2015年 秋季大会

 

本大会1回戦 対 駿台学園

 

 
駿 台 学 園
日    野

 前日の雨でグランドがぬかるんでいる立川球場だ。駿台学園とは初対戦です。打撃が良く振ってくるらしい。打撃戦は望むところだ。

先攻は駿台学園。日野の先発はきょうも石原。先頭にいきなりライト前ヒットを打たれた。セカンド道祖土の足が滑ってジャンプできず。ちょっとアンラッキーでした。あせった石原は2番に四球を与えた。まだまだだなあ。3番には痛烈にレフトオーバーの2塁打を打たれた。しかし、連係プレーで2走者をアウトにした。練習の賜物です。そのあと抑えて1失点ですんだのはラッキーかも。

2回は先頭のサードゴロを高橋(宙)がエラー。ついでに道祖土もエラー。1番に犠牲フライを打たれて連続1失点。最近めずらしいエラーでの失点でしたが石原のせいではなかったですね。でも2−0になってしまったよ。

日野の攻撃はなんと、駿台学園のピッチャーに抑えられて5回まで2安打で無得点。これもめずらしい。打てそうで打てない。球が速いわけでなくスライダーにてこずっている。先頭を塁に出せないでいる。

しかし、6回裏、ワンアウトから2番ショートに入った佐々木が三遊間ヒット。峯岸三振のあと、根岸がようやくライトオーバーの2塁打で1点返した。さあ、反撃と行きたいが竹林はファーストゴロでチェンジ。追加点が取れない。

石原は3回からは見違えるようなピッチング。8回までほぼ完ぺきに抑えた。9回は代打の関係で内藤がリリーフ。5番にレフトオーバーを打たれひやひやしたが、何とか0点に抑えた。

日野のチャンスは8回裏、ワンアウトから千代のバントヒットと盗塁でチャンスを作ったが、佐々木、峯岸が凡退。そして9回裏、根岸、竹林、大石が凡退でゲームセット。2−1で負けました。全く粘れませんでした。

負けたので反省点の多い試合になりました。というよりも夏のチームとだいぶ力に差が出てしまった。個々人の力もそうですが、チームとしての力不足です。来年まで大変ですね、これは。この冬どんだけ頑張れるかがカギになりそうです。

 

ブロック予選決勝 対 富士

 

 
富  士
日  野 2×

 富士が勝ちあがってくるとは思いませんでした。部員が少ないが油断しないで勝とう。

1回表、富士の攻撃。日野の先発は今日も石原。先頭を四球で出すが、3番をショートゴロゲッツーでチェンジ。前回より落ち着いて見える。

1回裏、日野の攻撃は打順が変わって1番峰岸。フルカウントからうまく死球をいただいた。2番千代は右中間3塁打。今日も先制攻撃ができた。3番高橋(宙)はファーストゴロ。4番根岸はバントヒット。走れる4番です。竹林も続いてセンターオーバーの2塁打。3点もらった。

日野は5回にも千代のタイムリーヒットで1点。6回にワイルドピッチで1点追加。5−0に。

今日の石原は7回までヒット3本に抑えまずまずの出来でした。

7回打裏、代打佐々木のヒットと、1番峯岸の四球のあと、千代のセンター前ヒットで1点。高橋(宙)はセカンドゴロ。4番根岸はライト線にヒットし、7−0サヨナラコールドになりました。今日は危なげなく勝つことができました。これで本大会出場です。

 

ブロック予選1回戦 対 文京

 

 
日  野
文  京

 秋季大会1回戦の相手は文京だ。お互いよく知っている相手なのでやりにくいが、仕方ない。勝ったほうがブロックを制しそうだ。はたして新チームはどんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。場所は東海大菅生グラウンド。遠いし、急坂だ。まだまだ暑い。

1回表、日野の攻撃は1番新キャプテン、ライトの千代(せんだい)。惜しいワーストライナー。2番セカンド道祖土(さいど)はサードゴロエラーで出塁。3番レフト峯岸はフルカウントからライトオーバーのツーランホームラン。体は小さいがパワーがある。4番センター根岸、5番ファースト竹林は凡退でチェンジ。緊張をほぐす幸先いいホームランでした。

