キャンピングLOG(運転履歴)2000年


      訪問先(2000年1月1日〜12月31日 )
               


1999年12月30日〜2000年1月1日
                    福島県安達太良山麓にあるフォ−レストパ−クあだたらに行く。
                   今回は連泊の予定であるが、サブバッテリーの能力を超える恐れ
                   が有るのでアラジンの石油スト−ブを持参した。それからTV,ラジ
                   カセも持ちこんだ。2泊して電灯1個、ギャレ−のポンプを使用して
                   のサブバッテリ−の消費は約半分であった。
            12月30日
                   午後3時ブ−スに到着電源排水ホ−ス等設営をする。ここは電源
                   も排水穴、上水も常設され、無料である。電源コ−ドドラムは買い
                   こんでいたがわすれてきていた。やむなく電源はTV等に使い、照
                   明、ギャレー等はサブバッテリ−からの使用にとどめた。電源プラグ
                   は例によって(大きすぎて)刺さらない。
                   石油スト−ブはエントランスと通路の間に置いた。多少出入りには
                   狭いが、絶大なる熱量を発揮して薄着で過ごせた。これより連泊
                   するときの常備品として、シャワ−室の中に燃料と共において置く
                   ことにした。
                   
軽い食事(スパゲッテ)のあと入浴。中規模の浴槽のほかに外に同
                   じ規模の露天風呂がある泉質は重曹塩系ぬるぬるである。温泉の
                   後、回りを散策、子供に橇すべりをさせる。
                    
夕食後(チ−ズフォンジュ)のあと再度入浴、のんびり御酒を飲み
                   ながらTVを見て楽しんだ。就寝前にまた入浴。
            12月31日
                   7時起床、キャンプ場を見て回る。ここの規模はかなり大きい、普通
                   のキャンプ場の3倍は優にある。10時
朝飯(フランスパンにべ−コ
                   ン、卵,紅茶)
、温泉に行く、帰って娘と雪で遊ぶ、昼食、入浴のあ
                   とカミさんと娘は御昼寝、おと−さんは外に椅子とテ−ブルを持ち
                   だし、
御酒(この時のために雪漫々 を買っておいた)を飲んだ。
                   雪は少しだが日差しは暖かく、ほとんど無風、最高の雪見酒となっ
                   た。(雪漫々-山形の幻の酒、なかなか手に入らない)
                   温泉入浴の後食事、紅白歌合戦などを久方ぶりにのんびり見てし
                   まつた。
            2000年1月1日
                   9時起床、入浴の後食事、撤収の準備をする。10:50キャンプ場
                   をあとにする。撤収中排水弁に何かが引っかかり弁が完全にしまら
                   なくなった。チェックアウト時間が来ていたのでキャンプ場出口で
                   これを取り出した。野菜くずと糸くずが丁度振り分け荷物の様にな
                   っていた。
                   作業をしているとほかのキャンピングカ−からクラクションを鳴らさ
                   れた。取り出す際 上から水を少し流したので、ここで排水している
                   と思われたか?。


2000年1月8日〜10日
            2000年1月8日
                   冬季生息訓練2回目
                   目的地 あだたらフォ−レストパ-ク。今回は
電気スト-ブを試す。
                   土曜日2時出発、4時着、途中DiQ自動車に寄る。バ−スは前回
                   と同じB−13(左ハンドル、右ドア用)、宿泊準備が整い次第温泉
                   に行く。帰ってすぐ、友
人のキャンピングカーより携帯電話あり、
                   高速をいわき方面に走行中、魚を食べに行くとのこと。

                   夕食後又入浴ここの温泉は素晴らしい。この日の外気温−2度、
                   室温5度。我々にとってはなれ親しんだ温度、
快適に寝られた
            2000年1月9日
                   カミさん 温泉の開始と同時に入浴に行く。娘は幼児のくせに10時
                   起床、広いパ−ク内を散策する。散策後娘カミさんは昼寝。オト−
                   さんは椅子とテ−ブルをだして、
御酒を楽しむ
                   無風、快晴、気持ちよし。
向いに泊っていた人(ジャイコ)に話し
                   掛けらる。内容(車の話、訪問先ガス補充、など)。かなりのベテラ
                   ンさんのようだ。

                   夕食前に入浴、
夕食(ご飯、べ−コンエッグ,など)、電気を全部つ
                   けて食事をした。(通常は電気を2〜3個つけるだけ)
                   就寝前にまた温泉に入浴、カミさんは大喜びだ。
                   夜半 外気温2度、ほとんど無風、最初晴れ、朝方から雨になる、
                   室温 22度、暑くて寝れないので、ベンチレ−タを全開にする。
                   室温12度 快適に寝られた。
            2000年1月10日
                   7時半起床、朝食、9時 撤収の準備完了、手続き終了後カミさん
                   だけ入浴。
東北道を通り11時半帰宅した。
                    本当は雪の中で実験したかったのだが、カミさんを湯治に連れ
                   て行っただけで終わってしまった様だ。  まあーいいか。


2000年2月13日
                   整備のため車を動かす、下回りに
錆び止めの塗装をする。
                   どう言うわけか、バッテリーがあがっていた。どこか漏電している
                   可能性がある。急遽充電のため蔵王に温泉に入りに行く。
                   バッテリーは充電されたが、原因不明のため後日調べなければ。


2000年3月18日〜20日
                   墓参りおよび義兄接待
                   
仙台〜いわき〜あだたらフォレストパーク〜福島駅〜仙台
            2000年3月18日
                   3時仙台発5時いわき着。花粉症を発病する。
            2000年3月19日
                   午前中に墓参り、本家の挨拶を済ます。
                   
