作品名: ミスター・ノーボディ -


新規書込欄へ  ヘルプ
お名前: マエロウ   
TUTIMAさんへ。津嘉山バージョン同好の士が増えて嬉しいです。
クリント・イーストウッドとユル・ブリンナーのパロディ説。成る程!と感心致しました。
そう思って観ると面白さが増しますね。
[2007年12月30日 22時10分19秒]

お名前: TUTIMA   
とんだ時期はずれでごめんなさい。私、自慢ではなく映画を見ると台詞を覚えてしまう癖があり、最近やっとDVDを購入し、覚えていた台詞から昔テレビで見たのが津嘉山バージョンだったことがわかりました。日本語吹き替えが2種類とも収録されていたため広川バージョンの方も見て(聴いて)みました。一種の刷り込みかもしれませんが、他の方が指摘されてますように(悪いですが)広川バージョンより津嘉山バージョンが台詞、言い回しすべてにおいて秀れていると改めて感じました。
私は、酒場でのシーンがとても印象的で、対決!?する2人の男が有名スターのパロディに思えてなりません。それは、最初にグラスを撃っていた男は、クリント・イーストウッド、後から出てきてビンタされまくる早撃ちはユル・ブリンナー。いかがでしょうか!?
[2007年12月5日 22時46分12秒]

お名前: マエロウ   
訂正
 「津賀山正種」→「津嘉山正種」 なんてことだ。失礼いたしました。
[2006年8月23日 1時8分53秒]

お名前: マエロウ   
 またひさしぶりに観てしまいましたノーボディ。やっぱりかっこいいですね。
DVDの字幕版(ノーカット)で観ると、日本語版では活かしきれなかった部分があったり、ここを
カットしたから意味が通じなかったのか、という部分や、逆に冗漫に感じてカットしてよかったなあ
と思う部分とか、いろいろありました。
 そこで、DVDノーカット版とTV日本語吹き替え版を比較してみたく思います。なお、日本語吹
き替え版は、以前カキコミしたようにもちろん津賀山正種ノーボディです。

 稙本語吹き替えでは活かしきれなかったセリフ>
・「ノーボディ」という名は吹き替え版では「名無し」の意味にだけ使われていますが、字幕版だと
 「誰もいない」の意味で効果的に使われている部分が2カ所あります。
 1、冒頭床屋での銃撃戦終了後、
   子ども「パパ!あの人よりもっと早く撃てる人って、いないの?」(←演技ヘタで笑えます)
   床屋「あれより早くか・・・いないだろうな」
   (字幕版)「彼より早い男?・・・ノーボディ(誰もいない)」
   この直後にタイトル「MY NAME IS NOBODY」が出ます。
 2、ノーボディとボレガードの初めての対話
   ノーボディ「どっか行っちまうつもりらしいけど・・あんたがいなくなったら悪党は誰が
         退治すんの?・・・誰もいないぜ」
   (字幕版)「あとを誰が継ぐ?ノーボディ(誰もいない)」
おわかりのように「ボレガードより早撃ちの男」「彼のあとを次ぐ男」=「ノーボディ」という含み
が日本語吹き替え版では表現しきれなかったわけです。

◆磽庁孱張痢璽ット版が冗漫な部分>(これは個人差があるでしょうからあくまで私見です)
・なんといっても「ホラーハウス」。といってもTV版しか観てない人にはわからないので、解説。
 サリバンに依頼されてボレガードと対決するノーボディ。結局ボレガードの帽子を撃ち抜くのみ。
 じつはこのあと、裏切ったノーボディを始末しようとする手下共と、ノーボディ・ボレガードの
 二人がミラーハウスのようなとこでコミカル銃撃戦?を行うわけです。手下の中には、この前の
 酒場でノーボディにビンタをくらった二人もいます。・・・とにかく冗漫です。眠くなります。
 TV版がここをカットするのはまさに正解でしょう。

