石堂清倫主要著作リスト


単行本
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1963   現代変革の理論          青木書店
1974   思想と人間 革命の虚像と実像   角川書店
1986   わが異端の昭和史         勁草書房
  (共)十五年戦争と満鉄調査部      原書房
1987   異端の視点 変革と人間と     勁草書房
1989   中野重治との日々         勁草書房
1990   続・わが異端の昭和史       勁草書房
1991   中野重治と社会主義        勁草書房
1997   大連の日本人引揚の記録      青木書店
2001   20世紀の意味          平凡社


編纂書
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1961    マリチェッラ・フェルラーラ『トリアッティとの対話』上・下 三一書房
1971    現代史資料24「ゾルゲ事件4」              みすず書房
1976    ソヴェト反体制 地下秘密出版のコピー 第1輯       三一書房
1977    ソヴェト反体制 地下秘密出版のコピー 第2輯       三一書房
1989(共編)生きているグラムシ 没後50年記念論文集          社会評論社


翻訳書
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※『マルクス=エンゲルス全集』『レーニン全集』『スターリン全集』は除く
 メドヴェージェフは、刊行本では「メドヴェーデフ」と表記

1952    レオンチェフ『政治経済学』                 五月書房
1964  『現代の君主』(共編訳)                   青木書店(文庫)
1968   フランツォフ『社会思想史概論』               勁草書房
1969   キャメット『グラムシの社会主義』              合同出版
1970  『アナキズム叢書1 バクーニン』               三一書房
1971   ユ・ア・クラシン『レーニンと現代革命』           勁草書房
1971−72『グラムシ問題別選集』全4巻(編訳)             現代の理論社
1973   ロイ・メドヴェージェフ『共産主義とは何か』上・下      三一書房
1974   ロイ・メドヴェージェフ『社会主義的民主主義』        三一書房
1975   グレゴリー・ジノヴィエフ『レーニン主義研究』        三一書房
     M・H・ポクロフスキー『ロシア史』1            勁草書房
1977   ルーディ・ドゥチケ『社会主義の条件』            三一書房
     ロイ・メドヴェージェフほか『告発する!狂人は誰か』      三一書房
1978  『グラムシ 獄中ノート』                   三一書房
1979  『グラムシ政治論文選集 イタリア共産党の建設』全3巻(編訳) 五月社
     フェルナンド・クラウディン『ユーロコミュニズムの功罪』   三一書房
     ロイ・メドヴェージェフ『失脚から銃殺まで ブハーリン』   三一書房
    『マルクス 18世紀の秘密外交』(編訳)            三一書房
1980   ロイ・メドヴェージェフ『スターリンとスターリン主義』    三一書房
     N・ボッビオほか『マルクス主義と国家』           三一書房
1982   ジャン‐マルク・ピオット『グラムシの政治思想』       河出書房新社
1987   アルド・アゴスティ『コミンテルン史』            現代史研究所

90年代単行本未収録主要論文・翻訳については、石堂清倫バーチャル文庫


日本のグラムシ研究者列伝頁に戻る