3時フォレストパークあだたら着、電源、上下水道をセットする。
                   後部収納庫の鍵が壊れ、どうしても開かず内部のクローゼットの
                   下の引き出しを取り外し、ホース類をとりだし無事設定した。
                    設定後温泉に入りに行く。
                   本日はどう言うわけか自走キャンパーは我々とジルがいるだけで
                   あとはトレーラーばかりでした。ジャイコの大型トレラーは広くて過
                   ごしやすそうだった。
                    天気は快晴、微風、暖かい、しばしそとで過ごす。
                   
夕食、おでん、御酒を飲む。義兄とコンピュータの話とモーターホ
                   ームの話をする。カミさん温泉に再度入浴に行く。
                   11時就眠。
             2000年3月20日
                   朝 カミさん、義兄入浴に行く、私、娘留守番をする。
                   朝食後撤収の準備を始めチェックアウト五分前に(10時)退場す
                   る。(又も後片付けに手間を取られた)
                   高速に乗り福島駅まで義兄を送る。その際 春一番が風いていた
                   ので、その後高速には乗らず、4号線で仙台まで帰ってきた。
                   4時掃除後帰宅した。最後の点検で
グレータンクの開閉レバーが
                   壊れているのを発見した。

                   今回は花粉症、春一番、収納庫の鍵破損、レバー破損等トラブ
                   ル続きであったが、義兄は喜んでくれた様であった。 
                    今回からは、普段バッテリーコードを外して置く事にした。


2000年3月25日
                   
冬タイヤの交換をする。
                   タイヤ交換から帰る途中雪が降り出し吹雪となる。道路に積雪は無
                   かったが翌日まで降り積もった。タンクのレバーは途中の松葉ピン
                   が脱落した模様、
松葉ピンを製作、土曜日に取り付ける予定。


2000年4月09日
                   
春の整備をする。
                   
下塗り塗装を可能な限り行なうスプレー2缶使用する。洗車、ワック
                   ス掛けを行なう。外部収納庫の鍵分解修理、タンクレバーに松葉ピ
                   ンを取り付けた。ニッケルコバルトクロームピンなので2度と錆びない
                   だろう。
                    心配した錆びの具合だが、冬になる前に一度下塗り塗装を行なっ
                   ているので、所々錆びていたていどであった。
                   各所に防錆びスプレーを施し油をさした。
                   最後に
AutoCamperからいただいたステッカーを後部に貼りつけ
                   て今回の整備を修了した。

                   椅子6脚に対してテーブル1脚では足りないのでテーブルを買い足し
                   た。後で見たら高は合っているものの大きさが一回り小さかった。
                   事前にメッシュテントを購入しているので、今年の夏は快適に過ごせ
                   るだろう。


2000年4月29日
                   連休に備えて整備をする。モ
スキートテント、およびテーブルを買い
                   足す。



2000年5月3日〜7日
                   目的:家族の慰安(早い話が湯治キャンプ)
                   目的地:
フォーレストパークあだたら
                   参加者:じいちゃん、ばあちゃん、カミサン、娘、私の計5人。
            2000年5月3日
                   11時車2台(グロリア 、Sunreder)仙台発、2時ごろ目的地着。
                   途中北に行くキャンピングカー数十台とすれ違う。それに対してだだっ
                   広いあだたらキャンプ場にはわずか三台ほどが停車しているのみ。
                   もっとも、回り中テントだらけで人があふれていた。
                    バースで電源等設営をしていると、グロリアがバックで荷物を降ろし
                   にきた。悪い予感がしたが、案の定、追突した。幸い 親父サンには
                   怪我は無く
バンパーが1cmほどめり込んだだけで済んだ。我がモー
                   ターホーム購入して1年になるが初めての事故とあいなった。
                   やれやれ。
                    ジイサン、バアサンは温泉へ、カミサンは食事の準備、私は設営の
                   続きをする。虫除けのテントやら、テーブルが2つ、椅子6脚、だいぶ
                   物持ちになった。
                   食事後 例によって御酒をたしなむこととした。
                      今回の
御酒は 常備酒の「せきのいち」
                                     「 盗っ人 」
                                     「久保田城」

                   キャンプ場の自然の中で飲む御酒はことのほかうまい!!
                   親父サンしきりに、のめのめ、とすすめるのは先ほどのせいか。
                   夕食:カツオの御刺身、ご飯、味噌汁。
            2000年5月4日、小雨、寒い、
                   昼、バーべQセットをかりて
やきとりを焼き皆に食べさせる。親父サン
                   珍しく4串ほどを平らげる、娘も2串ほどをたべた。
                   オトーサンは焼き鳥を口実に御酒をとっかえひっかえ味見をする。
                   普段 晩酌をする暇も無いオトーサンとしてはこの時ばかりが天下晴
                   れて御酒を飲める時、楽しんでしまう。
                   
夕飯は きんきの開きの炭火焼、ご飯(注文米)、味噌汁(一三湖の
                   蜆)、なんと質素で贅沢な食事だ。

                   食事後 家族うちそろって入浴にいく。
                   娘、この日三個めの(風呂上り)アイスをオトーサンから見事せしめる。
            2000年5月5日 快晴、暖かい。
                   朝食後、
岳温泉の公衆浴場へ行く(至る、30分ほど)。私の好きな熱
                   いお湯なので娘をだましだまし楽しんでいたが、温泉好きの家族が私
                   らより早く上がっていておどろいた。
                   温泉街でそばを食べた後、
あだたら山に行く。ゴンドラで中腹まで行
                   き途中まで歩く、残雪あり、カミサン、サンダルばきで追従する。見事
                   歩き通したけれど、周り中から勇気あると見事に誉められる。
                   帰って、焼き鳥が悪くなって食べられなくなるのを口実に、御酒を飲む。
                   「ジイサンバアサン山に柴刈りに、カミサン川に洗濯に」ではなくて、カ
                   ミサンと娘は昼寝、ジイサンバアサンは公園内散策、しばし、命の洗濯
                   をさせていただいたのは私です。
                   
