ようこそパワーUPワールドへお越しくださいました。

V233M7C2 即にMMX Pentium233搭載されてはいますが、急激なPC進化の過去に・・
ここでは、最新市販のパーツを用いてどこまで劇速になれるのか・・・
V20同様マザー改(原発乗っ取り)なしで進めていきたいと思います。

最新HDDでは従来のインターフェイスのUIDE98Mでは実力が発揮が頭打ち
UIDE−66に変更
K6-III+450導入

 Windows2000環境にてGeForce2 MX 400動作

ご注意!本文中のCPUは規定動作以上のオーバークロックもあります
この記事を参考にあなたが同じ事を実行しても動作する保証はありません。
場合によってはシステムへの重大損傷の危険もあります。
どの様な事態になっても当方は一切の責任を持ちませんのでご了承下さい。




購入時と現在の仕様一覧比較

仕様項目       購入時仕様 99/11/11           現行仕様  01/09/1          
CPUIntel MMXpentium233AMD K6−III+/450<600常用 N3下駄使用
内蔵キャシュメモリ32KBL1=64KB L2=256KB 
セカンドキャッシュ256KBL3=256KB 
メインメモリSDRAM32MB SDRAM128MB SDRAM64MB*2
ビデオメモリ2MB(アクセラレータ表示用)32MB(アクセラレータ表示用)
グラフィック表示



MatroxGraphics社製MGA−1064SG
640*480(256色/65536色/1677万色)   
800*600(256色/65536色/1677万色)
1024*768(256色/65536色)
1280*1024(256色)
GeForce2 MX 400/PCI
640*480(256色/65536色/1677万色)
800*600(256色/65536色/1677万色)
1024*768(256色/65536色/1677万色)
1280*1024(256色/65536色/1677万色)
1200*1600(256色/65536色/1677万色)
サウンド機能
PCM録音再生
FM音源機能
MIDI音源機能


内蔵
内蔵
内蔵ローランドソフトMIDI音源VSC88

同左
同左
同左
マイク単一指向性ダイナミックSONY単一指向性ダイナミック
スピーカ純正外付けアンプ内蔵AIWA SC-C78 28W バーチャルQサウンド
フロッピィディスク3.5インチ3モード対応3.5インチ3モード対応
固定ディスク
内蔵社製 ウエスタンデジタル(3.2GB)
IBM DTLA-307015 (15GB) DMA/100
CD−ROM
内蔵20倍速 NEC社製CDU311N
内蔵32倍速 SONY社製CDU711
内蔵20倍速 TEAC社製CD−P520E
補助記憶内蔵8倍速PD 内蔵2倍速書き込みCD−R
インターフェイス
SCSI

使用OS
内蔵IDE チップセット


Windows95
内蔵IDE UIDE−66UltraATA対応
SCSI−2 SC98−III Cバス(MMX対応)

Windows98SE&Windows2000
通信機能FAXモデム標準実装 33.6Kbps 拡張スロットADSL +BroadbandRouter
ディスプレイ17インチCRT 最大1280*1024ドットEIZO ナナオ T761 1600*1200


チップセットにTritonVXを使用 次はメモリの使用種類によっての差を検証