<TV版がカットしたから意味が通じなかった部分>
・「ビリヤード台でのノーボディとボレガードの対話」
 グルグル人形の直後に、鉱山を持ってた爺様のビリヤード台でノーボディとボレガードが、銃で
 玉突きしながら対話します。銃でビリヤードの玉を撃つと、ポケットにガコン!と決まります。
 ボレガードをあらわす玉が台に一つきりになった時、ノーボディは玉を供給する管から150個
 の玉を台の上に放つ。ワイルドバンチの実写が直後にはさまる。
予告でも用いられたシーンで、なかなかかっこいい。尺が長めですが残して欲しかった。
                   ↓
・そのビリヤード台でノーボディが祖父から聞いた寓話を話します。実はこの寓話がないと、最後
 の手紙に意味不明部分が生じるのです。以下、その寓話の概略。
(字幕版)誤って巣から落ちた小鳥。寒さでピーピー鳴く。通りがかった牛が哀れに思って小鳥の
     上に糞をした。小鳥は糞の熱で暖まったが、なおもピーピー鳴いた。通りがかったコヨ
     ーテが小鳥の汚れをはらってから、パクッと喰ってしまった。
 ノーボディ「この話には教訓があるらしいんだ。」
                   ↓ 
(字幕版)「最後の手紙」
 ボレガード「小鳥の話の意味もわかった。新しい時代の道徳観だ。悪に見える善もあれば、善に
       見える悪もある。肝心なことは、ヘタに騒ぐなということだ」

これが日本語吹き替え版ではこうなっています。ここでは破綻をみるため広川ノーボディ版で。
「それにつけても思い出すのは爺様の話だ。あっためてやろうと馬が小鳥を寝ワラに入れてやった
 らな、狐がかわいそうに息苦しいだろうとそこからだして喰っちまったっていう話だ。これから
 はそういう時代になるぞ、きっと。」
どんな時代だ!?                     それでは長くなったのでこの辺で
 
[2006年8月22日 2時56分14秒]

お名前: キャスバル   
ミスターノーボディーDVD、昨年いとも簡単に手に入りました。
テレンスヒルいいですね。青い目がトッテモ印象的です!
セルジオレオーネ監督作品クリントイーストウッド主演の荒野の用心棒や夕日のガンマン
に匹敵する作品ですね。(レオーネのワンスアポンアタイムインアメリカも名作です)
ヒルは確か1995年に亡くなっておられると思います?
ヘンリーフォンダの演技も光ってますね!フォンダは何かとスキャンダルが多く奥さん
が随分辛い思いをされたようですね。子供のジェーンやピーターとの確執・・・・
晩年は心打ち解け共演もあったようです。
話戻します、テーマ音楽もマカロニ系では5本の指に入るでしょうね!
[2006年5月5日 17時14分49秒]

お名前: 歌登   
Mr.Nobodyのこんなサイトがあるとは知りませんでした。大分前にTVで見てから、この映画の大ファンになりました。西部劇では1、2位を争う面白い映画と思っています。その後、深夜に放送されたのをビデオに撮っていましたが、DVDが欲しくなりながら、その価格故手を出せませんでした。海外では日本の半値(送料込み)程で買えることから、リージョン1&字幕なしではあるものの、ついに買ってしまいました。カットなしを初めて見ました。セリフは何とかなるものです。
 最後の床屋のシーンは前の書き込みで知りましたが、TV放映版と違って、手で「かまえて」ますね。ビデオを見返してしまいました。
 テレンス・ヒルとヘンリー・フォンダの2人がいいのと、エンニオ・モリコーネがいいですね。サントラを買ってしまいました。
[2005年9月19日 16時5分23秒]

お名前: キャスバル   
どなたか、ミスターノーボディーの、ビデオ又はDVDをお譲りしていただける方いらっしゃいませんでしょうか。
[2005年5月30日 22時37分4秒]

お名前: ミスターシービー   
いや〜皆さん凄い。
僕も子供の頃、土曜のお昼からやってるような映画の一つとして見ました。

たまたま一緒に見ていた友達と「こんなかっこいい映画あるんだね」顔を見合わせました。
ここを見て分かったのですが、きっと僕が見たのは津嘉山バージョンのほうだと思います。

さあビデオ屋にいって探してくるか〜〜!!
[2004年3月28日 11時20分6秒]

お名前: マエロウ   
 やっぱり載りません。もし時間差で載るシステムでしたら、どうか2番目と3番目の書き込み
は削除してください。>管理人さま
[2004年2月24日 15時20分56秒]

お名前: マエロウ   
 はじめまして。というか1回書き込んだんですけど載らないのでためしに打っています。
私もこの作品の大ファンです。このページで同好の士が多くいたことを嬉しく思っております。
[2004年2月24日 15時17分33秒]