夕食は焼き御握り(昼間食べるはずだった)と焼き魚(きんきのカス付
                   け
)で済ます。
            2000年5月6日 曇り、暖かい。
                   隣のEXE(キャンピングカー)の様子が何か違う。そう言えば帰ったは
                   ずであるが・・・・。
                   昼頃、ジイサン、バーサン一足先に帰宅。急にキャンピングカー内部が
                   広く感じられる。(もっともハングベットに親子三人寝ていたのだから広
                   く感じられるのは当たり前だが)。
                    
昼間は天気だったのでベット類、毛布類、マット類を天日干しをする。
                   前年の8月以来である。どうしても冬は結露があるので天日干しは必要
                   であるが、キャンプ場でやるのは何分にも気がひける。
                   夕方、翌日の出発のためにモスキートテントをたたんでいると
EXEの
                   奥さんに話し掛けられる、「家族5人でお泊まりの様なので、内部はかな
                   り広いのでは・・・」と言う話なので、内部を公開した。
                   ついでにだんな様を交えて4人で情報交換をした。

                   やはりこの家族も、我々家族と同じで余り走り周らず「定点、逗留組」の
                   様だ」、しばし、情報交換等話す。
                   この日、カミサン目出度く誕生日を迎えたので夕食にワインで乾杯をす
                   る。
            2000年5月7日
                   朝から撤収に掛かる、途中下からわざわざ
ジャイコ(モーターホーム)が
                   が上がってきて「オートキャンパーの記事、見ましたよ〜」と声をかけて
                   いただきました。

                   こう言うのって存在感があっていいな〜
                   2時帰宅。
                まとめ、
                   1月から続いたあだたら詣でも今回で御仕舞です。なにぶんにも人が
                   多すぎます。また寒くなったら訪問することにいたしましょう。
                   電源を取るのに3
0Mの電線ドラムを介在させていますが(車載の電線
                   プラグが大きすぎてキャンプ場側のソケットに刺さらないため)、どうも
                   容量が小さかった様でに発熱、朝方ショートしました。
                    それまでは寒くて熱もそれまでは上がらなかったのですが発熱のた
                   めドラムおよびコードが解けて断線した模様。

                   火事にならなくて良かった。
                   帰ってからしたことは容量の大きい電線を買ってエクステンションコード
                   を作りました。


2000年5月27日〜28日
                   目的 :花火大会見物および温泉
                   目的地:
岩手県錦秋湖、ホット湯田、錦秋湖サービスエリア岩手県前沢
                        ニュージランド村

             2000年5月27日
                   2時出発、途中
前沢パーキングで食事休憩、4時半最初の目的地ホ
                   ット湯田に到着。
ほっとゆだ駅の家族風呂でまずは入浴。
                   どうも のんびり走ってきたせいか駅の駐車場はすでに満杯、空い
                   ていたスペースは傾斜地ばかりでP泊には適さない。
                   
近くの小学校に特設駐車場(御祭り、花火大会、マラソン用)のがあ
                   ったのでそこに駐車した。中はキャンプ場の様相を呈して、車の後
                   ろはテントだらけだ。(
駐車料無料、かなりの駐車スペース、仮設トイ
                   レ3つ)テント村の仲間入りをして、花火大会を待つ。
                   食事は途中「たこマヨ」と「お好み焼き」を見た目に釣られて買ったも
                   の、味は最低。カミサンビールを片手に「損した損した」と文句を言う。
                    花火大会が始まり。会場に行こうとしたが、娘が怖い、怖いとごね
                   始める。予想はしていたので、カミサンだけ会場に、オトーサンは娘
                   と車に中から見ていた、去年は始まるとすぐにおお泣きだったが、
                   今年は時折 怖いというだけで、別段泣きはしなかったので、まぁ〜
                   少しは進歩した様だ。
                   カミサン花火大会が終了したので、ビール片手にご機嫌で帰宅し
                   た。ここでP泊しようとしたが、隣で宴会が始まったため、
錦秋湖サ
                   ービスエリアに移動。

                   できそこ無いの「たこマヨ」と「お好み焼き」と御茶の飲み過ぎで夕
                   飯を食べる気力が無いままP泊をした。
                    だだっ広い駐車場に車三台ほどが駐車しているのみで快適に就
                   眠する。(定期便無し、かなりの駐車スペース、トイレあり)
             2000年5月28日
                   朝6時起床、
パーキング内の遊歩道を散策した。
                   8時家族が起きだし、パーキング内の浴場で入浴。朝食はニージラン
                   ド村に行くのが遅くなるので牛丼とかつ定食で済ました。
                   錦秋湖サービスエリア10時発、約1時間で
ニージランド村に到着。
                   娘、蒸気機関車、ゴーカート、電気自動車等乗り物に乗ったあと。ウサ
                   ギ、羊、馬、牛に餌を与え満足そうであった。(かなりの駐車スペース
                   トイレ無し)
                   駐車場で
御茶付けの食事のあと、帰路についた。4時帰宅。
                   娘はさすがにはしゃぎすぎたせいか、翌朝まで爆睡した。 
                             
ほっとゆだ駅:駐車場中、トイレあり、温泉あり
                             
近くの小学校:特設駐車場大、期間中キャンプ可能?
                                    
