死角について

                                                          2005年1月更新

            この車は右後方(3時〜4時方向)が丸で見えません。というよりこの形式のモーターホ
         ームの共通した問題なのでしょうが死角が存在します。
         普通の交差点ではもちろん問題無いのですが、進入角が30度ないし40度の交差角を持つ
         道路では、進入時 道路を走ってくる車が見えません。
         同乗者がいれば確認してもらい恐る恐る進入しますが。それにしても オッカナイ。

                
               最初に考えたことはミラーの位置を変えて視界を確保しようとしたがどうも具合が悪い。
               後方確認がやりにくくなってしまうしミラーの付いている位置で鏡の角度を変えてしまうと
               見える範囲はわずか数センチ、役に立たない。
     


         

          そもそも運転者に対してミラーの位置が悪すぎる、後方確認をするのにかなり首をひね
         らくてはならないし、助手席に人が乗っていると乗車位置によって後方確認ができない
         ことがある(ヘッドレストに頭を付けていれば問題は無いのだが、頭を浮かすと簡単に
         運転者とミラーの間に入り込む構造になっている)、同乗者に動くなと言うのも限界が
         ある。         本来はもっと前方に無ければならない様だ。

           


何とかしなければ

          それでは暫時ミラーを増やしてみれば」と言う事になったがこれがまた満足な物がない。
        それに最近はバックミラーなんぞ売ってはいない。それでも色々なミラー(自転車、オー
        トバイ、ルームミラー、ワンボックスカーの後部確認用のミラー)を試して見ましたがこ
        れゾと言う決め手がない。また取り付け位置が難しい。
        おまけにこの車は三角窓というものが付いていてステーにミラーを増設しにくくしてい
        る。

                          
     
    ミラ−を前方に出すか車側に寄せるかすると目的は達成できるのだが三角窓が視界を邪魔
        してしまうのとフロントガラスの枠が邪魔になって見ることができなくなってしまう。
        現在は図の様に ワンボックスカーの後方確認用ミラーを取り付けて死角を無くしています
        がなんと言っても応急手当。


一応は見える様にはなったのだが

               

         それでも視界は良好で死角は無くなったが・・・ミラーが3つも付いていたのでは確認が
        いちいちたいへんである。


こうなれば理想的だが

          この様にすると死角も無くなり一度で確認ができるし、首も疲れないので一番良いだが
         FRPに穴をあけるので水漏れの心配と車検が通るのかが心配です。

                  
                 
     
     タイプB、タイプAにはこの方式のものが存在するので後は情報を集めるのと、勇気で
         す。
あとから聞いた話だがこの絵のようでもだめでもっと前までださいないとだめだそうで
         す。


現実はきびしいものです。

          大久自動車にメールを入れた所、次のことが判明しました。
              こういうタイプのバックミラーは存在するが非常に高価である。
              これを取り付けても、車検の関係上既存のミラーははずせない。
              とのこと。値段はともかくミラーが3つも4つも付いていたので
              はどうしょうも無い、一応この計画は断念することにします。

結局

           結局の所、一番オーソドックスなフェンダーミラーに落ち着きました。これが一番見
         やすい様です。デザイン的には最悪ですが今まで見えなかったところが手に取るよう
         に見えます。右フロントに1個取りつけました(左ハンドルのため)。
         デザイン的にこれだけはやめようとしたのですが・・・しかたない。
         ただし 運転時の右後方の確認が首を極度に回さなくても済むようになり、非常に楽
         になったこと、助手席に人を乗せても後方確認ができるなど改善された。
         今までは長時間運転すると首が痛くなったり、助手席に乗った人の姿勢の問題で後方
         が丸で見えなくなってしまうことがあったが、これで運転が楽になるでしょう。
         欠点としては従来のサイドミラーがフェンダーミラーに写ってしまい遠方がブライン
         ドされてしまうことですが、それもかなり後方で運転には差ほど支障はでない、如何
         しても確認が必要な時は従来のミラーを覗けば済むことである。

           
 接触事故を起こし右ミラーを破損、車検時に重機のものと交換してもらう
           
今までのことがうそのように後方視界が良くなったただしやはり30度付近は見えな
         いのでフェンダーミラーは重宝している。これでも助手席で子供が起きているとミラ−
         が見えないときがある。

                  

 

図解へ戻る