2018年 秋季大会

ブロック1回戦 対 関東一

 

 

日    野
関 東 一

/

 

 夏の敗戦のショックから立ち直ったのかも分からないまま、ブロック初戦が関東一ですか。いじめですかね。辛い1回戦です。簡単にやられたくないのはみんな同じ。どこまで頑張れるか。春は打撃戦で負けた。秋はどうなるか。

 先攻は日野、1回表、横山、倉田、山崎は簡単に打ち取られた。関一投手の球が速い。その裏、先発長嶺は先頭を空振り三振に打ち取るがキャッチャー坂本がそらして振り逃げに。新キャッチャーだから仕方ないけどもったいなかった。案の定、ヒットを打たれ1,2塁。鮮やかすぎ。3番はゲッツーでツーアウト3塁。しのいだかに見えたが今度はショート廣岡のエラーで1失点。長嶺には何の落ち度もなかったが、周りが硬すぎた。残念。

 日野は2,3回にヒットを打つが得点できず。3回裏、四球、ヒット、バントヒットから犠牲フライでまた1失点。点の取り方がうますぎる。4回裏にもワンアウトからヒット、ヒット、四球、ヒットで1失点。長打はないが確実に打たれた。じわじわと効いてくるボディーブローのようだ。

 4,5,6回もほぼ完ぺきに抑えられた。6回裏、先頭を四球で出し長嶺は交代。春のリベンジになるか山崎(雄)が登板。後続を打ち取りチェンジ。少しは成長したかも。

 反撃したい7回表、ツーアウトから渡辺がレフトオーバーの2塁打。やっと来たー。続く廣岡のセカンドゴロはエラーになり1得点。とにかく1点取ったぞー。

 しかし、反撃もここまで。8,9回もチャンスを作るが得点できず。相手のうまさばかりが目に付く試合でした。収穫は山崎(雄)がりリーフして何とか抑えたくらいでしょうか。春まで長いですが、いっぱい練習してください。




2018年 夏季大会

5回戦 対 片倉

 

 

片   倉
日   野

 

 ここまでずっと都立と戦ってきたという幸運な大会になったが、日野と片倉とどっちが強いのかは周りでも興味津々だと思う。お互い絶対、絶対負けられない試合になった。勝ってどっちが日大三とやるか、準々決勝で神宮に行けるか勝負だ。投手戦では分が悪いので打撃戦にもちこみたい。

 先攻は片倉、日野のピッチャーは長嶺。この大会は制球がいまいち安定していない。もうそんなことを言っている場合では無くなった。とにかく抑えろ。しかし、先頭にいい当たりではないがセンター前に持って行かれた。2番の送りバントが内野安打に。まずい。3番にもいいバントを決められノーアウト満塁だ。ここで打たれたくない4番に左中間に2塁打。さらに5番に犠牲フライを打たれ、いきなり3失点。完全に長嶺の一人相撲でした。気合が入っているのはわかるけどもう少し冷静になれないと。

 初回裏、ここは1点でも返しておかないと。片倉のピッチャーは左のサイドスロー。かなり打ちにくそうだ。しかし、先頭2年生の横山は初球デッドボールをいただいた。佐藤(泰)が送って普入はセカンドゴロエラーで出塁。押せ押せだ。4番に入った絶好調の三枝はいい当たりだが、ショートゴロゲッツー。完全に打たされた。この初回の攻防が明暗を分けたかも。

 立ち直った長嶺は2,3,4回を抑えた。日野は3回にも佐藤(泰)のショートゴロゲッツー。4回は盗塁失敗から高尾の2塁打が出たが無得点とちぐはぐ。

 そして、5回表に3番にヒットを打たれ1失点で長嶺は佐藤(泰)と交代。4番を打ち取ってほしかったがまた打たれて1失点。ついに5-0になってしまった。

 そのままいいところもなく9回に犠牲フライで1点を取るのが精一杯でした。完敗です。練習量ときつさでは負けてないはずなので、非常に悔しいです。でもこれも高校野球です。片倉には日大三を破ってほしいと思います。3年生は残念ですがお疲れ様でした。