役場のところから入る、誘導あり
                             
錦秋湖サービスエリア:駐車場大、定期便無し、温泉、遊歩道、
                                                アスレチックあり。1日中いられる。

                             
ニュージランド村:わざわざ行くところで無いが娘は喜んだ
                                      
駐車場大。道路勾配きっし。


2000年6月25日
                   バッテリーの充電かたがた、仙台港近くの蒲生干潟に遊びに行く
                   小雨がぱらつく中娘と海岸を散歩する。カミさんは車の中で御昼寝
                  、帰りに移動焼き鳥やのやきそばを購入、帰って三人で食する。
                   食べたあと又娘と波打ち際で遊ぶ。
                   その間発電機でサブバッテリーに充電を行なうが、如何せん途中
                   でコンセントが外れていたので、フル充電とはならなかった。


2000年7月1日
                   小型の焼き鳥用のバーべQセットを購入。松島町浜田にある、ハー
                   バーにて、焼き鳥のためし焼きをする。グランシャリオUはまだ健在
                   の様で安心した。
                   帰りに小野寺ボートにより
ヨット用のバッテリー切り替え器を注文した。
                   offになったら2バッテリー化をする予定。
                                  
浜田港:単なる漁港であるが我らがグランシャリオ
                                              Uの母港。
                                  グランシャリオU外洋帆船CC33グループ所有


2000年7月8日
                   前日塩釜にある小野寺ボ−ト製作所に切り替え器を取りに行く。
                   しかし 1個ではすべてが切り替わるものではなく、すべては振り出
                   しに戻る。ただし今度は小野寺ボートのオヤジさんが設定を考えて
                   くださるそうだ、ついでに加工もしていただくことにあいなった。
                   なにせ構造はヨットと全く同じ、加工は任せた方が安全だろう。
                   台風の中出動した甲斐はあったようだ。
                                
☆小野寺ボート製作所 松島、塩釜のボート、ヨット
                                        の製作、修理の老舗


2000年7月22日
                   多賀城にある三
松自動車に取付けを依頼する。4〜5日キャンピン
                  グカーのない日が続きそうだ。
                                 
三松自動車 キャンピングカーを所有キャンピング
                                        
関係に強い小野寺ボートより紹介さ
                                                れる。


2000年7月29日
                  
バッテリーの改装修了。110Aと95Aを新たに装着。船舶用の電源切
                  り替え機で任意に切り替えて充電、取り出しを行なえる様にした。
                  ただし能力についてはまだ未定。これで冬場に朝早くに起き出した
                  り、照明をケチる必要はなくなった。
                                  
切り替え器
                                 
  A&Bの切り替え
                                          全閉
                                          パラ接続
                                          ができる。ロック機能が付いていて確実に
                                          接続できる。
                                          バッテリーの容量が違うのは収納庫の関係。
                                          よって パラ接続は出来ない。


2000年7月30日
                     
高速古川〜三本木町〜ひまわり温泉〜ひまわりの丘〜4号線帰宅
                                                                    
                     
バッテリーの性能を確かめるのと温泉めぐりに宮城県三本木町「ひま
                  わり温泉」に行く。
                  11時着、1日券を購入、入浴する。温泉は内湯2槽、サウナ、露天風
                  呂1槽。泉質ーアルカリ単純泉、ぬるめ(37度)、泉量豊富。
                  入浴後温泉内で軽い食事、いったん車に戻り休憩をする。
                  窓、ドア全開状態で室温29度、ただし拭き抜けて行く風が快適なの
                  でカミサン気持ち良く昼寝。オトーサンも昼寝をするはずであったが、
                  子守りをする。
                  2時、もう一度温泉に入り、帰途につく。
                  途中『ひまわりの丘」に立ち寄りひまわり畑の中で遊ぶ。4号線を通
                  り5時帰宅。バッテリーの性能も上々であった。
                               
    ひまわり温泉(三本木温泉)
                                             宮城県三本木町にあり、古川、大和インター
                                             からそれぞれ15分で着。駐車場250台収容
                                             入浴料平日800円土日祭日1000円
                                             規模中であるが設備整い、従業員親切。
                                             貸切温泉設備あり、1500円(1時間)
                                             キャンピングカー駐車-「最適」
                                           ひまわりの丘
                                             写真などでは有名であるが、何のことは無い
                                             ひまわり畑である。見渡すばかりのひまわり畑
                                             駐車設備大(300台)シーズン中は駐車料2
                                             00円掛かる。キャンピングカー駐車「出きる場
                                             所あり」。


2000年8月6日〜8月7日
 
                 
 仙台〜6号線〜いわき〜墓参り〜6号線〜仙台
              
  目的:カミサンの実家の墓参り。
                  
バッテリーのテスト
                2時仙台発5時15分いわき着。途中バッテリーを切り替えて、使用、
                  充電を繰り返す。その結果十分、二つのバッテリーを賄えることがわ
                  かった。
                (車は冷房を使用、使用器具は冷蔵庫、照明。車の速度約50km
                  、Aメーターが一目盛り下がったところで充電を開始、元に戻ったとこ
                  ろで切りかえることを繰り返した。)
                  高速でいわきに行くと所要時間2時間半で距離180km、燃費約38L
                  、6号線を通ると所要時間3時間30分で140km、燃費28L、燃費は
                  それぞれ5Lと6L、高速が意外と伸びないのは急な山越えを二つ
                  するせいかもしれない、(仙台福島間、郡山いわき間)
                  高速代1万とガソリン20Lと1時間分の余計な時間、どちらが特か考え
                  て見るか。ともあれ、猛烈な雷雨の中仙台に6時ごろ帰った。


