1. K6-III+/450における600MHz動作報告 N3下駄使用
2.IBM DTLA-307015対WDC WD200BB-00
3. K6-III/450vsK6-III+/450
 旧K6-IIIと新K6-III+に微妙な差が・・N3&N4下駄使用下で
同周波数だと僅かに旧K6-IIIが有利に・・検証しました。

4.パワーから安定動作構築へ
AT互換機用GAボードのI-O DATAのGA-GMX4/PCI を購入
Windows2000環境では動作


この検証報告は筆者の所有するマシン環境下での報告です。
他の機種で同様になるとは限りません。
あくまでも私の使用環境下では差がありましたので報告します。


99年10月K6-IIIも2.2V仕様になって一部ロット限定で500〜550MHz動作も出来ましたが
実質実用域はMAX533MHz動作が上限
その後AMDからの更なる高クロック版は登場せずに生産打ち切り
そのあとモバイル用K6-2+&K6-III+が登場

PC9821機種にての最高CPUは一部の機種を除き一般にはK6-III+/450が最高
今、インターネットの中でK6-III+/450における600MHz動作報告例が多数
600MHz信じられないけど本当の話・・

誤解のないように
ベース100MHzなら6倍設定の600MHz動作が設定上可能ですが98マシンはベース66.6MHzが主体
このままでは400MHzが上限、そこでN3&N4下駄というオーバー400MHz動作可能下駄を利用して
600MHz動作となったのです。
筆者も早速秋葉原にてK6-III+/450を入手 00/10/7


コア電圧は2.0V 2000年第25週ものである。
最初にN3下駄の電圧を2.1Vに改造変更にていきなりの600MHz動作
デスクトップ画面にはなるが例外***等などのエラーが発生安定は今ひとつ
0.2V UPにて600MHz動作 位相設定は-2電圧は2.2V 
結果は可成りの安定度である、今この状態でこのページを作成中


クーラーはアルファ社製PAL6035 銅+アルミの複合ヒートシンク
2000年10月現在、今でも1.2位を争う冷却性能を持っています。
山洋高速60ミリに変更
下駄への装着
下駄への物理的に金具取り付けは出来ませんので
筆者の場合、ゲル状瞬間接着材を利用
理由は硬化時間まで多少のまがあることに注目、
CPUにシリコングリスを付けますが四方隅の部分だけ空けます。
ゲル状瞬間接着材を塗るスペース(点付け)
早速ゲル状瞬間接着材をCPU四方隅に点付け上から押しつけるようにシリコングリスを前後左右にこすり付けます。
すると少し時間が経つと硬化ししっかりと張り付きます。
冷却効率は自分の試した中では最高です。

剥がすときは少し衝撃を与えポン!と叩くとパリッ!!


今回更に活入れするためWDの7200・20GBプラッタHDDを購入し
K6-III+/450OC600MHz動作とのパフォーマンスはどうだろうか?



★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.22 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name PC9821 V233M7C2
Processor AMD K6 599.10MHz[AuthenticAMD family 5 model D step 0]
Cache L1_Data:[32K] L1_Instruction:[32K]
Name String AMD-K6(tm)-III Processor
VideoCard スタンダード ディスプレイ アダプタ (9821 シリーズ)GA-VDB16シリーズ
Resolution 1024x768 (16Bit color)
Memory 129,400 KByte
OS Windows 98 4.10 (Build: 2222) A
Date 2000/10/08 01:59

SCSI = I-O DATA SC-98III(PnPモード)
HDC = 標準 IDE ハード ディスク コントローラ
HDC = I-O DATA UIDE-66 PCI IDE Controller

AB = WDC WD200BB-00AUA1 Rev 18.2
CD = IBM DTLA-307015 Rev TX2O
E = GENERIC NEC FLOPPY DISK
F = TEAC PD-1 CD-P520E Rev 2.0K
Q = SONY CD-ROM CDU711 Rev 1.0h
R = TEAC PD-1 CD-P520E Rev 2.0K

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
25366 28601 18258 10333 5620 11239 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
40123 41175 20657 431 32251 32767 32076 A:\20MB

★ ★ ★ HDBENCH Ver 2.610 ★ ★ ★
ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
43843 36960 45742 97767 32135 67273 525 58 31410 38934 23435 A:10MB

