AIRSTREAM CLSSICSの作り方

用意するもの
      @ 薄手のケント紙
      A はさみ
      B 化学のり (Gクリアなど)
      C 定規
      D マッチ棒 1本
      E 薄い紙 (コピー用紙など)
作り方
      始めに 
     特殊な作り方をします。そのため結合部に
糊代はありません
     紙を糊代で結合すると段差ができ見栄えが悪くなるからです。上手く3次元
     が表現できるよう、尚且つ、簡単に立体が再現できるように線引きをしまし
     た。
だいたいの構成図


製作
    まず 薄手の紙を5mm角に切ってください。複数切り出してください。

前壁 後ろ壁 A-1とA-1-1を切り出し 次の図のように薄い紙で貼り付けてください、
頭と頭をあわせ隙間無く接着するのがコツです。事前に紙をシゴイて丸みを付けて
おいてください。点が打ってある同士を接着します。(裏側をね!!)
 さらに点が打っていない方の壁も同じようにそろえて接着します。この時点で丸みが
出始めます。完全に乾いたら、反対側も同じ要領で接着します。
 完全に乾いたら次と書いてあるところを接着します。各切れ込みがこの時点で完全に
合いますので同じ要領で接着します。反対側も同様にします。その後中間も接着します。
 A−2を同じ要領でA−1の下に接着します。前後とも二つ作ります。
書き込みがしてあるA−2が後ろとなります
 A-5を切り出します、赤い線の上を目安に十分に丸みを付けてください。同じ方法で
A−1に貼り付けます。上のほうから根気良く接着してください。
赤線を基準にしてバランス良く接着してください。
ここまでくればほとんど完成したも同然です
次に補強版を中に接着しますが タイヤハウスを基準に 大きい方を接着します。
一枚の方は適当に接着してください。(直付け)

タイヤなどアクセサリーの取りつけ
 牽引部分の製作
       A−8の部品を切り出し図のように接着してください。マッチ棒を約4
       cmに切、支えの棒にします。そのしたにタイヤとカバーを付けます。
      マッチ棒はマジックで黒く塗って置いてください。
      まだ本体には接着しないでください。
 クーラー、エァーベント、サイドオーニングをそれぞれ作っておきます。
 B−3.b−4は サンシェードとバンパーです、それぞれマッチ棒をはさんで前部に
接着してください、写真など参考してね。牽引部分を接着します。
「後ろ壁のバンパー」を脇のラインのところに合わせて後壁荷接着
 牽引部分に四角い箱(LPGタンク)を乗せるように接着 本体に乗せる
最後にイルミネーションを後ろ壁の上に3個
前の文字の斜め両サイドに張ってください。
前壁のバンパーのサイドにも貼り付けます。
サイドオーニングの取り付けも忘れないでね。
以上完成です
これで世界で唯一あなたのキャンピングカーの出来上がりです

 

 

                       製作:HIS冗談工房ラボ室

                        製作年月日:2005年2/06
                                  参考文献  
                                 フォーレストパークあだたら
                                                                     
                                  著作権はHIS冗談工房にあります。

                       製作は自由、
参考写真




                    撮影場所
                    フォーレストパークあだたら
                      サイト V−1