2000年8月12日〜14日
                
                  
仙台〜三陸道路〜45号線〜駅の道「もくもくランド」〜汽仙沼「魚市
                  
場」〜駅の道「高田松原」〜モビリア〜「広田海水浴場」〜45号線〜
                  
三陸道路〜45号線〜帰宅

                  目的:キャンプ、海水浴
             2000年8月12日
                  巷では御盆の帰省ラッシュの中、9時30分一路陸前高田オートキャ
                  ンプ場モビリアに向けて出発した。渋滞を心配したが仙台市内およ
                  び
45号線は普段より車の量こそ多いがスムーズに流れていた。
                  
利府街道、三陸道路を経て石巻市に入る、ここで 初めて渋滞につ
                  かまる。数十分の渋滞の後またスムーズ進める様になる。−結局行
                  きも帰りもここだけが渋滞していた−。
                  11時30分
駅の道「もくもくランド」着。丁度何かのイベント中でバンド
                  やら、フリーマケット等イベントが行なわれていた。しばし休憩、天

                  らそば、なめこそばを食する。娘は食後にソフトクリームをゲット
。1
                  時近く休憩。
                  45号線を進み、
気仙沼市内の魚市場で秋刀魚を仕入れ、(一匹36
                  0円なので4匹しか買わなかったが、あとで後悔する。)大根は駅の
                  道「高田松原」で手に入れ陸前高田に向う。
                  モビリアには三時着。手続きを済ませ、B-15に入る。
                  設営後食事の準備に掛かる。
                   「
この日の夕食のメニュー」
                   秋刀魚の塩焼き(炭火焼き)、焼きポテト、ご飯、味噌汁(三陸ワカ
                   メ入り)サラダ、ビール、焼酎、御茶。

                  オトーサン秋刀魚を丁寧に焼く、やはり匂いからして違う。食して、
                  昔の味を思い出す。たちまちなくなり。もっと買っとけばと後悔する。
                  11時就寝。9時ごろ強い雨がふり夜半に上がる。涼しく、熟睡す。
             2000年8月13日
                  4時起床(珍しく娘が起き出した)、天気快晴
                  9時
朝食ご飯にウインナー、目玉焼き。御茶。10時近くの?海水浴
                  場に歩いて海水浴に行く。
(広田海水浴場)くだり10分帰りー登り
                  なので40分くらいですかねーとフロントが言う物で歩いていく。
                  モビリアー海水浴場間、約5キロ。片道1時間、田舎道を散策する。
                  約1時間海水浴を楽しむ。帰りは登りなのでタクシーで帰った。
                  フロントにその旨告げると、彼らが言ったところは違うところだった
                  様で。あそこまで歩いて海水浴に行くのは「開闢以来初めてじゃー
                  ないですかねー」といわれてしまった。
                  
昼食、スパゲッテー(ミートソース)、氷水、西瓜、御酒
                  食後、御昼寝、4時、アスレチックで娘を遊ばせる。オーオー進歩
                  したものじゃ、器用に遊べる様になったものだ。
                  
夕食、焼き鳥、鶏肉、焼き御握り、野菜、御酒。
                  10時就寝、夜半冷え込み、毛布を出して寝る。
             2000年8月14日
                  朝6時に起床、撤収をする。
9時朝食、やきそばに御茶。
                  10時チェックアウト、前日の海水浴場に向う、車を駐車場に止めて
                  (駐車料500だった)
海水浴をする、娘、オトーサンの背中につかま
                  りながらも泳ぎを楽しんだ様だ。12時半ころ広田海水浴場を後にす
                  る。
途中コンビニで弁当を買い脇のくぼ地で休憩かたがた食す
                  5時仙台着。
                              
もくもくランド
                                 
運転に飽きたころ現れるので休みやすい
                                        木製品が売り。駐車場、中、付属のそばや
                                        の味、並み、手打ちは食べなくても惜しく
                                        は無い。

                              
気仙沼魚市場
                                 
活気あふれている、駐車場、大、ただし魚の種類
                                        は豊富でない。そして余りお安くは無い様だ。
                                     高田松原
                                        駐車場、大、海岸を覗ける塔がある。脇に野菜を
                                        売るところあり。
                                     陸前高田オートキャンプ場「モビリア
                                        かなり有名なキャンプ場であるが、御風呂有料、
                                        シャワーの数が少ない、また風向きの悪いくぼ地
                                        にあり風が巻いたり無風になったり、安定しない。
                                        設備は整ってはいるがキャンピングカー対応とは
                                        言いがたい。
                                     広田海水浴場
                                        駐車場、大。
                                        海水綺麗、人少ない、波静か。


2000年8月27日
            目的
メンテナンス 
                場所: 岩沼緑地公園駐車場
                ガス周りのメンテナンスを行なう。
                      
タンク周り、配管
                             古いが異常無いようだ
                          ガス冷蔵庫
                             分解整備、カ−ボンの除去および接点の
                             研磨。ただし冷えるのに時間が掛かる。
                             ガスでも無くなったか。
                          FF暖房機
                             分解整備 筒内、火口の清掃、カーボン
                             除去。
                          温水器
                             購入してから作動しなかったが、各部
                             清掃、および接点の再接合、研磨等を
                             行ない、稼動するようになった。
                          ギャレ−部の掃除
                             火口の清掃、オーブンの清掃


