。いつもながら駅員からも厚く感謝される。
14時30分。山崎班長司会の下、駅頭街宣を開始。

トップバッターは橋本副班長。続いて佐藤会員、上田社主と続く。物販台前では和田会員が手にした機関紙が次々と捌ける!!

車上では本日最後の弁士である森垣中央執行委員長がマイクを握り、彼方此方から声援が飛ぶ!!

約2時間に亘る駅頭街宣を無事終了し、速やかに撤収作業を行なった後、ドトールにて意見交換会を実施。

途中小雨に降られたが、実に充実した1日であった(山)


 7/9(日) 東京本部街宣報告 

朝から強い日差しが照りつけるなか、9時30分本部事務所にて同盟員会議を開催。
山崎班長、永野班長、橋本副班長、小灘関西支部長が参加。
10時30分森垣委員長、佐藤会員加わり同盟員会員会議。11時小灘支部長が所用で離脱。最終打合せ後、11時30分車列を整え出撃。

最初の目標は自民党本部。多数の機動隊員が厳重な警備で待ち受ける中、激しい抗議街宣を断行!その後、衆議院会館前で糾弾街宣しながら首相官邸下に転進。同地で待機していた同憂団体と合流した後、一路アメリカ大使館へ。8月6日、9日の広島、長崎への原爆投下に対する抗議街宣を断行。車上より山崎班長、永野班長、橋本副班長、森垣委員長がアメリカ大使館を閉鎖せよ!と激しい糾弾活動を展開!その後、駅頭集会が行われる御茶ノ水駅に向かう道中、イギリス大使館前で森垣委員長が街宣断行。

13時45分御茶ノ水駅頭到着。政策フォーラム青山会員が待ち受ける中、橋本副班長の指揮の下、速やかに街宣準備。近隣から「ご苦労様」の声をあちこちで掛けられるようになった恒例の駅頭清掃を行い、14時30分駅頭街宣開始。
トップは司会兼弁士の山崎班長。続いて永野班長、佐藤会員、上田社主と続く。既に多くの聴衆が立ち止まり演説に耳を傾け、ビラも飛ぶように捌ける。
車上では最後の弁士森垣中央執行委員長がマイクを握り御茶ノ水駅頭が一気にヒートアップする!!約2時間に渡る駅頭街宣が無事終了!
速やかに撤収作業を行った後、ドトールにて意見交換を実施。実に充実した一日であった。(山)







関西支部


  7/26(土)関西支部街宣(ポツダム宣言糾弾 緊急街宣)

酷暑の本日、関西支部は、昭和二十年七月二十六日に発表されたポツダム宣言に対する糾弾闘争を決行!
十四時三○分、日本橋公園に小灘関西支部長、崎森班長、仲林会員が集結。
打ち合わせ後、対日封殺を目論んだポツダム宣言最大の戦犯である米国に徹底抗議すべく、小灘支部長車両で米国領事館に直行!
猛烈な暑さが我らの闘志を更に奮い立たせる!
米領前で車両を止めるや否や、崎森班長と仲林会員がすぐさまバリケードを突破!
米領正面で崎森班長が一方的に大日本帝国を断罪し、
無条件降伏を要求した傲慢不遜なポツダム宣言など貴様等に突っ返してやると獅子吼!
続いて小灘支部長がISのテロなんぞは超国家主義者の露払いに過ぎぬ!連合国秩序を破壊し新秩序建設を断行せよと激烈なる宣戦布告!
途中我々を無断撮影する不審な輩を崎森班長が一撃で排除!
更に現地合流した脇田副本部長がヤルタ・ポツダム体制粉砕と大東亜戦争の継続を高らかに謳いつつ、物言いをつける横柄な官憲に一喝!
我々の問いかけを悉く無視する米領警備員に対し小灘支部長が激昂!警備員に鉄槌を下すべく、同盟員会員全員で邪魔な天満署機動隊との苛烈な攻防戦を展開!
一旦矛を収め、崎森班長執筆のポツダム宣言に対する糾弾抗議文を仲林会員が力強く読み上げる!
その後抗議文受け取りを頑なに拒否する戦後体制の犬、米帝の手先たる米領警備員を徹底指弾!
対米報復を宣告し、隊列を組み米領を後にする。
我々関西支部の糾弾闘争は、目的を達成するその時まで断固として終わる事など有り得ぬのである!
参加者 小灘、脇田、崎森、仲林(崎)