お名前: マエロウ   
 はじめまして。ノーボディファンの知人に教わってココに来ました。
 私とその知人はノーボディのセリフ、ボレガードのセリフをほぼ丸暗記してるくらいこの映画に
惚れてます。しかし、私たちが惚れこんだ日本語吹き替えは、樋口さんとは逆バージョン。5連発
の男さんが「テレンス・ヒルが異常にかっこいい」と言ってたバージョンは多分こっちかと思うん
です。そう、津嘉山正種ノーボディなんです。最近ミスターノーボディのDVDを購入し、日本語
吹き替えが広川太一郎ノーボディだったので悲しかった・・・

    いっやー・・かっこいいんですわ!津嘉山ノーボディ!!

 これは多分、翻訳家の思想と手法の違いでしょう。一例を挙げると、ボレガードとの最初の会話。
津嘉山ノーボディ
「わかる?それが小さな子どもの時からの俺の夢なの。果てしなく広がる荒野に、砂ぼこりを蹴立て
 て走り寄る150人のならず者を、ひとりで迎え撃つのが  あんた」
広川ノーボディ
「俺ね、ガキの頃から見たいと思ってたんだー、そういうの。見渡す限りの野っぱらでさ、150人
 を相手にまわしてシャカリキにやりあうあんたの姿。しかもこっちゃひとり。あんただけ」

 この短い部分だけでも、津嘉山ノーボディの翻訳家は映画の底流の美学に重点を置き、「かっこ
いい」ノーボディを志向してるのに対し、広川ノーボディの翻訳家は、映画のコメディ性に重点を
置き、口語口調やシャカリキなどの俗語をわざと使用してるのがわかると思います。
 映画そのものはコメディだから広川ノーボディ(柳生博ボレガード)のコンセプトは正当なので
すが、私は津嘉山ノーボディの日本語吹き替えに惚れこんでいるのです。最後の手紙でも、こっち
のバージョンの方が圧倒的に「シブイ!」のです。

 最後にまっちさんへ。私はDVDショップイマジカ壱番館というところでDVDを購入しました。
そこには広川ノーボディの日本語吹き替えが入っていますよ。

 追伸、この映画、漫画家さんもよく見てるようで、「コブラ」とか「JOJO」でもパロディが
    あったと思います。JOJOは勘違いかもしれませんが。
[2004年2月24日 1時43分52秒]

お名前: サドル   
はじめまして。
ウェブめぐりでここへたどり着きました。
すばらしいですね、この映画。
僕も小学校のときに見て、今日の今日まで探しつづけてきました。
思えばこの映画にあこがれてずっと乗馬を続けているようなものです。
やっと出会えました、この映画。それも十数年もの時を超えてDVDとして手元に巡り合えました。
ガキの頃にあこがれたカウボーイがまた目の前に登場したとき、
なんとも言えない感動が全身を駆け巡りました。
この人がテレンスヒルだな、あ〜これがヘンリーフォンダだったんだぁ・・・なんて
今更のように歓喜してしまって・・・。日本語吹き替えの方で当時のまま鑑賞した後、
英語が日常語として理解できるようになった現在の、本当の西部劇として何度も鑑賞しています。
また、同じようにこの映画への想いをもたれてた人がこんなにいたなんてこれまた感激です。
この映画は私の宝物です。
[2003年2月4日 15時25分30秒]

お名前: 西山智則   
いや、「ノーボディ」ファンがこんなにいるとは、驚きですが、僕は中学のころ1983年くらいですか、テレビでこの映画を見て、しびれましたね。
一体何回繰り返してみたか、わかりません。
もうすぐパート兇ビデオ化されるとは、待ち遠しい限りです。
[2001年12月6日 23時23分55秒]

お名前: じん   
まっち!。こんなとこで、見かけるとはお互い好きものですね。
ジェシージェイムズの事、調べてたら見かけたので。
この映画未だ見た事がないんですよ。
ではー。
[2001年5月27日 18時9分43秒]

お名前: 法城寺   
はじめまして。刀剣愛好家にして時代劇(あたりまえか)および西部劇ファンです。
じつは吹き替え版はありませんがバンダイビジュアルのビデオ持ってます。「MY・NAME・IS・NOBODY」。お譲りする事はできませんがダビングでよければ。
[2001年3月3日 23時11分31秒]