2000年9月24日
                 豪雨のため点検。
                 左、ダイネット部に浸水していた、原因は不明。
                 余りの豪雨のため窓サッシ部から雨が漏れ出したか、あるいは
                 箱の繋ぎ目のコーキング部から染み込んだか・・・・。
                 タオルで水をふき取り、暖房と冷房を目イッパイ作動させて乾
                 燥させた。悩みの種が又増えた。ヤレヤレ


2000年10月01日
                絨毯のクリーニングを行なう。
                内部が乾燥したのでクリーニング材を拭きかけ清掃する。汚れ
                も取れ、幾分か気のせいか光っているような・・・・・。
                ついでに水垢をとりワックス掛けを行なう。
                例によって また雨が降る。


2000年10月07日〜09日
            行き先:
栃木県黒磯鳥野目河川オートキャンプ場
            コテージ泊
            参加者:オトーサン、おかーさん、愛ちゃん
            佐用家:昇オトーサン、紅実子おかーさん、
                佳世子ちゃん、かなえちゃん
       2000年10月07日
                 仙台2時出発4時半ころキャンプ場に到着、佐用家1時間前に横浜
                 から到着、合同キャンプを始める。しばしの休憩の後食事のした
                 くをする。
メニューは秋刀魚の炭焼きとタン塩焼き、おおいに盛
                 り上がる。娘生まれてから始めて親元を離れ、佳世子ちゃん、か
                 なえちゃんと一緒に睡眠す。ただし布団が6組しかなく、オトー
                 サンは布団に
あぶれて1人キャンピングカー泊する。
                 オト-サン日本酒とワイルドターキーで朝までぐっすり熟睡す。
       2000年10月08日
                 朝7時起床バトミントンをし、朝食後公園内を散策する、さすが
                 にキャンピングカーは少ないタイオガ19ft1台のみ。
昼飯はスパ
                 ゲッティとパン。

                 午後から公園内の
池で釣りを予定する。オトーサン急遽釣り竿と
                 仕掛けを作る、竿は近くの竹やぶから切りだし、浮は風船、糸と
                 針はもらう。
                 午後から佐用家オト-サン佳世子チャン、かなえチャン、私、愛
                 のメンバーで釣りに出かける。餌は売店にたった一つ残っていた
                 練り餌。結果は小魚7〜8匹。子供たちは意気揚揚と帰還。魚はバ
                 ケツでしばし過ごした後、夕飯前に近くの池に続く小川に御帰り
                 いただいた。
夕食、鳥皮、ねぎ間の焼き鳥、スペアリブ、カルビ
                 、サツマイモ、ご飯

            
     オト-サン今夜もキャンピングカー泊。娘この日も子供たちと一
                 人寝をする。
       2000年10月09日
                 明け方木の梢から落下する雨音で目を覚ます。煙るような雨であ
                 る。6時ごろ再度起きだし内部の片付けと外部の水垢取りを行なう
                 、雨の日は洗車の必要が無いので楽である。屋根に登ってブラシ
                 を掛ける。終了後コテージに行くと娘以外全員が起きて朝食の準
                 備ができていた。
ソウセージ二本、ゆで卵前日の肉、ご飯
                 食事中に
次回の話を聞かされる。前日就寝前にきめたそうだ。
                 9:30 遠距離なので佐用家 早めに帰還。
                 10:00我々もチェックアウト、付属の駐車場で備品の収納をする。
                 雨の中、那須IC〜仙台南IC間1時間55分と言う驚異的な時間
                 で帰宅した。
                         
鳥野目河川オートキャンプ場
                                      テント泊を主体としたキャンプ場、中は広い
                                      が長細い、黒磯の町の外れにあるので、車の
                                      音がする。係員は親切、コテージは広くて綺
                                      麗。テントサイトは幾分狭い、テント2張りで
                                      イッパイの様だ。最初はキャンピングカーは
                                      コテージに入れないとのことであったが、十
                                      分にコテージの脇に駐車できた。


2000年10月14日〜15日
         
仙台〜いわき間
         目的:法事
             
ファーストカーがローバーミニなのと娘が小さいいし荷物も運ば
                なければならないので、キャンピングカーで行く。ただし 普通
                に行ったのでは面白くないので燃費の計測をした。
                吹かさず、追い越さず、ひたすら前の車に続く。
            
    燃費は148Kmで22.1L 7.6/1Lといったところだ。
                V6、3000cc 2800kg(推定重量)では 走ってこんな物か。


2000年11月3、4、5日
           目的地:
フォレストパークあだたら
           目的:湯治
           参加者:じいちゃん、ばーちゃん、おかーサン、愛ちゃん、私。
        2000年11月3日
                  仙台発10時出発、高速道路に乗る、約1時間順調に走るが吾妻パ-
                  キング手前で後部に異常振動を感ずる。最初は小刻みな振動であ
                  ったが次第に大きくなる、速度を90kmから最低の60kmまで落
                  として見るが振動は次第に大きくなり最後には
バ−ストた。
                  吾妻パ-キング直前だったので、そのままハザ−ドランプを点灯
                  しながらパーキングに滑り込んだ。
                  バーストしたのは左後内輪、(ダブルタイヤで本当に良かった)
                  この日のためのキャンピング車用の保険を活用したが、工具がな
                  いとのことで、タイヤ屋を紹介すると言われた、到達時間がなん
                  と2時間後。結局らちがあかない。(紹介された時点で1時間が経
                  つていたので)修理修了時間は4時過ぎになる。
                  結局、保険のサービスをあきらめ3km先の西福島まで、低速(6
                  0km)で移動し高速を降り、最寄のガソリンスタンドにたどりつ
                  いた。結構 大きなガソリンスタンドであるが、交換の自信が無い
                  とのこと、近くにある大型車用のタイヤ屋サンを紹介される。
                  しかしそこは休みであった。
                  本に今日は仏滅か!!。
                  最後の手段として
じいちゃんの山仲間が近くで自動車屋さんを
                  しているとのことで、TEL。やすみであったが快く交換に応じて
                  くれた。無事交換も済み、お茶、お菓子、予備のタイヤまでいた
                  だいて、4時 再出発、今度は4号線をあだたらに向う。
                  車載のジャッキ、工具は持っているが、そんな物では3t近く
                  ある物が持ちあがるはずも無いのは判りきっている。対応できな
                  いのならなにがキャンピングカー保険だ、ブッブッ。
                  ともあれ 5時すれすれにキャンプ場に到着。場所がB−13の
                  定位置を予約していたので、設営時間10分で完了した。
                  ば−ちゃん、カミサン、愛ちゃんはお風呂へ、おーとさんは夕食
                  の秋刀魚を焼き始める。
             
