Home戻る


平成8年、熊本市内から久木野村(現在の南阿蘇村)へと、永住の地を探しました。
村内でも別荘分譲地はあるのですが、周りを家で囲まれた街の新興住宅地と一緒です。
条件は根子岳が望めるゆとりの場所。となると、南阿蘇村でも東側の久石地区です。
クヌギ林の中に川が流れる地を求めて3年通いました。
  私にとって「自然との優しい共存」
 
昔は、手に持てる非力な鍬やスコップが何よりの
道具でした。そんな時代に家が建ち、道路ができ、
畑が耕され、手作りの生活がそこにありました。
今では昔ながらの風景を「日本の原風景」と
呼ぶようになりました。
 手作りの作品は暖かみが感じられるのと同じ
「日本の原風景」は今でも人々の心を癒してくれます。
 生活の知恵が加わり、いつしか機械化が進み
日本列島は改造され、人々は前ばかり向いて構築物が
氾濫しました。人工的な環境があたりまえになり、
子供達の元気な遊び声が聞こえなくなりました。
まさにふるさと喪失です。 

平成11年3月
 
朽ち果てかけた一軒の廃屋を
見つけました。

家の中には家財道具が少し残っていましたが、
10年前まではここで生活されていたのでしょうか、
子供部屋の壁に貼られいた
平成元年のカレンダーが印象に残りました。

スローライフの一時を皆さんと一緒に
分かちあえる一握りの空間を
仲間の応援と一緒に作りました。

また地元の方々の
陰ながらの応援は貴重な財産になっています。