AthlonXP K7T266Pro2を導入 改良型Athlonの実力更に改良型K7T266Pro2の実力は
新時代へ対応すべく新システムに変更
AthlonXP導入報告
IBM Deskstar 120GXP 導入報告 驚異の性能に脱帽



今年後半10月初旬に新型AthlonXPが登場しました。
キャッシュ制御の見直し、発熱の低減 パッケージの変更 一番大きな変化はモデルナンバー表示へ
つまり実動作周波数に対しての性能指数が必ず一致するとは限らないので見かけ上(相対的)な動作クロック表示となりました。

1500+ 1600+ 1700+ 1800+ 1900+ 01/12/02現在
ちなみに1500+は実働作1.33GHz 1600+は1.4GHz 1700+は1.47GHz 1800+は1.53GHz 1900+は1.6GHz

パフォーマンスはどうでしょうか
購入したAthlonXPはモデルナンバー1700+
従来のAthlonTBと比較し外観の大きな変化は従来のセラミックパッケージよりも軽くなりプラスチックな物に変更されている。
FSBは従来Athlonでは200又は266の両モデルが存在したがAthlonXPからはFSB266専用となっている
さらに手持ちのマザーBIOSが対応している事が重要。

コア以外のチップ コンデンサー等は裏面に移行

従来AthlonTB
 

新AthlonXP

従来に比べ表面がシンプルになっています。
倍率変更のL1クローズは深い溝が切られほぼ接続不可能です。

AthlonとAthlonXPの差ですが通常ベンチでは差はあまりありません。他のベンチでも3%〜5%の上昇が限度ですね。
スーパーπに関しては早くなりました。
Athlon1.4GHzを倍率変更させAthlonXP1700+と同クロック(1.47GHz)ではK7T266Pro-R環境で95秒から83秒に短縮
発熱は同じヒートシンクを用いても最高10℃前後の低下が見られました。
具体的には42℃前後から32℃前後になりました。


新システム移行へ
AthlonXPを発揮させる為にマザーも新調 K7T266 Pro2購入 

チップセットはApoll KT266A でApoll KT266の改良型VIAのチップです。
従来のApoll KT266はメモリ回りのパフォーマンスが上がらず人気低下
リベンジとばかりにバージョンアップし再び復活となりました。
KT266Aとチップ明記も変更  さて、そのパフォーマンスは・・・

左側がK7T266 Pro-RとAthlon    右側が K7T266 Pro2とAthlonXP

今回、使用マザーはMSI K7T266LE2国内専用限定版で マザー自体はK7T266Pro2でVER2.0です。
K7T266Pro2URとの違いはRAIDが省略されあとUSB2がありません。
普通のマザーですね。
評価基準は初代K7T266Pro-R

TwinMOS PC2100-256MB CL2 NANYAチップ2枚使用 
設定はK7T266Pro-R K7T266Pro2 共にハングしない範囲の最速設定
BIOSは共に最新版に変更してあります。
システムFSBはノーマル133MHz OS Windows98SE

SiSoft Sandra2001 MemoryBenchmark CPU AthlonXP1700+ 3回平均値
K7T266Pro-R(KT266) 
IntALU/RAM(MB/s)   630MB/s
FloatFPU/RAM(MB/s)  685MB/s

K7T266Pro2(KT266A)
IntALU/RAM(MB/s)   848MB/s
FloatFPU/RAM(MB/s)  910MB/s

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
CPU AthlonXP1700+ 3回平均値

(KT266)MemoryR MemoryW MemoryRW 19422 28300 31852
(KT266A)MemoryR MemoryW MemoryRW 25320 33452 36500

参考 K7T266Pro-R(KT266)最速BIOSのβ1.09バージョン 
MemoryR MemoryW MemoryRW  21136 29336 35324

スーパーπ104万桁は
K7T266Pro-R(KT266)XP1700+(1.47GHz) 1分24秒
K7T266Pro2(KT266A)XP1700+(1.47GHz) 1分14秒


DDRメモリベンチですが従来に比べかなりの上昇となっています。



OCに挑む
AthlonBENCHで有名なN BENCH1.2 実施
GAはCanopus SPECTRA 8800
AthlonXP1700+ @1.63GHz  Windows 98SE

画面キャプチャーはしませんでしたが現時点での記録
N-Bench Ver 1.2 Results File

------------------------------------------------------------------------------
[System]
------------------------------------------------------------------------------
Processor Type AMD Athlon(tm) Processor
Processor Speed 1.654 GHz
Free Memory 426656 KB
Total Memory 522760 KB
Display Adapter Canopus SPECTRA 8800
Free VRAM 63704 KB
DirectX Version DirectX 8