1回裏、日野の背番号1は石原だ。安定感が出てきたらしい。三者凡退に取って調子はよさそうだ。

2回表、6番ショート高橋(宙)はレフトへのヒットともたつく間に2塁へ。7番キャッチャー高野は送りバントで3塁へ。8番サード大石は一人だけ1年生。初球をライト前に打って1点追加。積極性があってさすが1年で出るだけある。がたいもいい。9番石原は送って1番に返ったが大石盗塁失敗でチェンジ。でも、3−0になった。いい感じです。

お互いここから得点できず、5回裏、6番の先頭を歩かせ、7番にセンター前に打たれた。8番のショートゴロで2塁アウト。ワンアウト1,3塁。ここで石原力んで四球を出して満塁。これはたまらない。ここで早くも内藤にチェンジ。予定通りなのか早すぎなのか。内藤初球をデットボール。押し出し。おいおい。続く2番にも制球が定まらず四球。押し出しで2点目。どうなるかと思ったが3番三振。4番をライトフライでチェンジ。監督に怒られますね二人とも。3−2になってしまった。

しかし、6回表、1番千代が四球を選びここで文京はピッチャー交代。道祖土は送りバント。ここから4連続四球で2得点。高野、代打大澤が凡退でチェンジ。ちょっとレベルの低い試合になりました。普段の両チームとは思えないですね。

8回裏、今度は文京が内藤から連続4安打で2得点。文京のまずい攻めでこれで終わったが危ない。5−4になった。

9回裏は内藤がツーアウトから4番にライトオーバーの同点ホームランかと思われる打球を打たれたが、千代の好捕でアウトゲームセット。何とか勝ちました。う〜ん。初回のホームランがなかったらどうなっていたか分からないゲームでした。勝ったからいいけど、まだまだ課題満載の新チームです。

 

 

2015年 夏季大会

 

5回戦 対 早稲田実業

 

 
日   野
早稲田実業

1×

 いよいよ5回戦の相手は早実だ。今年の早実は鳴り物入りで入ってきた注目の1年生スラッガーがいる。しかし、簡単に勝ち上がって来てはいない。勝機はあるはずだ。佐々木(現桜美林大)の時に勝っているし、エース青山をうまく使ってこれたので期待したい。案の定、八王子球場は早くからすごいことになっている。内野は満員。外野席を解放した。テレビ中継もあるのでたくさんの人が見ていると思う。日野の応援もいっぱいあるのでみんな頑張れ。

初回表、小作のセンター前ヒットが出たが、鈴木が6−4−3のゲッツーでした。惜しい。

初回裏、1,2番をライトフライ、センターフライに打ち取った。注目の3番に3球目のライダーをうまくすくわれセンターオーバーの3塁打。あとちょっとで取れたけど。根岸が取れないのだから仕方ない。打球の勢いが勝ちました。ここで抑えてほしかったが4番にセンター前にヒットされ先取点を取られた。やはり簡単にはいかない。

2回表、日野の反撃。神原死球の後、杉浦がライト前ヒット。根岸が送って細山のセカンドゴロの間に神原返って同点とした。よし、まだまだわかりませんよ。

その裏、先頭6番に粘られて四球を出し、送られたが8.9番を抑えた。

3回表、青山、藤井、小作が凡退。その裏、先頭1番にセンター前ヒットを打たれた。送りバントで2塁。3番に初球をライト前に打たれた。1失点。本当に1年生?でかいし、度胸がある。続く4番に四球を出したが5番を4−6−3のダブルプレーにした。まだまだこれからだ、1−2。