     夕食は秋刀魚の炭火焼、大根下し、ごはんに味噌汁。
                  夕食の後 ふたたび 入浴する。
        2000年11月4日
                  快晴、風2、8時起床、全員で入浴する。
ご飯、卵焼き、ひじき、
                  まいたけで朝食を取る。

                  食事後、ば−ちゃんは散策に出かけ、じいちゃんと愛ちゃんはス
                  ク−タ(子供用の)の練習をする。カミサンはまたお風呂。
                  オトーサンは車の水垢とりに精をだす。
                  お昼はそば。食事後 じいちゃんはお昼寝、オトーサンはお風呂
                  ばーちゃんと愛チャンはお散歩、カミサンは内部の整頓。風呂か
                  ら帰つておとーサンは、快晴の秋空の中で落ち葉の落ちる音を聞き
                  ながら、一
人酒盛りをする。しばし一人で楽しんでいると、上の
                  サイトからこちらを呼び出す声がしたので振り返ると、1月9日
                  にここで声を掛けていただいた
JAICOさんでした。約1年ぶ
                  りの再開です、しばし 情報の交換をする。
            
      夕食はおでん、ご飯、餅
                  入浴後就寝。
        2000年11月5日
                  朝から撤収の準備をする。朝飯は、フ
ォーレストパーク特製の
                  サンドィチとコーヒー
。例によってチェックアウト過ぎに退場
                  した。実は偽って退場時間が10時だと言っていたのがばれて正
                  規の11時に退場したのだが、それでも退場時間オバーするとこ
                  ろが内のカミサンらしい、彼女は船乗りにはなれんなー!!
                           今回の入浴数
                                   カミサン 8回
                                   ばーちゃん7回
                                   愛ちゃん 8回
                                   じいちゃん5回
                                   私    6回
                  温泉三昧の旅であった。サンドイッチ300円でおいしいです。
                  帰宅 4時、


2000年11月11日
                  タイヤを 一寸早いがすべて
冬タイヤと交換する。
                  ミッションオイルラジエターパイプ交換の手続きに近くの日産
                  に行く。近日中に部品を調達してくれるとのこと。
                  問題の夏タイヤは前輪に履いていた8プライの物とスペアータ
                  イヤ用の物を除いた3本をすべて破棄した。
                  来年8プライのタイヤを新たに買わなければならないが、パン
                  クの心配をしながら走るよりはなんぼかい良いでしょう。
                  暫時空気圧を前輪3.5kg、後輪4.0kgにしておいたが後で
                  調整が必要になるかもしれない。


2000年11月23日
                 車の入れ替え中に
排気管をエントランス部シャーシから切断す
                 ラジェターパイプと一緒に近くの日産に修理に出すことにした。
                 一難さって又一難である。
                 運転がなれてきたので注意散漫となるか。
            
     右フェンダーにフェンダーミラーを装着、3時方向〜6時方向
                 の視界格段に良くなる。


2000年12月22日
                 1ヶ月を経過してやっと車の修理なる。


            
2000年12月30日〜2001年1月3日
             目的地:
フォレストパークあだたら
                 病み上がりの娘(風邪)、風邪をひきそうなおかーさん
                 ひきたくないので抗生物質を呑んでいたオトーサン
                 いずれも余り食欲がないのと元気がイマイチの状態で出発。
           2000年 12月30日
                  4号線を二本松まで岳御温泉方面に入る。途
中 ピザの店(名前
                 聞くのをわすれた、天然酵母のピザの店)に入りマルガリータと
                 茸のスパゲッテを食す。

                 3時10分 B−13に入り設営を終了する。
                 今回からカラーテレビが装備されたので、後部ラダーにアンテナ
                 を仮設した。写りは上々。
                 明日、紅白は快適にみれるだろう。設営が終わって、入浴後
            
     あたりめと雪蔓蔓をいただく、夕食は軽く済ませる。薬の性か食
                 事もお酒も余り進まない。
                 寝るとき、試しにダイネットベットを展開しないで寝れるかどう
                 か確認するため、むすめとかみさんをオーバーハングベットに寝
                 かせ、私はソファーで寝てみた。ベットを開かなければ通路が自
                 由に使えるので楽である。試してみたがどうも狭くて寝れない、
                 夜中にベットを展開して再度就寝する。 
           2000年12月31日
                 6時起床、場内を散策する。かみさん8時半起床、少しかぜ
                 ぎみか、交代で朝風呂に行く、娘まだ睡眠中。
            
