RADEON 8500

RADEON8500導入その実力の片鱗は本物だ!!
ベンチマーク編

RADEON 8500 バルク当り品(LE購入中身は本命)


このページは幾度か書きましたがRADEON 8500LE バルク購入しましたが
中身がRADEON 8500そのものの当りバルクでの報告です。

後日購入しましたATI純正リテール日本語BOXは後日追加します。


遂に実力の片鱗が見えた
登場間もないのでドライバー関連では米NVIDIAの方が優位は否定できません。
しかしRADEON 8500の実力はかなりのものです。
システム構築は次の通り
M/B Name  K7T266Pro2
Processor AthlonXP1700+  1471.68MHz
Memory TwinMOS PC2100-256MB CL2 NANYAチップ 512MB
HDD Mxtor D740X−MX6L040J2
OS 5.1 (Build: 2600) WindowsXP
Display Driver Version 3286

最初にシステムのメモリスピードから
--- Memory Speed Test ----
DataSize Rate
--------------------------
4KB : 2833.99 MB/Sec
8KB : 3382.50 MB/Sec
16KB : 3813.00 MB/Sec
32KB : 4032.98 MB/Sec
64KB : 2912.71 MB/Sec
128KB : 1872.46 MB/Sec
256KB : 1747.63 MB/Sec
512KB : 502.91 MB/Sec
1024KB : 397.19 MB/Sec
2048KB : 312.54 MB/Sec
4096KB : 260.19 MB/Sec
8192KB : 269.90 MB/Sec
--------------------------
Average : 1861.50 MB/Sec
--------------------------
Athlon1466.18MHz(XP1700+)
L1 Data Cache Size 64KB
L1 Inst Cache Size 64KB
L2 Cache Size 256KB
--------------------------

標準FSB133動作 1470MHz
お馴染みの3DMARK2001
現時点でのRADEON 8500の実力を見るにはこれがベスト

RESULTS
3DMark Score 8216
Game 1 - Car Chase - Low Detail 130.5 fps
Game 1 - Car Chase - High Detail 45.6 fps
Game 2 - Dragothic - Low Detail 138.2 fps
Game 2 - Dragothic - High Detail 80.9 fps
Game 3 - Lobby - Low Detail 126.3 fps
Game 3 - Lobby - High Detail 55.1 fps
Game 4 - Nature 31.7 fps
Fill Rate (Single-Texturing) 868.0 MTexels/s
Fill Rate (Multi-Texturing) 1806.8 MTexels/s
High Polygon Count (1 Light) 33.6 MTriangles/s
High Polygon Count (8 Lights) 9.7 MTriangles/s
Environment Bump Mapping 102.2 fps
DOT3 Bump Mapping 103.7 fps
Vertex Shader 92.2 fps
Pixel Shader 101.1 fps
Point Sprites 28.1 MSprites/s


現時点では8000台は素晴らしい数値です。見ていても特に不具合は見受けられませんでした。


3DMARK2000での標準FSB133動作 1470MHz


こちらに関しては前メインのSPECTRA 8800 と同程度です。
ちょっとキプチャ画面と違いますが
SPECTRA 8800とRADEON 8500の比較表
SPECTRA 8800RADEON 8500
3DMark Result: 10996 3D marks
CPU Speed: 709 CPU 3D marks
Game 1 - Helicopter - Low Detail: 222.8 FPS
Game 1 - Helicopter - Medium Detail: 161.0 FPS
Game 1 - Helicopter - High Detail: 78.7 FPS
Game 2 - Adventure - Low Detail: 241.4 FPS
Game 2 - Adventure - Medium Detail: 133.2 FPS
Game 2 - Adventure - High Detail: 79.3 FPS
Fill Rate (Single-Texturing): 854.0 MTexels/s
Fill Rate (Multi-Texturing): 1734.5 MTexels/s
High Polygon Count (1 Light): 25508 KTriangles/s
High Polygon Count (4 Lights): 14146 KTriangles/s
High Polygon Count (8 Lights): 7685 KTriangles/s
8MB Texture Rendering Speed: 648.2 FPS
16MB Texture Rendering Speed: 558.2 FPS
32MB Texture Rendering Speed: 324.0 FPS
64MB Texture Rendering Speed: 167.3 FPS
Bump Mapping (Emboss, 3-pass): 311.1 FPS
Bump Mapping (Emboss, 2-pass): 413.3 FPS
Bump Mapping (Emboss, 1-pass): 685.4 FPS
Bump Mapping (Environment): Not supported FPS
3DMark Result: 10458 3D marks
CPU Speed: 653 CPU 3D marks
Game 1 - Helicopter - Low Detail: 197.4 FPS
Game 1 - Helicopter - Medium Detail: 149.2 FPS
Game 1 - Helicopter - High Detail: 94.4 FPS
Game 2 - Adventure - Low Detail: 244.4 FPS
Game 2 - Adventure - Medium Detail: 115.8 FPS
Game 2 - Adventure - High Detail: 70.3 FPS
Fill Rate (Single-Texturing): 946.3 MTexels/s
Fill Rate (Multi-Texturing): 2006.2 MTexels/s
High Polygon Count (1 Light): 26140 KTriangles/s
High Polygon Count (4 Lights): 19271 KTriangles/s
High Polygon Count (8 Lights): 12903 KTriangles/s
8MB Texture Rendering Speed: 714.0 FPS
16MB Texture Rendering Speed: 446.4 FPS
32MB Texture Rendering Speed: 239.7 FPS
64MB Texture Rendering Speed: 123.5 FPS
Bump Mapping (Emboss, 3-pass): 367.8 FPS
Bump Mapping (Emboss, 2-pass): 444.4 FPS
Bump Mapping (Emboss, 1-pass): 741.0 FPS
Bump Mapping (Environment): 340.8 FPS


Game 1及び2 High  8 Lights等の処理により一層の負荷がかかるのは流石に最新のRADEON 8500に軍配が上がりました。



現行システムの安定範囲での限界へ
AthlonXP1700+ 倍率変更不可ですのでFSBアップによるOC
FSB145に設定 仮想AthlonXP1900+とBIOS及びOSは認識
実際のAthlonXP1900+よりFSB底上げですので絶対的性能は仮想AthlonXP1900+がやや優位となります。

WindowsXPでのプロパティ画面からしっかりとAthlonXP1900+認識

スーパーπの計測結果
3355万桁まで不安定なく終了 システムは安定と思われます。AthlonXP1700+@AthlonXP1900+

思い切ってRADEON 8500もOC設定
ハング無しで各ベンチ終了 やはり8500LEではなく8500そのものの耐性と見られます。
まあ、メモリヒートシンク効果もありますね。
現行 所持RADEON 8500での各テスクチャ異常なし、正常描写の上限は下記の設定まで。


現行環境での正常描写の上限値





現在の標準動作時とOC動作時のOpenGLの世界標準と言われているSPECviewperf 6.1.2 最新バージョンのベンチです。

標準動作クロック 1470MHz 275/275 OC無しのノーマル状態での計測結果


1600MHz 290/280 正常描写上限 限度値 1027×768 32bit


この数値はプロフェッショナルワークステーション用のGAに勝るとも劣らない性能です。
確かに価格35万から50万以上のGAには敵わない項目もありますがほぼ匹敵します。
20万から30万クラスでは同等かそれ以上

まあ、品質の問題と絶対的安定性では太刀打ち出来ませんが凄いですね。

時間の都合で取り敢えずはここまで
又時間が取れましたら随時変更します。

次はRADEON 8500LEのメモリ電圧改造とBIOS変更による8500化です。