4回表、今度は鈴木、神原、杉浦が凡退。ちょっとおかしいかも。打てないような球に見えない。その裏、早実も得点できず。

5回表、先頭根岸がレフト前ヒットを打つが、得点できず。早実も1年生3番に3本目のヒットが出るが得点にならず。しかし、よう打つわ。止められん。

6回もお互い三者凡退で終わり、試合が硬直してきた。それにしてもこんなに打てないはずがない。芯をうまく外されているようだ。一体早実のエースは何を投げているのか。早く捕まえないと。

7回表、先頭神原がセンター前ヒット。杉浦送って根岸はレフト前ヒット。1、3塁。チャンスだ。しかし、細山がピッチャーゴロゲッツーでアウト。チェンジ。あー残念。

ここからゲームは動いていく。
その裏、早実の9番のショートゴロが若林の捕球前に小さくはねてヒット。やだなー、踏ん張れ青山。1番には絶妙のバントヒットを決められた。2番に送られて2,3塁。ここでまたあの1年生だ。ノースリーからセンターに大きな犠牲フライを打たれた。止められない。4番、5番に連続四球を出し青山はついに箱田に交代。仕方ない。その初球をライト前に運ばれた。3失点で5−1になってしまった。やられたー。

まだまだあきらめない。8回表、若林がセカンド内野安打で出塁。箱田はサードゴロ。あちゃー、ゲッツーかと思ったがサードがセカンドに悪送球。よし、ラッキー。1番に返って藤井がやっと捉えた。鋭い打球がライト線に。ライトがはじいて若林が一気にホームへ。よっしゃー、つづけー。何と小作、鈴木もヒット。神原のところで1年生ピッチャーに交代したが流れは完全に日野。神原がヒット。杉浦がセンターに犠牲フライ。やっとワンアウト。根岸もレフト前につないで、細山もライト前にヒット。犠飛を挟んで6連続ヒットだー。すごい、すごすぎる。この時点で6−5で大逆点。さらに打者一巡してサウスポーに代わったが、若林がセカンドライナー。歓声が悲鳴に変わった。飛び出した根岸もアウトでゲッツーだ。ぬけてくれればー。くっそー。でも逆転したぞー。

8回裏、頼むぞ箱田。しかし、先頭に四球を与え送りバント。1番に返ってライト前ヒット。簡単に同点にされた。2番にもレフト前にヒット。またここで3番です。いくら何でも抑えろ箱田。しかし、ワンスリーからまたもやセンターオーバーの2塁打。7−6また逆転された。ばけもんだ。とんでもない1年生。さらに4番の犠牲フライで8−6。

ここであきらめるわけにはいかない。9回表、代打、土士田が打撃妨害で1塁へ。もう何でもいい。とにかく出塁。藤井レフトフライ、小作サードゴロでツーアウト2塁。あとがなくなった。さあ、3番キャプテン鈴木。ツーボールからの3球目を左中間へ2塁打。さすがだー。あと1点。4番神原もライト前ヒットだよ。また同点。8−8。球場は気が狂いそうなくらいの盛り上がりだ。誰がこんな展開を想像しただろうか。まだ試合は終わっていない。杉浦頼む。逆転してくれ。だが、大きなフライはレフトに取られた。

こうなったら延長に持ち込め。9回裏、早実最後の攻撃。ピッチャーは左の大澤に代わった。頼んだぞ大澤。しかし、先頭にストレートの四球。きびしい。7番にバントではなくレフト前に打たれた。強気だ。ここで送られた。ワンアウト2、3塁。日野のピッチャーは速球派の2年生内藤に交代。頼む三振にしてくれ。だが9番に打たれた打球はライト藤井へのフライ。肩は強いのでストライクなら…。あー、無情にも送球がそれてサヨナラだ。終わりました。9−8のサヨナラ負け。非常に悔しい。前半の投手戦から後半の打撃戦に。どっちに転がってもおかしくないゲームでした。うちは総力戦でした。残念ながら負けは負けです。3年生お疲れ様でした。素晴らしい試合をありがとう。今年も素晴らしい応援でした。結果は負けたけど出し切った感じです。

このチームで甲子園行きたかったな。

早実のその後の活躍は皆さんご存知の通りです。

 

4回戦 対 専大付

 