お名前: GOGH   
> まっちさん、お久しぶりです。(^^ゞ

そうですね。兄弟サイトの"TRE RAGAZZI D'ORO"(マカロニ専門)の掲示板の方で聞いてみては
如何ですか?多分、いや、きっと!TV版も持っているガンマンがいるはずです。

"TRE RAGAZZI D'ORO"へはINDEXページの下の方のリンク・バナーからどうぞ。
入手出来ると良いですね。念願達成をお祈りしてます。
[2001年1月29日 21時23分3秒]

お名前: まっち   
1年振りです。
未だに、ミスターノーボディーを探してます。

ホントにほしいのは、TV版です。
どなたか、ビデオに残ってませんか?
お願いです、見せてください。
[2001年1月23日 0時17分27秒]

お名前: まろ   
私は始めのヒゲをそるシーンが好きで、なぜか子供心にあこがれを感じました。
30ウン才の今では幸か不幸かヒゲの濃い大人になりまして、カットは美容院でしてもらうのですが
ヒゲそりだけはたまに散髪屋へ行きそってもらってます。(ヘンリーフォンダのつもりになって)
思えば煙草を吸うきっかけは「夕陽のガンマン」でしたし・・映画にモロ影響受けてますね。

それにしても「TV版吹き替え」が2種類あったとは驚きでした。
(TV吹き替えの事を書いてくれた、樋口さんのおかげです。ありがとうございます。)

私が見たのは柳生博さんと違う方ですね。残念ながらビデオには残せず、今は見れないのですが
たぶんそうだと思います。又TVで放映しないかな?
[2000年9月27日 19時8分40秒]

お名前: 千本樫   
いやぁ、お恥ずかしい。
ランダル銃に関してはWild West Web BBSの方ですでに蔵臼先生が
解説済みでしたね。板を汚してすみませんでした。
取り急ぎおわびまで。
[2000年3月29日 19時15分11秒]

お名前: 千本樫   
GOGHさん、Arisonaさん。RES有り難うございました。
日本でのロードショー公開ではラストシーンは「指バージョン」だったとのこと。
長年の疑問が解消しました。やっぱりこっちの方が味がありますよね。

映画館の大スクリーンで見てみたかったなぁ。ワイルドバンチの疾走を正面から
望遠で画面いっぱいに見せるシーン(バックにはワグナーの「ワルキューレの騎行」を
みごとにうまく取り込んだモリコーネのあの音楽!)や、線路脇にたたずむボレガードを
画面の下方にとらえたままカメラがすーっと引くと大平原の遙か彼方のワイルドバンチの
土煙がワンショットに収まるところ(このBGMも逸品!)なぞは、映画の醍醐味ここにあり
ってな感じでしょうね。きっと。

ところで登場するワイルドバンチの一人がランダル銃を持っていますよね。
本家本元スティーブマックィーンの拳銃無宿以外でこの銃がスクリーンに登場したこと
は無いように思うのですが、他にはありますか?
これは拳銃無宿へのオマージュと考えてニヤリとするのが正しい鑑賞法なのかな?
(でもこの映画の中では発砲シーンはないんですよね。不満だ。)
[2000年3月27日 10時25分25秒]

お名前: GOGH    URL
> 千本樫さん、はじめまして。Arizonaさん、RESありがとうございました。

千本樫さん、ようこそ"WIDE WEST WEB"へ!当サイトの隊長(Web Master)GOGHです。よろしくお願い
します。

いやー実は私「銃バージョン」は見ていないのでどうしようか、マカロニ・ガンマンに応援を頼みに行こう
かと迷っていたところです。Arizonaさん助かりました。(^^ゞ

因みに私が持ってるLDは「指バージョン」でした。
[2000年3月24日 1時57分13秒]

お名前: Arizona   
マカロニの話題になると時々さすらってくるArizonaです。

ラストシーンですが、私が20数年前にロードーショー公開時に観たときは、指でした。
テレビ放映のときに銃に変わっていて、「あれっ?」って思いましたよ。
私も「指」の方が、ノーボディとボーレガードのキャラクターの違いが良く出ていて、
好きです。
[2000年3月23日 8時35分18秒]