Ver 2.610 ではなぜか7200・15GBプラッタの方が数値がいい。下記の通り
★ ★ ★ HDBENCH Ver 2.610 ★ ★ ★
AB = IBM DTLA-307015 Rev TX2O

ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory Drive
45016 36998 45766 102965 31060 66262 520 119 34247 42313 23438 A:10MB

Ver 3.22 でのDTLA307015では
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
24558 28603 18259 10333 5579 11155 57

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
39968 40783 20791 434 33084 38280 21034 A:\20MB

スーパーパイ104万桁は5分58秒でした。
3DMarks 3191
CPU 3DMarks 6717

UIDE-66 設定はマニュアルに変更しています。
BIOS変更に際して、N下駄の通称魔法回路が仇となって変更出来ません。
その為、元のCPUに差し替え(ソケット7)変更しマニュアルに変更。


早速ですがIBM DTLA-307015対WDC WD200BB-00
今や最速と言えば15GBプラッタ仕様の7200回転のDTLAが定番ですが
遂に20GBプラッタ仕様の7200回転WDC WD200BB登場

一昨日K6III+購入に伴って最新モデルのWDC WD200BB購入
購入動機はK6III+がOC600MHz可能ならそれに見合った最速のHDD・・・半衝動買いです。
早速HDBENCH Ver 2.610で計測すると意外な結果
なんと15GBプラッタ仕様の7200回転のDTLAが優位
WDC WD200BB Read Write共に37MB〜45MBを期待したのですが・・残念。

使用機種はPC9821V233M7C2
UIDE-66マニュアル設定

まずはHDBENCH Ver 2.610から
IBM DTLA-307015
Read Write 
34247  42313
次に新鋭WDC WD200BB
Read Write 
30117 35803

HDBENCH Ver 3.22
IBM DTLA-307015
Read Write Copy  
33084 38280 21034

次に新鋭WDC WD200BB
Read Write Copy  
31362 33518 31373

次に別なベンチで計測
 WinBench99
左記が新鋭WDC WD200BB ( )内は IBM DTLA-307015
High-End DiskWinMark99 15700〜16400(14400〜15000)
DiskTransferRate
Beginning 33000(36600)外周
End 29000(26100)内周
CPU負荷率は2.69 (3.18)パーセント
条件によって甲乙付けがたいかな?絶対的な優位は見あたりません。
発熱に関してはDTLAも暖かい程度ですがWDC WDも同じぐらいですね。
熱くはありません。
ただHDBENCH Ver 3.22におけるCopyの値には注目です。
キャッシュ容量はDTLA-307015と同じ2MBなのですが



 検証!K6-III/450vsK6-III+/450
即にある程度の報告が上がっていますがK6III+は従来のK6IIIより同クロックでの違いは??
疑問の発端は600MHz動作したときにベンチ計測で今一つ・・ベースが66MHzとは言え。

測定環境は
 WriteAllocateMonitorIIVer 2.057  K6III+対応 をK6-III/450vsK6-III+/450共に利用
K6-III/450vsK6-III+/450共に動作クロック533MHzで検証
K6-III/450はN4下駄2.375V、K6-III+/450はN3下駄2.20V設定

動作クロック533MHzで検証ですが、K6-III+/450購入者がマニアックの方々が多いかと思い
これを利用する方は、OC(オーバークロック)が多いと考え、多数のロットで動作するだろう
533MHzで新旧比較としました。・・独断と偏見
N3&N4下駄利用の場合、ベースクロックを倍数化して擬似的に100MHz&133MHzにして動作させます
このシステムの場合、多少の時間的ロスがあると聞いたことがあります。
この為、他のマシンで同様の結果になるとは限りません。
また、L3キャッシュの有無でも変わると思います。
あくまでも筆者のマシン環境下での報告ですので、充分注意してください。



★ ★ HDBENCH Ver 3.22 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name PC9821V233M7

K6-III
Processor AMD K6-III 532.57MHz[AuthenticAMD family 5 model 9 step 1]
Cache L1_Data:[32K] L1_Instruction:[32K] L2:[256K]
Name String AMD-K6(tm) 3D+ Processor
VideoCard GA-VDB16シリーズ
Resolution 1024x768 (16Bit color)
Memory 129,400 KByte
OS Windows 98 4.10 (Build: 2222) A