 
専  大  付
日    野 ×

 連戦になった4回戦の相手は専大付属。よくやる相手だが油断できない。いい投手がいるらしい。今日は昭島市民球場。今年は毎回違う球場だ。特に風に気を付けたい。夏は逆風で球は伸びない。

先攻は専大付。日野の先発は青山。負けられない、勝負だ。先頭を四球で出し、3番には死球でピンチを招くが4,5番を打ち取って0点で抑えた。

初回裏、日野の攻撃はツーアウトから鈴木の死球、4番神原がライトオーバーの2塁打でまず1点。根岸のファーストゴロエラーでもう1点。ラッキーです。

その後、青山は4回までほぼ完ぺき。やっぱり先取点を取るとピッチャーは楽ですね。のってました。

4回裏、日野の攻撃。根岸のヒットの後ツーアウトになりながら、青山、藤井2塁打、小作2塁打、鈴木、神原もヒット。怒涛の連続ヒットで4点。よっしゃー。日野らしい攻撃でした。

5回裏にも根岸のバントヒットから、若林のタイムリーと藤井の犠飛で2点追加。もう手が付けられません。

6回裏、どどめは神原の逆風を切り裂くライトオーバーのホームランでした。

箱田は5,6回をヒット2本に抑え、7回は2年生速球派の内藤が、ヒット1本に抑え完封リレーでした。ちょっと出来過ぎのような気もしますがいい勝ち方です。結局9−0、7回コールドで勝ちました。さあ、今度はいよいよ早実戦です。

 

3回戦 対 小平西

 

 
日   野
小 平 西

 3回戦の相手は府中市民球場で小平西。最近よく当たります。雨で伸びて今日から3連戦になってしまった。ピッチャー陣の踏ん張りに期待。

今日は先攻、いきなり藤井のライトオーバーの2塁打から始まった。今日は杉浦の2点タイムリーが出た。先制攻撃としては上出来です。小西は浮足立ってるみたいだ。

1回裏、先発はサウスポーの大澤。初回から味方が点を取ってくれたので楽に投げられ完璧なピッチング。初回の死球一つのみで4回までノーヒットでした。いい仕事しました。

2回の攻撃は小西のエラーで1点。4回は神原、杉浦の連続2塁打で3点。5回は藤井の犠牲フライとパスボールで2点追加。計8−0で勝負を決めた。

5回裏からエース青山が登板。自分のエラーから1点許すが、6回は抑えた。そして7回は箱田が登場。無難に抑えて結局、8−1。7回コールドで勝ちました。いい流れできています。徐々に打線が上がってきました。

 

2回戦 対 学芸大国際

 

 
学芸大国際
日    野 5× 10

 今年の夏の初戦は学芸大国際に決まった。立川球場だ。順当に勝ち上がりたい。今年のチームも安定していて投手力も打撃もいい。投手をいかに使っていくかがカギになりそうだ。

先攻は学芸大、日野のピッチャーは初めてのベンチ入りのサウスポー、小峯だ。力の差はあると思うのでぐいぐいいってほしい。が、先頭にライト前に打たれた。2番を三振に取ったが3番にまたもやライト前に打たれ、1,3塁のピンチ。明らかに動揺している。しかし4番の初球、1塁ランナーが盗塁してきた。そりょあ無理でしょ。強肩鈴木が刺してツーアウト。打者もセカンドゴロでチェンジですんだ。それにしても学芸大の打者がコンパクトに右方向を狙ってくる打ち方は見事でした。あなどれない。

その裏、藤井、小作が凡退の後、鈴木が四球で出た。すかさず盗塁を決め、4番神原のセンター前ヒットでまず1点。すごいライナーがセンターに行きました。杉浦三振でチェンジ。初戦の硬さもあるが思った以上に打ちにくいピッチャーのようです。向かってくる気迫もあります。早くあきらめさせないと。

