このコーナーはPC9800シリーズを中心とした情報話題です。
各みなさんの情報、各書籍等を資料とし構成しています。
この場をお借りしてお礼申し上げます。



PC98各機種セカンドキッシュ容量と対応メモリ表
ちょっと寄り道



PC98用チップセット

ここでは多数あるPC9800シリーズの主な代表機種の紹介だよー。
めぼしい機種はあるかなー・・・

WildCat (VLSI Technology社)
95/5に登場した98MATE−Xから採用されたチップセット
intel社のTritonに対抗すべく登場したチップセットでNECが世界に先駆けて採用
メインメモリを制御するVL82C594、メインメモリとのデータ高速転送をするVL82C595(2)
PCIとISAバスをブリッジしパワーマネジメントを制御するVL82C596の4チップ構成・・ただしVL82C596は
PC−98ではNECがISAバスをCバス用に独自のチップに変更されています。

性能仕様はTritonを上回る。
メインメモリ最大1GBまで対応、セカンドキャッシュでは無制限となっている。
ただし実際はBIOSの関係でPC−98では主にメインメモリ最大128MB、セカンドキャッシュ512KB
メインメモリ、サポートはDRAM、EDO DRAM、セカンドキャッシュメモリも非同期SRAM、バーストSRAM、
発売時期によりサポートするメモリも異なる。

主に採用メイン機種は
98MATE−Xaシリーズ PC−9821Xa10/K8 K12,Xa12/K8 K12、Xa13/K12 K16
98MATE−Xcシリーズ Xc13/M7
VALUESTARシリーズ PC−9821V13/M7 V16/M7 V20/M7
98MULTiCanBeシリーズ PC−9821Cx3/S7M

メインメモリ64MB以上でもセカンドキャッシュ機能は有効です。
ソケット5のシングルボルテージ、でメモリ、EDO DRAM対応からBIOSがMMX対応になっている。



注意!他のチップセットで64MB以上でセカンドキャッシュ機能無効とありますが、全部無効では無く、
64MB以上のメモリ領域に対してセカンドキャッシュ機能無効となり64MBまでは有効ですので
誤解なさらないよう願います。・・・Triton等



430FX Triton (intel社)
1995年1月に登場従来の430NXの後継チップ
プロセッサとPCIをブリッジしメインメモリを制御する82437FX 
メインメモリとデータ転送を高速に行う82438FXが2個
PCIとISA等をブリッジする82371FBがあるがNEC独自のチップに変更されています。
メインメモリにEDO DRAM セカンドキャッシュにバーストSRAM パイプラインバーストSRAMをサポート
PCIバスマスタIDEを導入しPCIバスデータ転送100Mバイト秒と高速であっという間にPentium用標準チップとなる
PC98では初期VALUESTARで採用されましたが、まだEDO DRAMが市場供給不十分のためEDO対応と非対応がある。

主に採用メイン機種は
98MATE−Xbシリーズ Xb10/F
VALUESTARシリーズ V13/S5R

430HX TritonII (intel社)
430FXの後継で1996年2月登場
プロセッサとPCIをブリッジしメインメモリを制御する82439HX
メインメモリ最大512MでFPM DRAMとEDO DRAMをサポート
ECC EDO DRAMをサポート ECCとは64ビットあたり1ビットの不正変化を検出
チップセット内のバッファ容量も上げてある。・・・初期TrintonIIはECC機能を利用できません。

主に採用メイン機種は
98MATE−Xaシリーズ Xa13/W12 Xa16/W16 Xa20/W30
98MATE−Xvシリーズ Xv13/W16 Xv20/W30
注意 W型番のBIOSはEDO DRAM対応  R型番のBIOSはEDO DRAM未対応

430VX TritonVX (intel社)
1996年2月に発表されました。
プロセッサとPCIをブリッジしメインメモリを制御する82437VX
プロセッサバスとPCIバス間のデータバスの82438VX2個
PCIとISA等をブリッジする82371SBがあるがNEC独自のチップに変更されています。
動作周波数66MHzのプロセッサバス上でEDODRAMを利用した場合Triton1クロック分8%早い
メインメモリにSDRAMをサポートしEDO DRAMを利用するより早い。この場合TritonIIより10%早い
主に採用メイン機種は
98MATE−Xシリーズ Xc16/S5 Xc16/S7
VALUESTARシリーズ V16/S5P V166/S5 V200/S7 V233/M7

以上上記機種は代表例で詳細は各機種に依存します。又同機種でもチップセットがWildCatとTriton混同あり

その他にPentiumPro用チップ
450GXと450KXが初代チップセットで450GXがサーバ向け、450KXが高性能デスクトップ用
450KXはPC−9821St20/L16で採用 メインメモリEDO DRAMをサポートしていません。
440FXは2代目チップセットでデュアルプロセッサ構成とECCEDO DRAMに対応
メモリ制御に82441FX メインメモリとの転送高速に82442FX メインメモリ最大1GBだがBIOSに依存
主に採用メイン機種は98MATE−R 98MATE−SERVER



つぎのコーナーはちょっと寄り道
 PC98用のHDDをPC/AT互換機にて使用する方法
 98のHDD容量認識等の紹介