AB = IBM DTLA-307015 Rev TX2O

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
24196 25424 16231 8291 5473 10239 84

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
38161 37581 19096 411 34593 38351 22009 A:\20MB

次はK6III+
Processor AMD K6 532.57MHz[AuthenticAMD family 5 model D step 0]
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
24483 25420 16232 10284 5422 10745 84

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
37600 36781 19068 411 34362 39008 23111 A:\20MB

MemoryR MemoryW MemoryRW に変化が見られますね。HDBENCH Ver 3.22ではK6III+の方が早いです。


CPU Information
名前通りCPU情報表示ソフトです。
Windows上からの浮動小数演算能力の計測ができ、キャッシュ性能判断も可能
リアルモードDOSから起動し計測します。
始めに参考にオリジナルの
Processor Pentium(MMX) 233.00MHz[GenuineIntel family 5 model 4 step 3]
Name PC9821V233M7

DataSize Flop Rate
-----------------------------
1 KB: 227.27 MFlops/Sec
2 KB: 226.75 MFlops/Sec
4 KB: 227.27 MFlops/Sec
8 KB: 228.82 MFlops/Sec
16 KB: 177.59 MFlops/Sec
32 KB: 34.62 MFlops/Sec
64 KB: 34.64 MFlops/Sec
128 KB: 34.51 MFlops/Sec
256 KB: 32.93 MFlops/Sec
512 KB: 17.57 MFlops/Sec
1024 KB: 17.49 MFlops/Sec
2048 KB: 17.46 MFlops/Sec
4096 KB: 17.45 MFlops/Sec
8192 KB: 17.35 MFlops/Sec
Average : 93.69 MFlops/Sec


K6III450(533)N4下駄利用 
DataSize Flop Rate  K6III
-----------------------------
1 KB: 184.16 MFlops/Sec
2 KB: 183.48 MFlops/Sec
4 KB: 185.87 MFlops/Sec
8 KB: 185.52 MFlops/Sec
16 KB: 183.46 MFlops/Sec
32 KB: 184.47 MFlops/Sec
64 KB: 161.72 MFlops/Sec
128 KB: 161.46 MFlops/
256 KB: 120.85 MFlops/Sec L2キャッシュ境界
512 KB: 25.83 MFlops/Sec メインメモリアクセス
1024 KB: 25.78 MFlops/Sec
2048 KB: 25.73 MFlops/Sec
4096 KB: 25.68 MFlops/Sec
8192 KB: 25.53 MFlops/Sec
Average : 119.97 MFlops/Sec


DataSize Flop Rate K6III+450(533)N3下駄利用
-----------------------------
1 KB: 183.82 MFlops/Sec
2 KB: 183.15 MFlops/Sec
4 KB: 183.82 MFlops/Sec
8 KB: 185.52 MFlops/Sec
16 KB: 184.47 MFlops/Sec
32 KB: 182.45 MFlops/Sec
64 KB: 161.46 MFlops/Sec
128 KB: 159.40 MFlops/Sec
256 KB: 34.25 MFlops/Sec L2キャッシュ境界
512 KB: 24.56 MFlops/Sec メインメモリアクセス
1024 KB: 22.55 MFlops/Sec
2048 KB: 21.67 MFlops/Sec
4096 KB: 21.56 MFlops/Sec
8192 KB: 21.39 MFlops/Sec
Average : 112.15 MFlops/Sec

断然K6IIIの方がL2キャッシュへの転送が早い。何回計測しても同じ結果でした。


スーパーπ Ver 1.1
13万桁ではK6IIIが30秒 K6III+が29秒・・・ 共に5回計測同じ値 
104桁ではK6IIIが6分09秒から6分13秒
104桁ではK6III+が6分18秒から6分28秒

3DMark99MAX K6IIIとK6III+
3DMarks     3130  3049 
CPU3DMarks   6690   6366
Game1   41.6FPS  40.8FPS  
Game2   25.2FPS  24.3FPS 

CPU3DMarksは3回計測、K6IIIに明らかに軍配あり

FINAL REALITY1.01
サウンド無し K6IIIとK6III+
Overall 3D 4.637 Rmark         Overall 3D 3.775, Rmark  
Overall 2D 3.860 Rmark         Overall 2D 4.073, Rmark
Overall bus rate 3.292 Rmark      Overall bus rate 3.441, Rmark 
OVERALL SCORE 4.202 Rmark    OVERALL SCORE 3.814, Rmark