2回になっても小峯はピリッとしない。四球とヒットでピンチを招くが最後は三振で抑えた。攻撃も下位打線で得点できず0点。3回も2塁打を打たれたが何とか0点に抑えた。4回は3者凡退でしめた。初めてのベンチ入り、公式戦としては小峯は上出来でしょう。

日野の3回の攻撃は1番藤井から。ようやく日野らしさが出た。藤井四球の後、小作が初球ライト前ヒット。盗塁も決めた。鈴木がフルカウントからセンター前ヒット。2点追加。神原死球の後、杉浦、根岸、細山は凡退。あーあ。

4回表、8番若林は四球。小峯に代わって野村がピンチヒッターでレフト前ヒット。死球、ヒットと続いて鈴木の犠牲フライで1得点と押し出してもう1点追加。結局5−0。

5回表、エース青山の登場。格の違いを見せつけ簡単に3者凡退。

5回裏、ようやく日野らしい打線爆発。細山ヒット、若林レフトフライのあと、連続で青山、藤井、小作、鈴木2塁打。最後は神原の2塁打で決着。5点を取って10−0コールドで勝利しました。最後はいい形で締めくくりました。

 

2015年 春季大会

 

本大会3回戦 対 関東一

 

 
日    野
関  東  一 ×

 またまたやってきました、神宮第二球場。昨秋は二松学舎にやられましたが、今年はチームの力をためす絶好の機会になりました。霧のような小雨の降る中、試合開始。勝てば夏シードです。

今日も先攻は日野、藤井がサードフライの後、若林が四球、根岸が右中間に2塁打。おお、絶好のチャンス。神原もセンター前ヒットで1点先制。やるねー。杉浦も続いて右中間に2塁打。1点追加。ここは大量点がほしい。鈴木は四球でワンアウト満塁。しかし小作センターフライ、加納三振でチェンジ。もう1,2点ほしかった。でも、左ピッチャーを攻略して幸先いいスタートを切った。

その裏、豊山戦好投した青山が先発。注目の1番をショートゴロ。2番はサード強襲の安打。捕れたなー小作。盗塁されたが3番は三振。でも、4番にセンター前に打たれ1失点。足速いねー。5番にはツーストライクから高めのウエストボールをライトスタンドに一直線。ツーラン。驚きました。集中力がすごい。バッテリーミスといえばミスですが。後続を抑えたがこれは大変な試合になりそうな予感。2−3で逆転されました。

しかし2回表、青山のセカンド内野安打を藤井が送って、若林がサード内野安打。ワンアウト1,3塁。ここで根岸は絶妙のバント。送球がそれてランナーが返って1点。ただ、根岸は2塁を狙って飛び出してアウト。ちょっともったいない。続く神原三振でチェンジ。3−3の同点になりました。

ここから両投手は立ち直って6回表まで0点が続いた。しかし日野の4回表、ツーアウト満塁としながら杉浦は三振。残念。突き放すチャンスでした。

6回裏、関一の攻撃、4番はショート内野安打で出塁。5番をショートフライに打ち取りワンアウト。ここでパスボール二つでランナーは3塁。もったいない。ここで6番にライト前に打たれ1失点。ここまでよく青山は踏ん張ってきたのにミスからの失点です。7番にセンターオーバーを打たれ2,3塁としたが、8,9番を抑えた。よく頑張ってます。

7回裏、先頭1番にセンター前に打たれ、2番はバントヒット。うまいです。2塁ランナーに3盗を決められセンターに犠牲フライを打たれた。3−5。ここで4番にライトへツーランを打たれた。3−7。これはたまらん、内藤へ交代。ピッチャーゴロのあと、連続四球を出し、8番にセンター前に打たれもう1失点。8回は箱田が何とか抑えたが、攻撃は沈黙。

この試合、サードコーチャーの渡部が城西戦の9回と全く同じシチュエーションで、今度はサードランナーをしっかり止めた。反省したんだと思うがすぐに良く出来た。素晴らしいジャッジでした。

結局、3-8で負けました。力の差を見せつけられました。これが今の実力でしょう。仕方ありません。夏シードを逃しました。夏までにさらに力をつけてもらいたいです。

 

