当院のご案内


目  次

診療案内

院長挨拶

耳鼻科の病気

院長の出版物

救急室:ER



当院のご案内  

平成 5年 4月  清瀬市にて、はたの耳鼻咽喉科開設
           西武池袋線清瀬駅北口から徒歩3分の医療ビル3階に診療
           所を開設、1階には整形外科・内科のかきのきクリニック、
           薬局と駐車場(10台)を併設してオープンした
平成 6年 6月  内視鏡・ビデオシステム導入
平成 6年 9月  医療法人けやき会 はたの耳鼻咽喉科となる
平成 8年 1月  診療時間、電話番号を変更
平成 9年 7月  炭酸ガスレーザー装置導入
平成10年 7月  鼻腔通気度計導入
平成10年 8月  PCのホームページを公開
平成11年5,8月  CareNet TV(スカイパーフックTV)に出演
平成13年 4月  フジテレビ「こたえてちょーだい」に出演
平成14年 6月  医院の内装リフォームを行なう
平成14年 7月  同ビル2階につしま眼科、ビルに隣接して2つめの調剤薬局
           開局
平成14年10月  同ビル2階に清瀬皮フ科・形成外科開院
平成17年 7月  レントゲン装置、IPANEMA(CR:コンピュテッド・
           ラジオグラフィー)導入
平成21年 4月  かきのきクリニック転院に伴い、1階に清瀬元町しいのクリ
           ニック(内科・整形外科)開院
平成21年 7月  携帯電話のホームページを公開(平成26年9月で終了)
平成23年 4月  診療時間を変更、朝日新聞「Be on Suturday」に記事掲載
平成23年 9月  電子内視鏡導入


次に当院の様子について写真でご案内しましょう。 

 当院は、西武池袋線清瀬駅北口から徒歩3分の場所にあります。
 当院はビルの3階にあります。1階は内科・整形外科、2階は眼科と皮膚科の医院があり、互いに患者さんの紹介を行ない、診療連携を図っています。 
 お車でお越しの場合には、7台分の当院専用駐車場と共用となりますが薬局駐車場4台がご利用になれます。
           
 医院の面積は 約40坪ありますが、待合室はできるだけ広くとり、全体の約1/3ほどあります。
 絵画やパッチワーク等をおいて、患者さんにくつろいでいただけるようにしています。
 受付は、小さな窓越しに患者さんに応対する昔の医院のイメージではなくオープンカウンター形式にしました。
 患者さんに対して事務的でない暖かい対応をとるよう心がけています。
 診察室風景です。耳鼻科の診療ユニットを2台備えています。
 当院の設備・機器については次のコーナーで説明しています。
 患者さんに病気を知っていただくために各種のパンフレットを作りました。
 内容については「耳鼻科の病気について」でご案内しています。



  設備・機器について

当院の設備・機器について写真でご説明いたします。
正確な診断とそれに基づいた治療を行なうためには一定の設備が必要です。開院時には必要最低限の準備をいたしましたが、少しづつ機器をそろえて、現在ではひととおりの耳鼻科の検査を出来る体制になりました。また医療ビルの利点を活かし、内科・整形外科・眼科・皮膚科医院と診断、治療面での連携を図っています。

 診察室には2台の顕微鏡付き診療ユニットがあります。  鼻やのどの吸入治療を行なうネブライザー装置です。
 耳・鼻やのどのレントゲンをとる器械です。診断の上では不可欠な設備です。撮影条件はコンピューターにより制御されています。 CR(computed radiograpy)は、デジタルX線画像読取装置です。迅速で安定した撮影が可能となりました。
 高精細液晶モニターにより良好な画質のレントゲン写真が得られます。  耳、鼻、のどの奥を観察するために不可欠なファイバースコープです。鉗子付ファイバースコープの使用によりのどの深部の魚骨などの異物もほとんど摘出できるようになりました。
 耳の検査をする機械です。左側が聴力検査のオージオメーター、右側が中耳と耳管の状態を調べるインピーダンスオージオメーターです。  鼻の通り具合を客観的に調べる鼻腔通気度計です。画面で鼻の通り具合を患者さんにも見ていただくことが出来ます。
 ビデオテレビシステムです。ファイバースコープの画像をテレビで観察することが出来ます。  アレルギー性鼻炎や慢性鼻炎の根本的な治療を外来で行なうことが可能なレーザー装置です。
 鼻疾患治療の大きな武器として活躍しています。



目  次

診療案内

院長挨拶

耳鼻科の病気

院長の出版物

救急室:ER