お名前: 千本樫   
はじめまして。
「ミスター・ノーボディ」、いいですね。モリコーネの音楽がまた素晴らしい。
決闘シーンでの時計のカチコチから音楽に移り、ぐーっと盛り上げたところで
琵琶みたいなギターの低音弦がビロビロビロビロー(なんと下手な文章表現だ!)
と出てくるところなんざ、「夕陽のガンマン」のラストの決闘シーンでの、あの
懐中時計のオルゴールから盛り上がっていくBGM(これもお気に入り)を越えて
るんじゃないかと思ってしまいます。
ところで、先輩諸氏にお伺いしたいのですが、この「ミスター・ノーボディ」の
ラストシーン、主人公がひげを剃っている床屋の主人のお尻に突きつけているのが
銃のバージョン(こっちはTV放映された吹き替え版)と、人差し指と中指で指鉄砲
でやるバージョン(たぶんアメリカで買ったビデオだったと思います)の2種類
があるのですが、日本で公開されたときはどっちだったのでしょうか。
私としては指でやるほうが、このノーボディのキャラクターらしくていいと思うの
ですが。
コンナことは常識じゃよ、このバカタレとお叱りを受けそうですが、もう10年以上
心に引っかかったままなのです。どなたかお助けを。
[2000年3月21日 18時21分37秒]

お名前: まっち   
>GOGHさん
返信ありがとうございます。
まだ、探しています。
と言うのは、僕は大阪なのです。
大阪の日本橋でんでんタウンに毎週通っては、探しつづけています。
どの店に行っても在庫なし。
メーカーもないそうです。
まだまださがしつづけます。
では、また。
[1999年12月13日 22時59分40秒]

お名前: GOGH    URL
> まっちさん、はじめまして。(^^ゞ

> ミスターノーボディーを探しつづけて、数年がたちました。
> 数年前、この作品をTVで見てから、また、見たいと思い、
> ビデオ、LDが発売されてるのも知らず。
> 最近、注文しましたが、すでに時遅し・・・。
> 生産中止になり、どこも、手に入りません。
> どなたか、ミスターノーボディーの、LD、手に入るところを知りませんか?

私もこの9月にやっとこさLD(中古)を入手しました。場所は、中野駅北口・中野ブロードウェイと
いうオタクの雑居ビルみたいなところにある中古CD・LDの専門店(すみません。名前は忘れました。)
です。ただそのときもその1枚だけでしたから今はあるかどうか...。でも行ってみる価値はあると
思います。あと同じ頃ですが、秋葉原の石丸電気にもビデオ(VHS)はありました。流通在庫はある
みたいですね。
[1999年12月5日 14時14分45秒]

お名前: まっち    URL
こんばんは、はじめまして。
ミスターノーボディーを探しつづけて、数年がたちました。
数年前、この作品をTVで見てから、また、見たいと思い、
ビデオ、LDが発売されてるのも知らず。
最近、注文しましたが、すでに時遅し・・・。
生産中止になり、どこも、手に入りません。

どなたか、ミスターノーボディーの、LD、手に入るところを知りませんか?
また、見たいのです。
どうか、教えてください。

この作品の発言したいのですが、こんな状態でナニも言えません。
[1999年12月3日 23時16分4秒]

お名前: 樋口明雄    URL
テレンス・ヒルが蠅を水面に浮かべて、棒っきれで魚を捕る、ナチュラル・フライフィッシング(笑)のシーン。
あれはおかしかったですね。黒澤映画のパロディといったのは、きっと『七人の侍』で、三船敏郎が、村に
向かう侍たちに仲間外れにされているとき、彼らに見せびらかすように、褌一枚になって、水に入り、魚を
とって、志村喬たちに見せびらかすシーンだと思います。
それにしても、あのときのノーボディ――テレンス・ヒルを馬上から見下ろす、ヘンリー・フォンダの優しげな
目線がいいですねえ。

あと、吹き替え版のお話ですが、ぼくは柳生博がフォンダの声をあてたときが好きでした(もう、1バージョン
は、たしか嵯川哲夫――たぶん字を間違えてます――だったっけな)。
テレンス・ヒルは、広川太一郎。あの吹き替え版の科白は、LDの字幕なんかよりも、はるかによかった。
だから、今でも、ビデオ録画、とってあります。

末筆ですが、お初にお目にかかります。
よろしくお願いします。>ALL
[1999年11月29日 1時27分8秒]

お名前: 阿僧祇   
 「ミスター・ノーボディ」に関しては、何にも言えないっス。
 もう、お手上げ! なくらい面白かったとしか、、、。
[1999年9月12日 2時47分49秒]