 

本大会2回戦 対 城西大城西

 

 
日  野
城西大城西

 2回戦の相手は城西大城西です。場所は一本杉球場。初めての相手です。何としても勝ちたい相手です。

今日も先攻は日野、いきなり藤井が鋭い打球でライト前ヒット。若林が送って根岸はファーストファールフライ。ツーアウトから4番神原が粘ってから左中間に2塁打。1点先制。今日もチームの調子がいいみたい。

1回裏、今日の先発は箱田。いきなりセンター前に打たれ同じような展開になったが後続を断ち0点でチェンジ。これは大きい。波に乗れるかもと思いきや、城西のピッチャーもいい。やんちゃな感じだが向かってくる。

そのまま両チームともヒットは出るが6回まで得点に結びつない。投手戦になってしまった。

均衡を破ったのは日野の7回の攻撃。7番小作のセンターフライをセンターがエラーして2塁へ。ラッキーです。これを箱田のセンター犠牲フライで1点追加。何とかもぎ取った。

続く8回にも若林のヒットから連続パスボールで3塁へ。神原がレフト前に打ってもう1点追加。3−0。きれいな点の取り方ではないが何でもいい。

だが8回裏、セカンドゴロを杉浦がはじいてエラーで出塁。ライト前に打たれて1,2塁。ピンチ。6番を箱田がピッチャーゴロに打ち取り1-6-3の併殺。ツーアウト3塁から7番ピンチヒッターにレフト前に打たれて1失点。3−1。やっぱりエラーが絡むと失点につながる。気を付けよう。

9回表、小作のライト前ヒットの後、代打は土士田。レフトオーバーの2塁打を放つが1塁ランナーの小作はホームタッチアウト。3塁コーチャーのミスでした。結局、箱田、藤井も倒れて0点。反省点です。

しかし、箱田は9回裏を三者凡退に仕留めて試合終了。点は取れなかったがまあ完勝です。これで神宮第二で関東一と対戦です。楽しみです。

 

 

本大会1回戦 対 日大豊山

 

 
日  野
日大豊山

 本大会1回戦の相手は日大豊山だ。過去に公式戦で勝ったことはない。どうしても勝ちたい相手だ。好投手が二人もいるらしい。勝利は日野の打線にかかっている。場所は今やホームグランドといってもいい八王子球場。天気もいいし勝つしかない。

先攻は日野。藤井、若林、根岸で三者凡退。あーやっぱりいいピッチャーです。その裏、日野の先発は初めてベンチに入った背番号1の青山。急激に伸びてきた。2番にバントヒットを許すが5番をセンターフライに打ち取り何とか初回を切り抜けた。

2回表、4番神原のライト前ヒットとパスボールで2塁へ進むが、杉浦、小作は凡退。7番キャプテン鈴木のセカンドゴロエラーで1点先取。何でもいい。先取点だ。

3回表、ツーアウト満塁から、杉浦が三遊間を破り1点追加。

5回表、若林がファーストエラーで出て、ツーアウト3塁から杉浦が2打席連続のタイムリーヒットでもう1点。

6回表、豊山はピッチャー交代でさらに球が速くなった。が、死球で出た加納を1番藤井がストレートをジャストミート。あっという間に左中間を抜けて3塁打。また1点追加。小刻みに点を重ねて、4−0。予想外の強さです。

8回表、鈴木のヒットを皮切りに、青山のヒット、藤井の犠飛、若林、根岸のヒットと続き、とどめは神原の左中間2塁打で計5点。9−0になっちゃった。

豊山の安打は、何と初回のバントヒットのみ。初回と5回に四球を一つづつ出してあとは8回までパーフェクトピッチング。三振10です。すごすぎ。8回コールドで勝利した。

誰がこんな展開を予想したでしょうか。大会初先発の青山の成長もすごい。初めてベンチ入りしてエースにのし上がった。また、打線も二人の好投手を攻略できた事は今後の自信になります。応援もたくさん来てくれて最高の試合でした。