  7/15(土)関西支部街宣

6月大阪政治集会後の駅頭集会であり、集会で来客の心を掴んだのか、
36度を越す暑い中15人以上の新たなる支援者が訪れてくれた。
本日、我々は十時三○分大阪阿倍野にある某ファミレスに集結。
新たなる支援者獲得の為の提案、そして支援者獲得の為の政策並びに勉強会開催を近々予定する。
同盟の綱領、ナチス綱領等を照らし合わせ我々の推し進める『超国家主義』と言う新たなる思想の勉強会を実施。
次に我々は日本橋公園に向かう。赤井副班長による、厳しい武闘訓練を実施。
不逞な輩を排除する訓練が身についてきた為、今回は護身術訓練にステージアップ。
余りの激しさゆえ、崎森班長のサムブラウンベルトが引きちぎれるアクシデント発生!
だが無事に訓練を終える。続いて崎森班長による基本教練。
関西支部の一糸乱れぬ行進を見ていた公園の子ども達が一斉に拍手し応援してくれた。
何時もの如く、念入りな器材チェック、スケジュール確認を済ませ、堀越神社で静粛に参拝を済ませJR天王寺駅に向かう。
十三時三十五分。崎森班長司会で駅頭集会開始。
トップバッターは本日初登壇の中林会員である。「若者を代表とした訴え、北鮮ミサイル攻撃に対し危機意識を持て!」と力強い訴えであった。
初めてとは思えない堂々とした訴えに立ち止まり通行者が聴き入る。
次に赤井副班長が「選挙はビジネスであり、その様な議員に国家、国民を守る気など全くない!」と訴える。
最後の弁士小灘支部長が「米国を何時までも好き勝手にさせている売国議員を粛清せよ!」と訴えた。
次に向かうは自民党大阪府連。崎森班長が反民族政党自民党を指弾。
アポ取っても対話に応じない自民党大阪府連に対し今回は公開質問状を赤井副班長が読み上げた。
この質問状を即座に同府連事務所に送りつけた。
次に米国領事館。館前に車両を止め小灘支部長が世界に戦乱を撒き散らかす白人は欧州へ帰れ!と声高々に訴えた。
そして、最終駅頭集会場所の近鉄難波駅に到着。
去る6月に行われた同盟大阪青年政治集会後の初街宣であったためか!
その余韻そのままの熱気で多くの新たな支援者が沢山応援に駆けつけてくれた。感謝。
十五時四十五分。恒例の駅頭清掃活動を実施後、同五十五分より難波駅頭集会開始。
まず始めに、九州北部豪雨災害にて亡くなられた方のご冥福、そして被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げた。
そして、トップバッターは赤井副班長。「戦後腐敗堕落した政治家の行う議会など、小学生以下の学級会である」
「一日も早く突撃隊1000人体制を構築し永田町を粉砕せよ」と言い放つ!次に崎森班長。
「戦後腐敗堕落した日本の秩序を徹底的に破壊し、新秩序構築を行え!」
過激で且ユーモアある演説に拍手喝采であった。最後の弁士は小灘支部長。
「国会議員特権を剥奪せよ!」と、日本を腐敗堕落指せている本当の敵を見極めよと訴えた。
この暑い中、定刻を大幅に過ぎても最後まで訴えを聴いて頂いた支援者の方に感謝。
引き続き路上懇親会を熱く展開し、関西支部街宣を無事に終えた。(赤)


平成29年本部街宣報告
平成29年関西街宣報告


過去街宣実施報告

東京本部街宣過去の実績報告
平成28年本部街宣報告
平成27年本部街宣報告
平成26年本部街宣報告
平成25年本部街宣報告
平成24年本部街宣報告
平成23年本部街宣報告
平成22年本部街宣報告
平成21年本部街宣報告
平成20年本部街宣報告
平成19年本部街宣報告
平成18年本部街宣報告
平成17年本部街宣報告
平成16年本部街宣報告


関西支部街宣過去の実績報告
平成28年関西街宣報告
平成27年関西街宣報告
平成26年関西街宣報告

平成25年関西街宣報告
平成24年関西街宣報告
平成23年関西街宣報告
平成22年関西街宣報告
平成21年関西街宣報告
平成20年関西街宣報告
平成19年関西街宣報告
平成18年関西街宣報告
平成17年関西街宣報告


      表紙に戻る