お名前: 淀川眺望   
はいみなさん、こんばんは。
淀川眺望(よどがわ ながめる)です。

今夜の作品は『ミスターノーボディ』。
まあ〜いろんな意見が出ていますねえ〜。それぞれうなずけますねえ〜。
見る人によってさまざまに解釈できることも映画を見る楽しみの1つですねえ〜。
けれども、1つ忘れてならないのは、
パロディというものは、まじめなまじめなオリジナルの有名な作品を材料にして、
それをもとに、風刺やこっけいさを前面に出した作品のことなんですねえ〜。
さて、この『ミスターノーボディ』には、
過去のマカロニウエスタンの名場面を思わせるシーンが数々出てきますが、
それらをすべてただのパロディと決めつけてよいものかどうか、なんですねえ〜。

この映画は、1973年度、マカロニブーム最後の最後の作品です。
というわけで、この映画はマカロニへの挽歌あるいは弔辞のようにも見えるんですねえ〜。
みなさん、有名な人とか社長さんとかのお葬式に行ったことありますか?
ホールに大勢の人が集まって、正面にはお花に囲まれた大きな大きな写真が飾られてやるお葬式。
そこでは、亡くなった方のお友達の代表の方が、故人の生前のエピソードを話して故人を偲ぶんですねえ〜。
これ弔辞っていいます。悲しい悲しいお葬式なのに、生前の楽しいエピソードなんかが出てくると、
もうみんな目を真っ赤にして涙を流しながら、それでも口元は笑ってしまうんですねえ〜。

この映画の監督のトニーノ・ヴァレリは、
マカロニウエスタンの生みの親セルジオ・レオーネのお弟子さんだった人なんですねえ〜。
師匠にあこがれ尊敬しながらも、自分もいつか師匠を超えてやるという野心も持ってました。
まあ〜、これって、ヘンリー・フォンダ扮するボレガードとノーボディの関係にそっくり。
というわけで、「あんたが歴史に残る、あんたが歴史に残る」と言って最後の花道を用意してもらって
歴史の本に刻まれたのは師匠のレオーネ、刻んだのは弟子のヴァレリ、
この映画そのもの自体が、レオーネとマカロニの栄光を刻んだ歴史の本だったんですねえ〜。
けれでも、歴史なんですね。もう終わってるんですね。お葬式と一緒です。
ということで、私はこの映画、口元は笑ってしまうんですけど、目は泣いてしまうんですねえ〜。

はい、もう時間来ました。
それではみなさん、さよなら、さよなら、さよなら・・・・・・・
[1999年9月10日 15時48分56秒]

お名前: moro_dosanko   
 確か、日曜洋画劇場で淀川さんが、最初にノーボディが水面にハエを浮かべて棒を構えるシーン、
黒沢映画のパロディと言っていました。何のパロディかわかりませんが。
私は、バンダイからビデオが出たとたんに買っちゃいました。
 早回しでもいいじゃないですか。あんなに早く銃を扱える人なんて実際いないのだから。
でも、西部の名うてのガンマンがパリに憧れるってシナリオ、ヨーロッパ人はきっと、所詮アメリカって
歴史がなくってヨーロッパ文化に憧れる田舎ものって思いながら作っとたのだろうと想像しています。
 サントラは、日本盤が出てくる半年ぐらい前にドイツ盤を買っちゃいましたが、映画の出演者、監督が
別なヒルの映画にすり替わっていて.. 我々のお堅いドイツ人のイメージを裏切っています。
 ドイツ人もイタリアに交わると=朱に交わると赤くなる を 文字通りやっちゃってます。
ドイツはなんでもジャンゴの国ですので..(イギリスBBCのインタビューでフランコ・ネロに馬鹿にさ
れていました)
[1999年9月8日 20時45分48秒]

お名前: GOGH    URL
> 5連発の男さん
早速のRESありがとうございます。ちょっと私の書きこみ硬かったですかね。(^_^;)

いや〜確かに「ミスター・ノーボディ」、パロディというかニヤニヤ楽しみながら見る映画ですね。

サム・ペキンパーの墓⇒ワイルド・バンチ⇒150人のワイルドバンチ……?なんで150人?