------------------------------------------------------------------------------
[Overall Score]
------------------------------------------------------------------------------
N-Bench Score 8568 Marks
FPS Average 267.79 FPS

HDBENCH取得限界は1.7GHz 電圧は1.85Vに変更

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name K7T266Pro2
Processor AMD Athlon 1705.02MHz[AuthenticAMD family 6 model 6 step 2]
Cache L1_Data:[64K] L1_Instruction:[64K] L2:[256K]
Name String AMD Athlon(tm) Processor
VideoCard RADEON 8500/RADEON 8500LE
Resolution 1024x768 (16Bit color)
Memory 260,900 KByte
OS Windows 98 4.10 (Build: 2222) A
Date 2001/11/17 11:19

SCSI = HyperSelection RT-6710S PCI Ultra SCSI-3 Adapter
HDC = VIA Bus Master PCI IDE Controller
HDC = Primary IDE controller (dual fifo)
HDC = Secondary IDE controller (dual fifo)


ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
43134 69100 83470 27030 33426 36856 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
61108 82383 10832 1532 27518 30908 72060 C:\100MB


新たにAthlon系購入するならなかなかのお勧めです。
ただご使用のメモリ設定等の条件で数値はかなり変化します。
上記結果はパフォーマンスを引き出した数値と見てください。



HDD新型へ 
米Maxtor社DiamondMaxPlusD740X
40GBプラッター仕様の7200回転/分のUitraATA133に初対応した最新HDD
Windows98SE上でのベンチ結果は


リード、ライト共に40MB/Sをマーク 発熱も暖かい程度で扱いやすい。

もう一つは今までのWindows98メインHDDWDC AC29100D (9.1GB) DMA/66


リード、ライト共に31MB/Sをマーク しかし最新型から見ると世代感はぬぐえない。


2001年FINAL

40GBプラッター真打ち登場
2001年も残すところ三日前、最後の最後にIBMから7,200rpmの最新モデルが登場
Deskstar 120GXPシリーズはIBMの最新IDE HDDで11月に発表されたモデルです。
内部データ転送速度は7,200rpmHDD最速の592Mbit/s(74MB/s)高速性能を誇る。
テスト環境は公平を期すためWindows98SEにて計測

YBENCH Time Trial Result <>
Date : 01/12/29 23:56:24

Bench No : 19701
USE OS : Windows98 4.10 (Build 2222: A )
CPU : AuthenticAMD Athlon 1606.27MHz

Stepping : 6.6.2 (Original OEM Processor)
HDD Info : C:\ => Free 77340MB / Total 78509MB
Write Average : 3.27sec => 45.91MB/sec
Read Average : 3.33sec => 45MB/sec

150MB x 3Loop : 40MB / 50MB / 60MB
HDD Write : 2.7sec / 3.2sec / 3.9sec => 9.8sec
HDD Read : 2.7sec / 3.3sec / 4.0sec => 10sec
Sum Total : 19.8sec
//______ YBENCH Version 3.04a ______//




リード、ライト共に45MB/Sをマーク Copy値は参考程度に。使用OS等でガラリと変わります。
これに関しては後日、WindowsXPにてMaxPlusD740Xと120GXPシリーズで比較公開します。



単体測定で27000台は立派の一言。他のライバルは22000から24000台です。

次はドライブ最外周から最内周までの計測画面です。厳密には78GB付近でキャプチャー
最内周付近で一瞬落ち込みましたが再び曲線上へ復帰しました。




各テストデーターから見ますと現時点では最新最速HDDとして文句ない性能です。
発熱も低く、動作音もカリカリ、ガリガリとはあまり目立ちません。
新年度は間違いなく人気となるでしょう。
あとは、初期不良等の故障率でしょうか
前のモデルDeskstar 60GXPシリーズは初期登場時、イメージダウンがありました。




SiSoft Sandra の結果はかなりの数値です。


この時点で、現最強は間違いないのではないでしょうか。
システムがOC状態ですから本来の計測より高めかもしれません。
ただ他のHDDもOC状態での計測ですから、この中での比較は参考になります。
システムクロックFSBが133から146にUP状態です。
参考として見てください。HDDのリード、ライトはさほど影響はされません。

次は年度末に相応しく新世代GA RADEON 8500 AthlonXPのOC耐性など、
さらにRADEON 8500BIOSチューニング、電圧改造