 

 

4回戦 対 小平

 

 

日    野 12
小   平


 またですかと言いたくなるくらい小平とはよく当たります。ほとんど勝っているのですが、やりたい相手ではありません。向こうも同じ気持ちでしょうね。場所は立川球場。

 先攻は日野、初回、先発出場の菅家が四球を選びツーアウト三塁からパスボールで1点先取。何でもいい。楽になった。その裏、先発長嶺は三者凡退で切り抜ける。いい感じです。

 2回裏は先頭を四球で出し、ヒットを打たれて同点にされた。簡単には行きそうもない。

 3回表、1年生倉田のヒットからサードエラーと普入のヒット、坂本のショートゴロで3点を取って突き放した。だいぶ楽になった。

 4回は高尾の3塁打から1点、5回には三枝の2塁打と西脇のヒットで2点を追加し、7-1にした。

 しかし、5回裏は長嶺の制球が定まらず、2四球、2死球とヒットが絡み2失点。6回は先頭にヒットを打たれ、送られてピッチャー交代。ショートの佐藤(泰)がマウンドに。実はこの佐藤(泰)が裏のエースと言っていい。体は小さいが球が速い。スクイズで1点取られたが、何とか抑えた。しかし、7-3になり分からなくなってきた。

 しかし、ここから突き放したい日野打線は7回表、坂本、三枝の連続ヒットと高尾の犠飛、倉田のヒットで3点追加。8回は佐藤(泰)の2塁打からまた坂本、三枝の連続ヒットと高尾のヒットでダメ押しの2点を追加した。

 投げては佐藤(泰)が7,8回を投げ切って12−4、8回コールドで勝負を決めた。これで次は絶対に負けたくない片倉だ。

 

 

3回戦 対 羽村

 

 

羽    村
日    野

11


 投手の前評判の高い羽村との3回戦。選手の気合は十分だ。先攻は羽村。今日も先発は小野。立ち上がり、四球とヒットでランナーを背負うが、サードゴロを1年生倉田がエラー。1失点。まあ仕方ないかな。もったいないけど。その裏得点できず、チェンジ。流れが悪い。

 2回はヒット2本を打たれるが無失点。その裏、ワンアウトから怒涛の攻めが始まった。四球とヒットでたまったランナーを1番横山がライトオーバーの2塁打。エラーも絡み最後は打者一巡して坂本もライトオーバーの2塁打。この回で7点。勝負を決めた。4回。5回にも2点づつを入れて11-1の5回コールドでした。投げては3回からは長嶺がきっちり抑えて初戦同様見事な継投でした。

 点差ほど力の差は感じなかったが、チャンスに怒涛の攻めは見事でした。

 

2回戦 対 東京高専

 

 

日   野 13
東京高専


 暑い夏がやってきた。初戦は東京高専。勝ち上がって波に乗りたいところだ。

 先攻は日野、菅家、佐藤(泰)、普入が3人で終わる。やはり初戦で硬くなっているのか。先発は初登板の小野。制球力がいい。安定性を買われたのだろう。先頭をヒットで出すが、後続を打ち取り0点。

 2回表、春に続き、いきなり4番三枝がレフトオーバーのホームラン。覚醒している。続く坂本も3塁打。四球、犠牲フライ、普入のヒットで4得点。パワーを見せつけた。3回にも三枝の3塁打で1点、4回は西脇の3塁打から5点。5回は西脇のヒットと普入の2塁打で3点を上げ計13点。

 投げては小野が3回を抑え、4回長嶺、5回佐藤(泰)と危なげなくつないで5回コールド、完封リレーでした。いい感じで初戦を勝ちました。

 この試合、何年ぶりだろう、1年生倉田がサードのレギュラー背番号5で先発出場だ。ベンチに入るのも1年生は大変なので期待したい。線は細いがセンスがいいらしい。

 

2018年 春季大会

本大会2回戦 対 関東一

 

 

日    野

12

関 東 一

 