普通はここで笑っちゃうんですよね。(そういや、ハリウッド版"GODZILLA"も子ゴジラが沢山孵化して
きたとき笑っちゃいましたね。)そして、興味は、実際に150人いたかどうかじゃなくて、ジャック・
ボーレガードは如何にして150人もの敵と戦うかに移るわけです。

そういえば、サム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」なら黄昏強盗団のはず、同じ150人の強盗団なら
爺さんアウトロー150人の方がもっと凄い。1対150の爺さん対決。眼鏡は吹き飛ぶわ、入れ歯は外
れるわ、目はかすむ、手は振るえる、よだれは垂れる、馬から落ちる…これじゃウエスタンにならないか。

しかし、実際のワイルドバンチが大強盗団シンジケートだということ知っていると、某BBSじゃないで
すが深読みしたくなっちゃうんですね。影にいるS・レオーネが「俺の方が良く知ってんだぞ!」って。

そして更に謎は謎を呼ぶのです。S・ペキンパーの「ワイルドバンチ」は、あのワイルドバンチなのかって?
[1999年9月5日 3時31分14秒]

お名前: 5連発の男   
さすがGOGHさん、詳細な分析ですね。
でもマカロニ・ウェスタンはもっとノー天気に楽しんだ方が良いのでは(笑)。
この映画はいわゆるパロディ映画で、いろんな映画のパロディがあっちこっち
にあるはずなのですが、私は力不足でそれを指摘できません。あの早回しの拳
銃使いのシーンは『風来坊』のパロディではないかと思っているのですが、如
何でしょうか?とにかくこの映画は西部劇に詳しい人が見るとおそらくいろい
ろ笑えるところがあるのでしょうね。

P.S.
この映画の日本語吹替え版を以前テレビでみましたが、なんか字幕版と違って
テレンス・ヒルが異常にかっこいいんですね。映画からうける印象がまるで違
うんです。この日本語版をみて間違って?この映画に憧れ、ネット上で
“NOBODY"を名乗るようになった人物も世間にはいるのではないでしょうか(笑)?
[1999年9月5日 2時9分4秒]

お名前: GOGH    URL
やっとこさ「ミスター・ノーボディ」のLDを入手した。今までビデオを持っていなかったので見なおす
ことが出来なかったのだが、これでやっと出来るようになった。(^_^) ということで...

「ウエスタン」を見てても思ったのだが、ヘンリー・フォンダという人は、目が大きくて睫毛が長いのか
パッチリお目目のキューピーさんといった感じで、悪役や名うてのガンマンがあんまりに合わないような
気がするが、それは私だけだろうか? やはり正義の保安官の方が良い。

テレンス・ヒルは、早回しの拳銃使いシーンがよほど気に入っているのか、いまだに「LUCKY LUKE」など
でもやっている。やはり若い頃の方が若造の見栄というか、それはそれなりに笑顔で見られるが、いい歳に
なって(確か今年60歳)やるとちょっと嫌味ですね。

そして「ワイルドバンチ」ご一行様。マカロニ好きの方は、この映画のせいか「ワイルドバンチ=150人」
といったイメージがあるみたいだが、アメリカ西部劇派からすると「明日に向かって撃て!」の5・6人
(せいぜい10人ぐらい)のイメージである。さてどちらが正しいのか...

結論から言うとどちらも正しい。当時ブッチ・キャッシディもサンダンス・キッドもそれぞれ違う仲間と
違う強盗団(ギャング)を組んでいた。もちろん、その中で違うメンバーの組み合わせで強盗を働くことも
あったようだ。そして1896年B・キャッシディの提案で「列車強盗シンジケート」のちの「ワイルドバ
ンチ」を組織する計画が立てられた。そのとき会合場所のブラウンズ・パークのキャッシディ・ポイントに
集まったのは地元の名うてのギャング200人以上。そして1年間の強盗コンテストの結果、B・キャッシ
ディのグループが、キッド・カーリーのグループに勝ってシンジケートのリーダーとなったそうだ。

このシンジケートのひとつ「壁の穴ギャング」が、当局との一戦の後、ブラウンズ・パークに退去する南下
途中の際、ワイオミング通過の様子を地元新聞が報道しているが、総勢75人の度肝を抜く光景だったそう
だ。まさに「ミスター・ノーボディ」の「ワイルドバンチ」だ。
[1999年9月4日 21時59分42秒]

※この作品についての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL

半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。  ※適当に改行をしてください。

作品名リストに戻る