航空性中耳炎 by はたの耳鼻咽喉科

●航空性中耳炎とは
 航空性中耳炎とは、飛行機に乗った際に鼓膜の両側の気圧が不均衡になることによって生じる急性中耳炎です。
 鼓膜の内側にある中耳は、普段は閉鎖された空間ですが、鼻の奥にある上咽頭と中耳をつなぐ耳管という管によって外気との換気が行なわれ、中耳の気圧(中耳内圧)は外気圧と等しく調整されています。
 飛行機が上昇する時には機内の気圧は少し下がり、中耳内圧が相対的に上がるため鼓膜は外に向かって膨れます。また、下降時には逆に中耳内圧が相対的に低くなり、鼓膜が中に引っ張られます。
 耳管の換気機能により、中耳内圧は外気圧の変化とうまく適応するようになっていますが、耳管の機能が低下していたり、カゼや鼻、のどの状態が悪いとうまく耳管の換気機能がうまく働かないと航空性中耳炎をおこすことがあります。また、程度が強いときには鼓膜の穿孔(穴)を生じる場合もあります。
 航空性中耳炎は上昇時よりも下降時に生ずることが多いといわれています。それは、耳管は中耳内圧が高いときの方が開きやすく、逆の場合には鼻から空気が入って行きにくい構造になっているためです。

●航空性中耳炎の症状、診断
 一般の急性中耳炎と同様な耳症状をおこします。耳痛、耳閉感、難聴が主たる症状ですが、高度な場合はめまいや耳鳴をおこすこともあります。
 診断は病歴や鼓膜所見から容易ですが、鼓膜穿孔や滲出性中耳炎になったり、頻度は少ないものの永続する難聴や耳鳴の原因となる内耳損傷をおこす場合もあります。すぐに良くならない場合には専門医の診察が必要です。

●航空性中耳炎の予防、治療
 飛行機に乗る前の予防として、カゼやアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など鼻の状態が悪いときには鼻疾患を治療しておく必要があります。搭乗前に、鼻みずが多いときには抗ヒスタミン薬を内服したり、鼻閉が強いときには点鼻薬で鼻の通りを良くしておくと効果的です。
 鼻症状が日常より強く、飛行機に乗るたびに中耳炎を起こす場合にはアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔わん曲症などの手術も考慮されます。耳管の機能低下により航空性中耳炎を繰り返す場合には鼓膜に小さな穴をあけて鼓膜の外側から換気ができるようにシリコンチュ−ブを入れておく方法もあります。
 機内での予防法として、だ液やお茶などの飲料を飲む、チューインガムを噛む、口を開けて呼吸をするなどがあります。乳幼児の場合はミルクなどの飲み物を入れたほ乳瓶を口にくわえさせ、嚥下をさせることが有効です
 航空性中耳炎になってしまった場合は、通常の急性中耳炎、滲出性中耳炎の治療が行なわれます。短期の海外滞在の場合には、耳痛に対する鎮痛薬などの対症的処置後、帰国後専門医の診察を受ければ良いと思いますが、長期の滞在となる場合や症状が高度な場合には、訪問地での専門医の診察をお勧めします。