  奇跡的9回裏逆転サヨナラの次の相手は関東一だ。今度はそううまくいくとは思えない。しっかり戦ってほしい。先発はエースの長嶺かと思ったら背番号10の山崎(雄)だ。最近の成長が著しいそうだ。ストレートが速いサウスポー。問題はコントロール。良くなってきたのかな。

 先攻は関東一、山崎は先頭を三振にとったが、3連続四球で満塁。犠牲フライとヒットで2失点。よくこれで収まったもんだ。大丈夫か?日野は佐藤(泰)がヒットで出塁するが、3番坂本がサードゴロゲッツーでチェンジ。はあー。

 2回表、山崎はまだ制球が定まらず、四球、ヒット、バントヒット、四球、ヒット、死球でたまらず長嶺に交代。公式戦に出すレベルではありませんでした。長嶺もピリッとせず、2人で7失点。9−0。ありえない。5回コールドを覚悟した。

 しかし、その裏、先頭4番の三枝がレフトオーバーのソロホームラン。反撃ののろしだ。続く西脇、横山、高尾の3連打で1点追加。9−2だ。

 3回はまたしても1失点。しかしその裏、先頭普入、佐藤の連続ヒットと横山、高尾のセンターオーバーで4点を返し、10-6にした。こうなったら打撃戦にして打ち勝つしかない。イケイケどんどんだ。

 しかし、5回にもまた長嶺がつかまり2失点。その裏、日野もノーアウト満塁で押し出しで1点。そのあと1,2,3番が凡打でチェンジ。これが痛かった。6回からは清瀬戦で好投した鹿柴が頑張り得点を許さず。日野もチャンスを作るが得点できず、12−7でゲームセット。終わってみればよく戦ったが、悔いの残る試合でした。夏までに何とかしろー。

 

 

本大会1回戦 対 清瀬

 

 

清   瀬
日   野

 

 初戦の相手は清瀬だ。ピッチャーがいいらしい。でも負けることはないだろうと安心していたが。先攻は清瀬。日野のピッチャーは2年生、背番号11の鹿柴。サイドスローでコントロールがいい。しかし、先頭を歩かせ、2三振にしたものの4番にセンター前に打たれて1失点。まあ初先発だし仕方ないか。その裏、日野の攻撃は先頭キャプテンの普入がライト前のヒット。さすがです。送って四球で4番三枝は犠牲フライ。5番西脇のセンター前ヒットで1点返した。これで何とかなるでしょう。力の差はありそうです。しかし、2,3回はまずい攻めで得点できず。初戦の硬さかな。

 鹿柴は2.3.4回をほぼ完ぺきに抑えて5回からは2年生エースの長嶺にバトンタッチ。合格点です。長嶺は5回を抑えたが、ボール先行でなんだか変。5回裏は3.4番の連続ヒットでチャンスを作るが、1点どまり。乗れてない。

 6回表、ボール先攻の長嶺はツーアウトから満塁にして何とか三振に切り抜けたが、7回表、ついに糸が切れたようにランナーをためてワンアウト満塁で佐藤(泰)に交代。やばいよ。球の速い佐藤も3番からの連続ヒットで5失点。ありえない。負けをかくごしました。ここで負けちゃうの。

 7,8回も抑えられ、9回には1点追加され7-2になっちゃったよ。いよいよ9回裏しかなくなりました。このチームには意地がないのだろうか。このまま負けるようなチームなのか。

 9回裏、最後の攻撃。先頭、途中出場の2年生渡辺。ショートゴロ万事休す。かと思ったら、エラー。こうなったら何でもいい。1番普入がレフトに3塁打だ。とにかく1点返した。ここから佐藤で2点目、坂本が意地で続き、4番三枝。ここでスリーランで同点なんだけど。2球目を強振すると出たー、レフトフェンスオーバーのホームラン。同点にした。感動した。でもまだ同点。一気にサヨナラしたれ。高尾四球、横山ヒットのチャンスで、2順目の渡辺がレフトオーバーのサヨナラだー。びっくりしました。5点差をひっくり返す奇跡の9回裏逆転サヨナラ勝ち。泣きそうでした。このチーム強いのか弱いのか分かりません。