影法師

【解題】

 
一人寝に昔の恋人を偲ぶ女心を歌ったもの。粋な歌詞と静かな曲調の端唄物である。

【解析】


○ あれ |聞け     と、          時雨 降る夜           の|鐘の声。

 「あれを|聞いてごらん」と、あの人にささやかれ、時雨が降る夜に二人抱き合って聞いた |鐘の音。

○           寒さに|  よする  |        |置炬燵。
 それも今は昔。あまりの寒さに|引き寄せるのは、あの人ではなくて、置炬燵。

○とろとろと|うたた寝の  、     夢    |驚きて   |甲斐なくも、
 とろとろと|うたた寝をして、昔の楽しい夢を見たが、覚めてみると|がっかり 、

○  しょんぼり|              |二人 差し向かひ、
 私はしょんぼり、あの人ではなくて、自分の影と|二人で差し向かい、

○   |かき立て 見れば|  ともし火の   、曇りがちなる|  |心のうち、
 灯火を|かき立てて見ると、その 灯 火のように、曇りがちな |私の|心のうち。

○びんのほつれや|寝乱れ髪に、やつれさんした|お前の姿   、
  鬢 のほつれや|寝乱れ髪で、やつれなさった|お前の姿を見て、

○わたしがやせた も|道理ぢゃ と、わたしが泣けば|お前も涙 、
 わたしがやせたのも|もっともねと、わたしが泣けば|お前も泣く、

○ほんにこの身は|あるやらないやら、       |夢まぼろしの|浮世ぢゃな 。
 本当にこの身は|あるやらないやら、影法師のような|夢まぼろしの|浮世 だ ねえ。

○なんとお前は|思はんす 、返答さんせ|  影法師。
 どう お前は|思いなさる、返答なさい、私の影法師。

【背景】

 あれきけと

 芭蕉七部集の原典は「時雨来る夜の」となっている。

○あれきけと時雨来る夜の鐘の声 (其角・猿蓑集・巻之一・冬)

作曲:幾山検校・北村文合作
作詞:橘真丸


【語注】



あれきけと⇒背景

目次へ