FINAL REALITY1.01K6IIIに明らかに軍配あり、K6III+は600MHz動作でも
OVERALL SCORE 4.0台に達しません。
しかし体感差は判別不能です。



キャッシュメモリベンチマーク ver4.11
CPUに内蔵されるL1キャッシュ、L2キャッシュ、メインメモリの性能
DOSのリアルモード下で動作
[Processor]
Frequency : K6III+&(K6III)532.443(532.443)MHz

[Code Cache] 1命令アクセスにかかった時間 1秒間アクセス可能なバイト数 コアクロック数に換算の値
L1 Hit RD: 1.059(1.059)ns/48bit, 5663.440(5663.409)MB/sec, 0.564(0.564)clk
L2 Hit RD: 3.873(3.345)ns/48bit, 1549.043(1793.687)MB/sec, 2.662(1.781)clk
L2 Miss RD: 42.565(34.165)ns/48bit, 140.962( 175.617)MB/sec, 22.663(18.191)clk
[Data Cache]
L1 Hit RD: 1.878(1.878)ns/32bit, 2129.748(2129.748)MB/sec, 1.000clk
L1 Hit WR: 1.878(1.878)ns/32bit, 2129.740(2129.740)MB/sec, 1.000clk
L2 Hit RD: 2.818(2.818)ns/32bit, 1419.446(1419.446)MB/sec, 1.500clk
L2 Hit WR: 9.391(9.391)ns/32bit, 425.951( 425.951)MB/sec, 5.000clk
L2 Miss RD: 22.782ns(22.782ns)/32bit, 175.576(175.561)MB/sec, 12.130(12.131)clk
L2 Miss WR: 75.125(60.101)ns/32bit, 53.245(66.555)MB/sec, 40.000(32.000)clk

これで見ますとK6IIIの方がアクセス時間とアクセス可能なバイト数がL2 Hit&L2 Miss早く高速ですね。


メモリアクセスベンチマーク ver1.10
メモリアクセススピードの測定結果です。
4KB〜8MBまでのアクセスサイズで各種測定を行い、L1、L2、メインメモリの性能を調べます
DOSのリアルモード下で動作

*小数点は切り捨てました。
[Processor]
Frequency : K6III+&(K6III)532.443(532.443)MHz
Access| Unbuffered Access[MB/sec] | Buffered Access[MB/sec]
Size | Read Write RD/M/WR| Read Write RD/M/WR
------+-----------------------------+-----------------------------
   4K | 172(172) 53(66) 172(170) | 2133(2133) 2129(2129) 851(851)
   8K | 174(174) 53(66) 174(173) | 2131(2131) 2129(2129) 850(850)
  16K | 174(174) 53(66) 175(174) | 2130(2130) 2129(2129) 850(850)
  32K | 175(175) 53(66) 175(175) | 2170(2170) 2081(2129) 849(849)
  64K | 175(175) 53(66) 175(175) | 1418(1418)  707(707) 709(724)
 128K | 175(175) 53(66) 175(175) | 1418(1418) 531(531) 709(724)
 256K | 175(175) 53(66) 175(175) | 1418(1418)  472(472) 709(724)
 512K | 175(175) 53(66) 118(118) | 175(175)    95(116) 108(118)
1024K | 175(175) 53(66) 101(101) | 175(175)    68(84)   91(101)
2048K | 175(175) 53(66)  94(94)  | 175(175)    59(74)   94(94)
4096K | 175(175) 53(66)  91(91)  | 175(175)    56(70)   91(91)
8192K | 175(175) 53(66)  90(90)  | 175(175)    54(68)   90(90)

Unbuffered Access の16MBの領域を読みだしキャッシュのWriteは13MB/secもK6IIIが高速ですね。
やはり下段にも報告しましたがK6III+&(K6III)キャッシュに差があることが判明しましたね。
全体的なパフォーマンスにも影響が・・・


従来のL2はL3キャッシュとして生きています。

上記はあくまでも筆者の9821V233M7マシンでの結果です・・・。
他の98機種、AT互換機で同様のように差が出るかは不明です。
私の環境下では差が出ましたのでその結果報告を公開です。
ご参考の一つとして見てください。

次はV20M7とV233M7でのGeForce2 MX400動作結果です。