     目玉焼き、ウインナ、トマト、パンの朝食を採る。
                 娘食事中に起床、朝食に参加する。
                 その後おとーさんはお昼寝、かみさんとむすめ風呂に行く。
                 前日はドルフィン、OX、トレラー2台しかいなかったが
                 ウィネベーゴ、ハイマー、ドルフィン等徐々に増え始めた。今年
                 のキャラバンサイトは閑散としている。
                 夕食後TVを見て過ごす。11時年越しのイベントがあると言うの
                 でつまみ持参でビジターセンターに行く、しかし、参加してすぐ
                 娘が寝てしまい、車で年を越すことにした。
           2001年01年01日
                 夜半から暴風雪となる。
                 朝6:30起床 
初日の出を見にサテライトBに行く、地吹雪の中初
                 日のでが見えるかどうか心配であったが7:10雲の中からわずかに
                 顔を出したのをとらえた、見たのは我々ともう一家族と職員の方
                 一人であった。まあ〜兎に角
21世紀の始めての初日の出は見るこ
                 とが出来た。

            
     朝飯はお雑煮とお酒、食事後ビジターセンターにお餅を食べに行
                 く、風が10メータ近くあり時々ゆきが舞う天気が1日続くジャッ
                 キUPしていないので時々揺れるが気にならない。
                 終日TVとお風呂、昼寝で過ごす。娘食欲が戻った様だ。
                 夕方風がさらに強まり、どんどん外気温が下がり始め、ついに待避
                 要請がでた。
                 夜半トイレに行くとサテライトステーションで、暴風雪にもかかわ
                 らず
酒盛りをしている人あり、面白いから参加する。
                 彼らはテント泊の人たちで退避勧告が出た後ここで酒盛りをして
                 いたらしい。娘とカミさんが迎えに来て、お開きとなる。
           2001年01年02日
                 終日猛吹雪
                 風呂に行くのも大変だ、それでも猛吹雪の中、何度も風呂に行く、
                 一日中、親子三人車の中で、遊んだり食べたり、昼寝したりして
                 過ごす。飽きたら又風呂に行く。
                 そんな所に4日も居て良く飽きないと言う人も居るが、けして
                 飽きない。一日もなにもしないにもかかわらず、あっというまに
                 過ぎて行く。
                 夜半、強風が吹きすさぶ。揺れるのには慣れっこな私達でも少し
                 しんどかった。
           2001年01月03日
                 終日豪雪 積雪30Cm。
                 前日とは打って変わって風は無くなったが、今度は本格的な雪と
                 なる。車に雪が厚く積もったので雪降ろしをする。
                 たびたび、雪かき車がでて、通路を雪かきして行く。
                 翌日には帰るので
後輪にチェーンを巻く。前輪用にと前の車のチェ
                 ーンを持ちこんでいたので履いてみたのだが、わずかの所で鎖が
                 巻けないので諦めた。前輪用も買わなければならない様だ。
                 この日始めてカミさんと娘、雪で遊ぶ、二人とも体調が元に戻った
                 様だ。翌日道路が踏み固められてミラーバンになる前に出発すると
                 言ったので、カミさんには珍しく前日に食器類の整理をした。
           2001年01月04日
                 朝7時起床、食事後撤収を開始する、前日のカミさんの努力もあり
                 すぐに完了となる。
                 雪を掻き分け、ビジターセンターに行き会計を済ます。その際、職
                 員の方に初日の出のプリントをいただいた。
                 キャンプ場からの急な長い下り坂も早めに出発したせいか順調に下
                 りることができた。後の難所は岳温泉〜二本松間の峠越えだけだな
                 と思いっつさしかかると、最初の下りですでに渋滞に巻き込まれ、
                 進めなくなる。雪質最悪、車の外に出ると滑って歩けないほどだ、
                 夏タイヤの車や、チェーンだけの車が渋滞の原因だが、前進も交代
                 もできないのでは仕方ない、兎に角できるだけ脇に寄せてもらい、
                 数台の車と共に、何とか峠を越えた。
                 最微速ではあるが
スリップしたり流れたりしないので楽に下りるこ
                 とができ
て幸いであった。
                 撤収時、重量物をすべて前の方に移しておいたのが幸いした様だ、
                 通路はすべて荷物だらけになったが、その分前輪過重が増したので
                 運転が楽になった様だ。二本松市手前でチェーンを外す。
                         
キャンピングカーの特性としてオーバハングが長ければ
                               長いほど前輪過重が少なくなる様だ、荷物を後に積めば
                              、その分、重心は後にずれる。その結果雪道では舵が効
                               きにくくなる傾向がある。

                 4号線を吹雪の中、無事、帰宅した。
                 仙台でも、現在は大雪警報がでていて路面が凍結を始めたので、良
                 いタイミングで帰宅できたと言いたい所だが泊地100M手前で、おば
                 ちゃん車に右のサイドミラーを壊されてしまった。
                 おばちゃんはそのままスピードを上げ逃走。
                 泣く泣く、右と左のミラーを交換して応急修理となす。
                 右のミラーは余り重要性はないが予備のタイプの違うミラーを取付
                 けてお茶を濁しておく。何とかして同じ物を手に入れなければ。
                 しかしミラー先端から居住部分までわずか数センチ、危ないやっち
                 ゃ。こんどっから反射板でも貼りつけて置かなければ。


     

 

             続く!!


とは言え この漂流記も始まって1年半、次はどうなるのか、
何処に行くのか判りません。それで良いとおもいます。出かけ
るのはその日の風しだい、気に入った時や場所に赴くままに
出かけましょう!!。