烏龍の作り方
@ページAの A-1,A-2.ページCのA-14.A-15を切り出し写真のようにアールをつけてそれぞれを貼り付けます。
 後部の切り裂きは後でのり付けします。
 糊付け部分も色が付いているので間違えないでね。隅の3角形の物は後で糊で固定します。

机の角で十分に曲がりを加えてください。

A下回りを作ります
    1.タイヤハウスとグリル
      B-1とD-1とを接着します、余った部分は切り取ってください、多分下の四角形部分が余ります。
    2.エンジンカバー
      C-1、D-1、D-2、を切り出します、C-1を点の部分からまげてください。できたら二重線の内側
      でD-1と接着します。 下の部分を基準に接着してください。
     (上がすこし隙間が開きますが無視してください),D-2を二重線の外側に貼り付けます、
     各パーツを線にそって接着してください
    3後部タイヤカバー
.     A-9とA―10を後部タイヤハウスに接着してください。
     4.A-13に支柱CのA-17を裏の線に沿って白い部分に貼り付けてください。A-18はあとから、
     車体と接着したあと貼り付けます。

タイヤハウス、およびエンジンカバータイヤカバーを貼り付ける
下板を貼り付ける.最後にA-18を糊付けする。

B
   1.前、後部フェンダー部分を貼り付け。
   2.ハウス部分、タイヤ大小6本、を別に作っておく。
     タイヤ取り付けには
      前輪部分
       H-1を使用。外側の部品が運転席側に付く、
       大きい糊代がタイヤ部分と接着、スプリングのような物が書いてあるほうが内側、
       (ちなみに天地さかさまに印刷されています、)
       ハの字なるように接着します。
      後輪取り付け
       車軸の位置にH-2とH-3wo接着したものを4個作り貼り付けます。一番外側の物が
       左後部にきます。H-3は軸が動かないための物でH-2に適当に貼り付けてください。
   3.ハウス部分の糊付け。曲げが甘いと上手くはめ込みができません

タイヤの取り付け部品間違えないでね

Cミラー等バンパーなど貼り付けたら終了です。

バンパーを忘れていたので急遽取り付けました。展開図には印刷されています。
オーバーフェンダーは製作中にどこかに行ってしまい 貼り付けていません。前輪は曲げることができます。

 内部想像図
          第1巻を精検の結果、1階のレイアウトはこれで良いのではないかと思います。
          2階はかなりおざなりに書かれていて面白みがありません。
          ウーロンのきもちになってレイアウトおよび彩色をおこないました。
          目論見通り「かなりいやらしく出来上がりました」。
          ー走るモーテルやねん。−