ギャレー部 流しの修理(水漏れ)

撤去方法および手順

すべての引き出しを撤去する。
風通しが良くなったところで取り付け部分を確認する。
そうしないと手が入らなかったり、見えなかったりするので、面倒でも
すべて外す。
ステンレスの流しは四隅および中央部で座金と蝶螺旋で周りと留まって
いるのでこれを外す。
螺旋はステンレス流しに溶接されていた。座金はコンパウンドで落ち
ないようにされていた。驚いたことに、周りの補強版は接着されていな
かった。
コンパウンドで水漏れしないようになっているのでこれをゆっくり圧力を
かけて持ち上げるようにして外す。

次にシンク部配管を青い矢印の所で外す。
パッキングが入っているので保存する。

最初にシンク部と蛇口部分のプラッチックの止め螺旋を緩める。
(赤い色はステンレス部で)そこにある螺旋を緩める。
そこで遊びができるのでシンク部全体を持ち上げ、タンクからの
配管と温水からの配管を取り外す。
最後に蛇口の所で緩めていた螺旋を撤去すると完全に外すことができる。

組み立てはすべて逆の手順で行う。

 


今回の修理では水漏れの原因がパッキングの劣化と思っていたのでパッキ
ンを交換した。しかし合うものがないので同じサイズのオーリングをもともとの
パッキングの上に乗っけて締め付けた。
試験を行うと水漏れはしない。

 水漏れの原因はプラスチックでできた蛇口部の中の配管が劣化して亀裂が入り
そこから水が漏っていたいたためであった。
修理して水が漏れないようにした。
最後に試験を行ったが水漏れはおきない、これで様子をみることにした。
最初は大工事になると心を決めて取り掛かったが、
やってみると以外と簡単に修理ができたので驚いている。