前のページでHDDの精密さが解ったでしょう
ここでは転送方式の違いや各メリットについて紹介しちゃうぞ



転送方式のちがい

よくHDDで転送速度が取り上げられるね。これは主にインターフェイスの違いを指している。
大きく二つに分類するとIDESCSIタイプになる

IDE
CPU転送 データが一度CPUに読み込まれその後メモリに読み込まれ処理される別名PIO転送
DMA転送 バスマスタ転送ともいう。CPU転送と明らかに有利なことはデータ転送中のCPU負担が低減される
CPU負担はバスマスタ転送(DMA)で30%前後に対しCPU転送では何と90%近くにものぼる。
そして最近の主流はUltraATA(DMA)と言われる方式で最大転送33.3M/秒にも達する。

最新テクノロジー
99年から今主流のUltraATA33からUltraATA66に世代交代
00年の世紀末はUltraATA100に世代交代へ

QuantumとIntelが開発した最大転送レート66MB/sのIDE/ATAの新規格を発表
接続には従来の40ラインにプラス40ライン追加した80ピンコンダクトケーブルを使用。
高速なデータ転送はもちろんだが、転送データの信頼性(ノイズ影響)も考慮している。
接続コネクタは従来の40ピンプラグ対応で、ケーブルが80ラインとなっている。
今までと完全な互換性があり、仮にUltraATA66のHDDを購入しインターフェイスがUltraATA33でも
33の転送モードで使用できる。ただし66としての効果は発揮できません。
各社徐々にUltraATA66規格のHDDを発表しています。
最新ではUltraATA100規格のHDDを発表し話題となっています。
しかしHDD自体の転送速度は未だに40Mバイト/秒のためUltraATA66規格でも充分です。


E−IDE仕様の転送方式と最大転送レート
       PIO          マルチワードDMAUltraATA(DMA)
モード03.33Mバイト/秒 4.17Mバイト/秒 16.6Mバイト/秒
モード15.22Mバイト/秒 13.3Mバイト/秒 25Mバイト/秒
モード28.33Mバイト/秒 16.6Mバイト/秒 33.3Mバイト/秒
モード311.1Mバイト/秒  66.6Mバイト/秒
モード416.6Mバイト/秒 
100Mバイト/秒

E−IDEのメリットはコストが安上がりで通常はこの方式で増設も行うよ!。
最近のパソコンはすべてに対応していますが、しかしPC9800シリーズはPIOモード2までしか対応していません。
98独自のインターフェイス仕様の為です。
新しいほう(1997年以降だと思う)のPC-98だと何とかPIOモード3まで対応しています。HDBENCHでも3500〜4000近い数字
が出ます。


このため最新の高速HDDはもちろん通常のHDDでも転送能力に対応していませんので折角の能力を出し切れません。
しかし救世主はいるものでIO DATAからUIDE−98UltraATAのインターフェイス仕様があります。
効果絶大で詳しくはPowerUP WORLD
主な接続機種はHDD、CD−ROM、PDドライブ、MOドライブ、など
ただし最大4台までしか接続できません。
最新のHDDでは転送速度が驚異的に上がり従来のUltraATA33では役不足
新たに98&DOS/V用にUIDE−66が登場、実際に98マシンに取り付けましたら見事に実力発揮


SCSI

CPUへの負担が少なく、又増設に有利なインターフェイス方式です。
CPU負担は10%以下でCD−ROMのビデオ再生でもコマ落ちがありません。
当然HDDへの転送効率は優秀です。E−IDEでは2台まで、SCSIでは7台(15)まで繋げられます。
SCSI規格にはSCSI−1/SCSI−2/SCSI−3/があるんだよ。

最新テクノロジー
SCSI規格も今年新しい転送方式が出る
現行のUltraSCSIやUltraWideSCSI規格に対し下位互換性を持つ
Ultra160/mSCSI規格の登場である。実際の製品実用化は99年中期頃からで、最初サーバー用に採用される予定。
00年の今では一般PCにも別ボード購入すればUltra160SCSIが接続出来ます。

SCSI仕様の転送方式と最大転送レート
           
SCSI−1 
SCSI−2 
FastSCSI
SCSI−2 
WideSCSI
SCSI−3 
UltraSCSI
SCSI−3 
UltraWideSCSI
SCSI−3 
Ultra2SCSI
Ultra160SCSI
データバス幅8ビット8ビット16ビット8ビット16ビット
転送速度5Mバイト/秒10Mバイト/秒20Mバイト/秒20Mバイト/秒40Mバイト/秒 80Mバイト/秒
160Mバイト/秒
同期周波数5MHz10MHz10MHz20MHz20MHz
最大接続機数7台7台15台7台8台15台/15台
SCSIバス最大長6m3m3m1.5m1.5m12m/12m

主な接続機種はHDD、CD−ROM、PDドライブ、MOドライブ、CD−R、CD−RW、スキャナ、ZIP、DVD−ROM



あとはHDD自体のキャッシュ容量、これはね!物理的なアクセスより遙かに高速である
主流のHDDで128KB〜256KBで最新HDDでは512KB〜2MBとなっているよ。
SCSIの最新高速タイプではなんと4MBもあります。
アクセス速度に影響があるんだよー。
今年度からの新規格HDDではなんとキャッシュ容量2MBという容量も出現している。
この次はチッとむずかしいのだ!
FDISK(領域確保)とフォーマット(初期化)