ちょっと寄り道

PC98用のHDDをPC/AT互換機にて使用する方法
時代の流れに対して98シリーズも徐々に歴史の表舞台から遠ざかっています。
いまPCは自作ブームにあります。
その中で98用HDDをPC/AT互換機で使用するには・・のご紹介です。
PC98用とPC/AT互換用はMS−DOSが違いますので、異なるフォーマッタでフォーマットされたHDDは
起動用ドライブとして読み込めませんのでそのままでは使用出来ません。

なぜかといいますと起動用ドライブの情報、マスターブートレコードの情報が違うためです。
マスターブートレコードは論理フォーマットではなく物理フォーマットの段階で書き込みされます。
その為、通常のfomat.exeなどでは情報変更出来ません。
そこで使用するのが隠しオプションの出番です。
通常MS−DOSから領域確保をするときFDISKコマンドを実行しますが
FDISKの後に「/mbr」を追加して打ち込みます。 fdisk/mdr
これでPC/AT互換用マスターブートレコード書き込みされ、あとはブート出来るようにシステム転送し
フォーマットしてOK



PC98用フロッピーディスク
フォーマットの種類はPC/AT互換1.44Mバイト.PC98用1.25Mバイトと両者が歩み寄りお互いに
データ読みとり出来ますがフロッピーディスク(FDD)自体の共通使用は出来ません。
ですから故障したからといってお互いに98用所持者が、PC/AT互換用を、PC/AT互換所持者98用
を購入してはいけません。
その訳はコネクタ仕様にあります。

PC/AT互換用は34ピン信号用と4ピン電源、それに対し98用は初期3モードFDDでコネクタ26ピンで
電源用ピンは未使用ピンを電源用に使用。ドライブ型番FD1148T

これとは別にMATEAシリーズに採用されているドライブ型番FD1138T
ピン数は34ピンですがコネクタ仕様はFD1148T同様の構成です。

後期98では互換ドライブを使用
MATEX VALUUESTAR CanBe MATER CEREBシリーズなど
PC/AT互換用のFDDと同じ信号用34ピン電源用4ピン純正型番FD1231T
一台目のFDDとメーカーと型番が同じでしたらPC/AT互換用の流用出来ます。
その他のPC/AT互換用では注意が必要
信号用コネクタ2番ピンと34番ピンの違いで接続出来るが使用出来ないFDDが多いので注意
反対に98用はPC/AT互換には使用出来ません。
98用はジャンパスイッチで1台目2台目を分けます。PC/AT互換用はケーブル上のどのコネクタ接続で区別
値段はそれほど高価ではないので各仕様を購入するのが一番・・トラブル防止



98のHDD容量認識

MS−DOS 最大パーティション2.1GB(2048MB)最大HDD容量8.4GB
Win95OSR1は最大パーティション2.1GB(2048MB)最大HDD 実質無制限
Win95OSR2以降 最大パーティション2.1GB(2048MB)最大HDD 実質無制限
Win98 最大パーティション2.1GB(2048MB)最大HDD 実質無制限
Win95OSR2以降 Win98FAT32使用では2テラバイト
 実質無制限と書きましたが、実際には各機器のBIOSに依存されます。
最新機種を除く標準98IDEはBIOS依存により最大4.3GBまで。それ以上は認識しません。
6.4GBHDDを接続しても4.3GB以上を認識しないで利用できるのではなくHDDの存在を認識しません。
あと実際に区切るとき最大パーティションは2047MBになります。

UIDE−98接続ではDOS/V用は実質制限なし。98用はBIOS制限で8.4GBまででMS−DOSの画面でも8.4GBまでです。
この場合8.4GB以上のHDDを使用しても標準98IDEとは違いHDDを認識します。
SCSIボードも98では8.4GB認識が多いです。FAT16とFAT32ですが、二台のHDDに同一環境で
FAT16とFAT32でありますが、どちらでもデーター移動は支障ありません。
要するにFAT32はデーター引き出しを多くしただけです。・・簡単に言えば
データーを無駄なく管理しますクラスタギャップが縮小されたので同一容量でFAT16で1.2GBがFAT32では930MBになっています。
ただしWin95OSR1からの起動でマイコンピュータを開いてもFAT32タイプのHDDは認識しません。
これまた別のHDDから実証済み・・別の見方をすれば専用HDD

最新マシンがなぜ8.4GBを越えたか・・新しいBIOS「拡張INT13H」が採用されました。別名LBA方式といいます。
アクセスするブロックを0番から順に数字を割り当て、その数字を指定してアドレスを選びます。
この結果2の28乗×512バイト(1セクタ)=137.438.953.472バイト=128GBまでアドレス可能。
98ではNXの最新機種それも16GBモデルが対象です。6GB.8GBモデルでは対象されていない機種もあります。一部例外有り。

最後に自分のHDD構成ですが、Win95OSR1が2台・・オリジナルと現構成システムで予備用で保管、3.2GBと3.5GB 
Win98でFAT16構成8.4GBとWin98でFAT32構成10.1GB(8.4GB)にマルチCD−Rとなっています。
特にWin98ではIBMの5400回転、とIBM7200回転で起動HDDはFAT32の1パーティション構成です。
・・HDDが突然亡くなってもどの環境でも復帰できるようにしてあります。