GLN(GREEN & LUCKY NET)からこんにちは
[縄文遺跡の絆]


△竪穴住居とは
 
 竪穴住居とは、地面を掘って床とし、その上方に屋根をかけた半地下式の住居。深さ50 センチメ-トル前後。平面は直径3〜10メ-トル程度の円形、または隅丸の長方形を基本と する。炉やかまどを備え、柱穴を掘り、周囲に排水溝のあるものが多い。日本では縄文・ 弥生・古墳時代に広く行われ、近世民家にもその伝統が残る(広辞苑)。
復元された「天戸森テントモリ遺跡」(秋田県鹿角市)
復元「天戸森遺跡」
[地図上の位置→]

 ■ 次へ進む   バック