ベニドーム(Benidorm)でのんびりバカンス!!!

1月3日

ベニドームは バレンシア州の南部コスタ ブランカ(Costa Blanca)に位置し 最近 ヨーロッパでは人気のリゾートスポットです。

左の写真がベニドームの全景であります。二つの有名なビーチであるレバンテとポニエンテがあり その間に城があります。ちょうど 写真の真ん中の左に突き出た岬の部分です。眺めはハワイ ワイキキに似ています。高層ホテル・マンションがビーチ沿いに立ち並び どことなく スペインという感じはしません。 しかし 至る所で スペインと接することが出来ます。岬付近が オールドタウンと呼ばれる旧市街で そこは 細い石畳が敷かれ どことなく 遠い昔のイスラムの雰囲気があります。道は入り組んでおり 通りを抜けるとどこにいるのか 錯覚します。 これは 典型的な イスラム文化の影響です。それは アンダルシア地方を旅行するとよく分かります。とくに コルドバの旧市街では。

それでは オールドタウンをぶらり散歩してみましょう。いろいろな露天や バル(Bar) レストランが軒を並べています。また リゾート地でありますから ヨーロッパ各国のレストランが多数あります。特に イタリアレストランが目立ちます。また ビーチ通り沿いにはカウンターバーが多数あり 各国からの旅行客がのんびりとくつろいでいます。

オールドタウンを進んでゆくと スペインに出会います。3軒ほど バル(Bar)があります。ちょっと寄って行きましょう。右のようににこやかに迎えてくれます。 気軽に立ち寄りましょう。ふつう バルでは ビールまたはワイン(Vino)を飲みながらタパス(Tapas)つまみます。私のお勧めはボケロネス(Boquerones)と呼ばれる いわしのマリネ! これは 本当においしい。地中海に面しているため 魚介類が豊富であり ムール貝、エビ がお勧め。どれも 蒸したり 煮たり 焼いたりと どことなく日本食ににています。 片言でもスペイン語話せれば ぜひ 注文してみて下さい。何かサービスしてくれるかもしれません。 日本のスシ屋さんのようなガラスのケースに タパスが並べてありますから 指で頼んでみても良いでしょう。 通常 下段にタパス類 上段にサンドイッチ風に並べてあります。もし パエリア(Paella)をお望みなら 海岸沿のレストランで海を見ながらゆっくりと食べることをお勧めします。

オールドタウンでくつろいだら ビーチを散歩しましょう。大理石でできた遊歩道があります。長期で滞在される方は ジョギングコースに格好です。また 浜辺を ジョギングするのもお勧めです。夏のハイ シーズンは人でごったがえします。イギリス ドイツ オランダからの旅行客が多いです。だから 12月でも 泳いでいる人を見掛けます。ビーチでのんびり 日光浴も良いでしょう。地中海からの心地よい風をお楽しみ下さい。白い砂浜が延々と続きます。沖合いに 小さな島があり そこでは スキューバダイビングが楽しめます。

夜は 不夜城の雰囲気があります。もともとスペインは夕食が10時くらいから始まりますから 夜長の生活です。ここではベニドーム パレス(Benidorm Palace)をお勧めします。ディナーショーをお楽しみ下さい。 フラメンコ、ロシアのコサックダンス、ラインダンス、マジック、馬のショーなど 笑って びっくりして 美しさにウットリと 大満足です。予約はオールドタウンの観光案内所でできますので お気軽にお出かけ下さい。

山も魅力的で レンタサイクルでまわってみるのも一案です。自転車では行けませんが 岩の上に遺跡がある風光明媚な所もあります。

当地は非常に安く長期に滞在できるためヨーロッパ人には人気のリゾートです。交通はマドリッドから直通バスか アリカンテ(Alicante)まで電車 そしてバスの方法があります。

ベニドームのホテルチェーンとのリレイションが出来、安く滞在できること出来ます。御興味のあるかたは 是非 ご連絡下さい。詳細は追って 当コーナーで紹介いたします。


Top Pageに戻る