めまい by はたの耳鼻咽喉科

●めまいとは
 周囲のものが静止しているにもかかわらず、自分自身や自分の周りがぐるぐる回ったり、ふらふらとして安定した姿勢をとることが難しい状態をめまいといいます。
 めまいは、その性状から自分自身や自分の周囲(天井など)がぐるぐる回る「回転性めまい(Vertigo)」と、ふらふらとした不安定な感じで船に乗って揺られているような「非回転性めまい(Dizziness)」に大別されます。

●めまいを起こす病気とその特徴
 平衡感覚系は、内耳の前庭(三半規管、耳石器)→前庭神経→脳幹→小脳、大脳という経路を通っています。この経路のどこかの障害によってめまいが生じます。前半の前庭、前庭神経由来のめまいを内耳性めまい、後半の脳幹、小脳、大脳由来のめまいを中枢性めまいといいます。さらに心因性めまいなど平衡感覚経路に障害のみられないめまいをその他のめまいと分類すると理解しやすいと思います。
@内耳性めまい
  良性発作性頭位めまい症、メニエール病、突発性難聴、真珠腫性中耳炎など
A中枢性めまい
  椎骨脳底動脈循環不全、脳出血、脳腫瘍など
Bその他のめまい
  心因性めまい、起立性調節障害、高血圧、糖尿病など

 それぞれのめまいの性格はやや異なります。下表に内耳性めまい、中枢性めまい、心因性めまいの特徴をまとめました。(だいたいの傾向を示したもので、例えば内耳性めまいでも非回転性のことや、中枢性めまいでも回転性の場合があります。)

内耳性めまい

中枢性めまい

心因性めまい

めまいの性状

回転性のことが多い

非回転性のことが多い〜平衡障害

多様

めまいの強さ

強いことが多い

軽いことが多い

多様

めまいの持続

短いことが多い

長いことが多い

長いことが多い

めまい疾患中の頻度

多い

少ない

多い

耳鳴、難聴

伴うことが多い

伴うことは少ない

多様

眼振※

一方向性

注視方向性

なし

嘔気、嘔吐

あり、時に激しい

伴うことは少ない

多様

中枢神経症状(意識障害、手足の麻痺・しびれ、頭痛など)

なし

あり

なし

 ※めまい発現時に観察される異常眼球運動


●主なめまい疾患
○良性発作性頭位めまい症
 内耳性めまいでは最も頻度の多いめまいです。特定の頭の位置(寝返りをうったり、起き上がる時など)で出現するめまいです。めまいは数十秒でおさまり、めまいを誘発する動作を繰り返すと徐々にめまいは軽減する特徴があります。難聴や耳鳴は伴いません。耳石器の障害によって起こるといわれています。
○メニエール病
 めまいというとメニエール病といわれるほど有名ですが、正確に診断されたメニエール病はそう多くはありません。めまい発作に前後して片側の耳鳴、難聴が起こり、めまいが治まるとこれらの症状は軽快します。めまいの持続時間はふつう数時間程度ですが、めまいのない間欠期を経てめまい発作を繰り返します。メニエール病で特に注意が必要なことは、めまい発作を繰り返すうちに徐々に難聴や耳鳴が進行していくことがあることです。内耳の内リンパ水腫が原因とされています。
○心因性めまい
 めまいは頭痛、肩こりについで多いといわれるほど日常診療では一般的な症状です。実際にめまいを訴える患者さんのかなりの部分を心因性めまいが占めています。海外の報告では、めまい患者さんの30〜50%は心因性めまいといわれていますが、本邦でも同様と思われます。
 めまいの症状は多彩で「目がチカチカする、雲の上を歩いている感じがする、頭がフラフラする、歩くと倒れそうな気がする」などが代表的です。めまいの持続時間は一日中など長いことが多く、同時に他の身体症状の訴えが多く、心気的な傾向がみられます。
 自律神経失調症、更年期障害のほか心身症、神経症、うつ病などの精神神経疾患の部分症状としてめまいが現われることがあります。

●めまいの診断、検査
 詳細な問診と眼振の観察によって、めまいの特徴を正確にとらえることが診断上最も重要です。また、来院時にはめまいは治まっていることも多く、この場合もていねいな問診によって、めまいのタイプをとらえることができます。
 問診に加えて、聴力検査、平衡機能検査などの耳鼻科的検査、脳神経学的検査をふくむ全身的検査が行なわれます。
@めまいに対する問診
 ・性状(回転性か、非回転性か、平衡障害か)
 ・随伴症状(難聴や耳鳴の合併、脳神経症状の有無)
 ・発作のパターンと持続時間(単発性か再発性か、めまいの持続時間)
 ・誘発因子(頭位変換や起立で誘発されるか)
 ・過去の病気や現在治療中の病気、治療状況など
A耳鼻科的検査
  聴力検査、聴器のレントゲン検査、平衡機能検査、ABR(聴性脳幹反応)など
B全身的検査
  脳神経学的検査、頭部CT・MRI、心理検査など

●めまいの治療
 めまい発作時の急性期の治療とめまいが落ち着いた時期の間欠期の治療に大別されます。
@急性期の治療
 まず、現在起こっているめまいが脳血管障害などの危険なめまいではないか見極めることが重要です。内耳性めまいなど危険なめまいでないことが確認された後は楽な体位で安静にし、時間とともにめまいは改善することを説明して患者さんの不安感を取り除くことに努めます。薬物療法として補液や鎮暈剤、精神安定剤、制吐剤などが投与されます。
A間欠期の治療
 まず、めまいの誘発要因を取り除くことが大切です。ストレス、過労、睡眠不足をさけ規則正しい生活、適度な運動をこころがけます。めまいの再発予防のために、発作後はしばらく鎮暈剤、精神安定剤、脳循環代謝改善薬などの内服が行なわれます。メニエール病、外リンパ瘻、聴神経腫瘍では手術が行なわれることがあります。
 中枢性疾患によるめまいの場合は神経内科や脳外科、うつ病や神経症などに由来する心因性めまいでは精神科の治療の対象となります。