急性中耳炎  by はたの耳鼻咽喉科

●急性中耳炎とは
 細菌またはウイルスによる中耳の炎症です。通常、急性中耳炎は上気道の炎症や感冒の後に発症します。鼻やのどの細菌やウイルスが耳管を経由して中耳に達し、中耳炎を起こします(下図)。多くの方に思われているような水泳や入浴の際に、耳の外側から菌や水が入って急性中耳炎になるのは稀なケースです。
 すべての年齢で罹患しますが、特に3歳以下の乳幼児に好発します。小児では耳痛などの症状を訴えることが出来ない場合も多く、親が気がつかないで中耳炎を起こしている場合が多くあります。このような理由から乳幼児では、上気道炎や感冒の際には耳のチェックが必要となります。


●急性中耳炎の症状、診断
 耳痛、難聴(耳閉感)、耳鳴などの耳症状がみられます。耳だれは鼓膜の膨隆が強くなり、鼓膜が破裂(穿孔)するとみられますが、排濃によって耳痛は軽快します。鼓膜の穿孔は炎症の消退に伴って閉鎖しますが、何度も中耳炎を繰り返したり、耳かきなどで人為的に鼓膜を損傷する場合には鼓膜の穿孔が残存し、慢性中耳炎に移行することがあります。
 鼓膜が破れない場合には耳だれはおこりません。中耳腔にたまった濃は耳管を経て排膿されたり吸収されて治癒することもありますが、残存すると滲出性中耳炎となります。
 これらの耳症状のほかに発熱や乳幼児では不機嫌、食欲不振などがみられることがありますが、耳だれが出ないと中耳炎の存在を見落としてしまうことが多くあります。診断は耳内の観察で鼓膜の腫脹や耳漏を認めることによってなされます。

●急性中耳炎の治療
 急性中耳炎の起因菌は肺炎球菌、インフエンザ菌、黄色ブドウ球菌が主なので、これらの菌に感受性がある抗生剤の投与が必要となります。一般にはペニシリン系やセフェム系の薬剤が使われますが、近年これらの薬剤に耐性を持つ肺炎球菌(PISP)が増えており、PISPの存在を念頭に入れた抗生剤の投与が必要です。また乳幼児に中耳炎重症例が目立ち、入院のうえ抗生剤の点滴投与を必要とする場合もあります。
 中耳の排濃、換気を目的として鼓膜切開がおこなわれますが、その必要性には諸説あります。最近のEBM(Evidence-based medicine:臨床疫学に基づく医療)では急性中耳炎に対する鼓膜切開の有用性は確認されていません。また個人的には乳幼児に対して体を抑えつけて無理に鼓膜切開を行なうことは、その後の診療を困難にすることが多く、耳鼻科のみならず後年、病院や医療全般に対する不安感や恐怖心を生じかねないと考えているので、基本的に初診時には鼓膜切開を行なっておりません。ただし、抗生剤に対する反応が悪く、発熱がつづく場合や全身状態が不良な場合、合併症の危険性がある場合などでは鼓膜切開が必要となります。また、全身状態が良好でも中耳腔に滲出液が残存する場合(滲出性中耳炎)にも鼓膜切開を行ないます。

●家庭における注意、アドバイス
@急性期(痛みや発熱、耳だれのある時)には安静にして休むようにしてください。入浴も控えてください。耳鼻科の診察が必要ですが、夜間などで受診できない場合には備え付けの痛み止めがあれば、使用しても良いでしょう。(用法、用量やアレルギーなどは十分注意してください。)
A耳鼻科の先生から治ったといわれるまで自己判断で受診を中断しないでください。滲出性中耳炎で難聴を起こしたり、慢性中耳炎になることがあります。また、乳幼児では滲出性中耳炎になることも多く、完治まで長期間かかる場合もあります。
Bスイミングや運動は、医師の許可が出るまで(2週間程度)は控えてください。